桜田大臣の「仰天答弁」が世界で笑いのネタに!「桜田氏はシステムエラー」「PCを使えないのはある種最強のセキュリティー」

Pocket

どんなにゅーす?

・国会内で言い間違いだらけのトンデモ答弁を続けている桜田義孝五輪相(サイバーセキュリティー担当相)が、「笑いのネタ」として海外メディアに次々取り上げられる事態になっている。

英国のガーディアン紙は、「システムエラー:日本のサイバーセキュリティー相、コンピューターを一度も使ったことがないと認める」と揶揄した上で、「ハッカーが桜田大臣を標的にしても、情報を盗むことはできないだろう。ある種最強のセキュリティーだ」との声を紹介。

その他の各国メディアでも、桜田氏の国会答弁を面白おかしく皮肉交じりに紹介しており、”大人気”といえるような状況になっているという。

「最強のセキュリティー」 桜田五輪相、PC出来なさすぎて海外で「大人気」に

~省略~

「ハッカーが桜田大臣を標的にしても、情報を盗むことはできないだろう」
ロイター通信は、桜田氏が「東京五輪に向けたサイバーセキュリティー対策の準備の監督責任者であるにもかかわらず」PCを使ったことがなかった、と報じ、ニューヨーク・タイムズ紙は、

「コンピューターを使わない人も多いだろうが、その多くは国家のサイバーセキュリティーを担当してはいないだろう。でも、そういう人が実際にいるのだ」
と、皮肉を交えた。さらに、USBドライブを

「セキュリティーリスクだと広く考えられている、一般的な技術」
だとした上で、「桜田氏はそれが何であるかを理解してなかったようだ」と指摘した。

英ガーディアン紙は、見出しで、

「システムエラー:日本のサイバーセキュリティー相、コンピューターを一度も使ったことがないと認める」
という見出しでからかい、記事本文では、ツイッターで

「ハッカーが桜田大臣を標的にしても、情報を盗むことはできないだろう。ある種の最強のセキュリティーだ」
といった皮肉めいた声があがっていることを紹介した。

「驚きの告白」「軽率な発言をするという、積年の評判がある」
ワシントン・ポストは、桜田氏の発言を「驚きの告白」と紹介。16年に慰安婦について「職業としての娼婦」だと述べて撤回に追い込まれたことを例に、「軽率な発言をするという、積年の評判がある」と紹介。

「高齢化社会が進む日本では、桜田氏のように技術に疎い人は珍しくない」
とする一方で、世界の指導者層の中にも技術に詳しくない人いるとして、スマホでツイートを繰り返すもののPCは使わないことが報じられている米国のトランプ大統領の例を挙げた。

韓国メディアは「風変わりな告白」(ニュース1)「不合理発言」(朝鮮日報、ハンギョレ新聞)、理解不能といった様子だった。

【@niftyニュース(J-CASTニュース) 2018.11.16.】

桜田大臣の「恥ずかしすぎる答弁」が海を越えてワールドワイドに!海外メディアが次々皮肉交じりに紹介!

出典:Twitter(@kentaro_s1980)

にゃははぁ~!
にゃ、にゃんと、あの桜田大臣が、世界各国のメディアの人気者(ていうか笑いもの)になっちゃってるみたいだにゃ!
パソコンを使ったことがないのにサイバーセキュリティーを担当してる桜田しゃん「システムエラー」「ある意味最強のセキュリティー」って…これはもう草しか生えないにゃ~!!

笑うに笑えない黒い人脈と犯罪疑惑まみれの片山氏に比べたら、今のところ桜田氏はまだ可愛いものだけど…日本の国会の「お笑い劇場」ぶりがついにワールドワイドで広められる事態になってしまっているね。

ちなみに、そんな「PCにほとんど触れたことがない」という桜田氏のウェブサイトを見ると、「桜田よしたか物語」なる漫画(PDF)が読めるようになっており、これがなかなか笑える内容だったよ。

とにかくも、安倍総理の言う「適材適所」は大ウソであることが確定的になっているし、片山氏の数々の犯罪疑惑ともども、これは安倍総理本人の任命責任を強く追及すべき問題だ。
(安倍官邸に強く支配されている)日本の大手メディアの間でも、桜田氏の「お笑いぶり」を大きく取り上げることで、安倍政権のその他の深刻な売国・壊国法案を覆い隠すような動きが見られるし、こうした世論誘導に騙されずに、安倍総理による論功行賞(お友達優遇)人事と悪政を徹底的に追及することが必要だね。

にゃにゃ!にゃこも危なく「一番重大な問題」を忘れそうなところだったにゃっ!
海外の人たちには、その他の日本のメチャクチャな政治についてもたくさん報じてもらいたいし、マスコミがほとんど報じてくれない水道民営化とかにも注目しながら、おかしな法案にはたくさん抗議の声を上げていきたいにゃっ!

おススメ記事&広告

 
Pocket