■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【出たぁ】東京五輪組織委が、文春と内部告発者を最大級の”恫喝”!文春には雑誌の回収や記事削除・資料の破棄を要求!告発者についても「徹底的な内部調査に着手する」と表明!

【出たぁ】東京五輪組織委が、文春と内部告発者を最大級の”恫喝”!文春には雑誌の回収や記事削除・資料の破棄を要求!告発者についても「徹底的な内部調査に着手する」と表明!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年4月1日、東京五輪組織委が、元電通の佐々木宏氏による「オリンピッグ」なる出演者に対する”侮辱企画”を提案したことや、この企画を批判した関係者が不当に排除された内情などを報じた週刊文春に対して「厳重抗議」したことを発表。「演出内容は機密性の高い秘密情報」「内部資料を掲載して販売することは著作権の侵害にあたる」などとして、販売分の雑誌の回収や記事削除・資料の破棄を要求したことが明らかになった。

・さらに、組織委は、警察に相談のうえ、守秘義務違反を含めて徹底的な「内部調査」に着手したことも明らかに。東京五輪の腐敗の内情を告発した関係者に対しても、最大級の圧力をかけつつ、全面的な”報復措置”を行なう意向を示している。

組織委、文春に厳重抗議 五輪開会式報道、掲載誌回収など求める

東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、週刊文春や「文春オンライン」が五輪開閉会式の演出内容を明らかにした記事を巡り、発行元の文芸春秋に対して書面で厳重抗議したと発表した。「極めて遺憾。演出内容は機密性の高い秘密情報」とし、内部資料を掲載して販売することは著作権の侵害にあたるとして掲載誌回収やオンライン記事の全面削除、資料破棄などを求めた。

~省略~

組織委は「演出内容が事前に公表された場合、検討段階のものであったとしても価値は大きく毀損される。秘密情報を意図的に拡散し、業務を妨害するものだ」と指摘。警察に相談の上、守秘義務違反を含め、徹底的な内部調査に着手したことも明らかにした。

【産経新聞 2021.4.1.】

組織委の抗議に文春反論「不当な要求」発売中止、回収要求に「異常」 開会式案掲載巡り

週刊文春編集部は2日、東京五輪・パラリンピック組織委員会が、同誌が掲載した東京大会関連の記事について厳重抗議と、発売中止及び回収を要求してきたことについて、コメントを発表した。

コメントは次の通り。「記事は、演出家のMIKIKO氏が開会式責任者から排除されていく過程で、葬り去られてしまった開会式案などを報じてします。侮辱演出案や政治家の“口利き”など不適切な運営が行われ、巨額の税金が浪費された疑いがある開会式の内情を報じることには高い公共性、公益性があります。著作権法違反や業務妨害にあたるものでないことは明らかです。小誌に対して、極めて異例の『雑誌の発売中止、回収』を求める組織委員会の姿勢は、税金が投入されている公共性の高い組織のあり方として、異常なものと考えています。小誌はこうした不当な要求に応じることなく、今後も取材、報道を続けていきます」

~省略~

【Yahoo!ニュース(デイリー) 2021.4.2.】

まさに”ヤクザ”!東京五輪組織委が「シロアリンピック」の腐敗の実態を報じた週刊文春を「最大級の恫喝」!内部告発者に対しても「徹底的な報復措置」を表明!

出典:東京五輪組織委

こいつらは一体どこまで腐りきってるのよっ!?
”ゲス”はどこまでいっても”ゲス”ってことだし、自分たちが「真性的なヤクザ・ゴロツキ集団」だってことをますます世界にアピールしてるってことに気がつかないのかしら!?

なんせ、東京五輪組織委は、事実上の「政府組織の一部」といってもいいものだし、言うまでもなく、国民の血税が大量に投じられている組織である以上、文春のような内部文書のスクープ報道や関係者による告発は「法律でしっかりと保護されるべきもの」であることは、民主主義が定められている国家である以上当たり前のことだ。
(したがって、文春側による「侮辱演出案や政治家の“口利き”など不適切な運営が行われ、巨額の税金が浪費された疑いがある開会式の内情を報じることには高い公共性、公益性がある」という主張も至極まっとうなものだ。)

それを、自分たちが「どのような立場」にあるのかを完全に忘れてしまっている上に、組織委の腐敗の実態を報じた文春だけでなく、自分たちの企画をパクられてしまった上に「オリンピッグ」を批判したことで不当にクビにされてしまったことを訴えた告発者すらも、徹底的に報復し社会的に追い詰めていくことすら宣言しているのだから、これはもう「狂気の沙汰」としか言いようがない。

早速、橋本組織委会長が「秘密情報を妨害すると判断した」とコメントしたうえで、文春に対する「最大級の圧力」を露わにしたけど、要は、橋本会長を裏で操ってる森喜朗前会長らが文春報道に激怒したことで、ヤクザ・ゴロツキまがいの脅しや報復措置に出たのが本当のところなんじゃないかしら!?

普通に考えれば、こんなことをすれば、日本の組織委が「どれだけ反社会的な組織なのか」をますます全世界に強烈にアピールすることになるのは誰でもわかるし、今回の組織委の対応は、それこそ「最悪手」「自滅の道」というほかない
そうなると、こうした対応を指示したのは「相当に頭が悪い&極めて反社会的な人物」であることが想像できるし、さらにいえば、組織委がそんな「かなり頭の悪い人物」の言いなりになっている(全く逆らえない)内情があるってことだ。

こういう風に考えると、現在の組織委も、例の「前会長」がいまだに強大な権力を裏で振るっていることが容易に想像できる(これに加えて電通の幹部なども今回の恫喝に関わっている可能性もあるだろう)し、今の東京五輪の状況を平たく言えば、(「北斗の拳」の名台詞を借りると)「お前らはもう死んでいる(東京五輪はもう終わり)」ってことだ。

ほんとに「東京シロアリンピック」そのものが「世界の恥」という他ないですし、このまま一気に”自滅”して、電通ともども組織委やJOC、そして菅政権も一緒に潰れるのが私たち日本のためだわっ!!

まったくだ。
今回の一件で、組織委そのものが全く反省していないどころか、自浄能力もゼロであることがよりよく分かったし、「腐った特権階級による、ウソと裏金と利権にまみれたシロアリピンピック」にふさわしい末路として、この先も世界に”恥部”を晒しまくって完全崩壊することを願っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事