厚労省「小藪ポスター」批判殺到の背後に、吉本と安倍政権の「不適切な関係」!カジノなど”ビッグビジネス”で協力しつつ、湯水のように次々と税金投入!

Pocket

どんなにゅーす?

吉本芸人・小藪千豊氏を起用した、「ACP(アドバンス・ケア・プランニング)」を啓発する厚労省ポスターのデザインに対し、「死や終末期医療を茶化している」「ふざけている」などの批判が殺到し、ポスター配布や関連動画の配布が中止された問題について、このポスター制作が4070万円もの金額で受注されていたことが判明。ネット上で様々な声が飛び交っている。

小籔だけじゃない、吉本興業が政府PRで荒稼ぎ! ケンコバ、おかずクラブや尼神インターも 背景に安倍首相の意向

吉本芸人・小籔千豊を起用した厚生労働省の「人生会議」ポスターががん患者の団体などから抗議を受け、HP上での公開とポスター配布、関連動画公開の中止を決定した問題。

しかし、Twitterでは現在も、「ふざけている」「グロテスク」「死や終末期医療を茶化している」「恐怖や不安を煽っている」と批判が相次つぐ一方で、「なぜダメなのかわからない」「これくらいインパクトがないと誰も見ない」といった擁護論が広がっている。

また、小籔自身がコメンテーターとして出演している『ミント』(MBS)で謝罪する際、「“グロテスクなポスター”という批判は、僕の顔面がキモいと言われているようなもの。僕じゃなかったら、もう少し燃え上がらなかったんかなと思う」「ここまで“男前やったらよかったな”と思ったことはない」と言い訳したことで、小籔に対して、「小籔さんは何も悪くない」などの同情論も集まっている。

しかし、ほんとうにそうなのか。そもそも問題になっているのは、小籔の容姿の問題でなく、明らかにわざと“変顔”をして、死の瞬間を戯画化し、コピーでは患者が家族をディスる……死を目前にした患者や家族をいじるネタにしていることだ。

官公庁のPRポスターでわざわざ高い税金を注ぎ込んで、芸人を使ってこういう悪ノリなギャグをやる必要がどこにあるのか。

~省略~

しかし今回の厚労省の小籔ポスターをめぐっては、もっと根本的な大きな問題がある。それは、このポスターが小籔の言う「母親との思い出から」などという美談が出発点になったボランティアでもなんでもなく、またぞろ吉本興業への巨額の税金投入が明らかになったということだ。

国交省はおかずクラブ、消費者庁はロバート秋山、防衛省は尼神インター

すでに大きく報道されているが、このポスターはたんに小籔が出演したというだけでなく、制作そのものを吉本興業が請け負っており、その契約価格はなんと4070万円だった。

11月28日の参院厚労委員会で立憲民主党・田島麻衣子議員の質問に答えた吉田学・厚労省医政局長によれば、このポスターの制作は、吉本興業に一括して業務委託したもので、今年5月に「人生会議(ACP:アドバンス・ケア・プランニング)国民向け普及啓発事業一式」として総合評価落札方式の一般競争入札にかけられ、申し込んだ2社のうち吉本が4070万円で落札したのだという。

官公庁PRに4070万円という金額は明らかに高額すぎるし、異常だが、実は今回の厚労省による小籔ポスターは氷山の一角でしかない。

本サイトで何度も取り上げているように、近年の吉本は、安倍政権や日本維新の会との“蜜月”を背景として、政府や地方自治体関係の仕事をどんどん増やしている。

大阪市との包括連携協定、ダウンタウンの大阪万博誘致のアンバサダー就任、吉本芸人を大量投入した法務省のPR、さらに、吉本興業がNTTと共同でおこなう教育コンテンツなどを国内外に発信するプラットフォーム事業に、経産省が作った官民ファンド「クールジャパン機構」が最大100億円を出資することも明らかになった。

そして、今回の小籔ポスターの一件であらためてわかったのは、吉本興業が想像以上に行政のありとあらゆるところに入り込み、細かいものまで、行政仕事を受注しまくっていることだ。

~省略~

【リテラ 2019.11.30.】

小藪氏への共感や同情の声が多く集まるも、その背後では血税の不適切な”大量注入”と、安倍&吉本の「黒い金儲け」が…!

出典:YouTube

↓大きな物議を醸すこととなった小藪氏起用の厚労省ポスター。

出典:Twitter(@damien_goood)

小藪千豊氏による「ACP」を啓発する厚労省ポスターに対し、多くの批判が湧き起こっている一方で、共感や同情の声も多数寄せられている状況ですが、このポスターの制作に対し、4070万円もの税金がかけられていたことが判明。
ネット上では、吉本や厚労省への批判の声に対して「表現の自由を脅かす」「小藪さんの亡き母への思いを踏みにじるな」などといった声が多く上がっているようですが、これらの背後には、もっと別の「重大な問題」が潜んでいるようです。

ボク自身が感じていた違和感や気になっていた点については、上のリテラの記事が非常に秀逸にまとめてくれているので、まずはそちらを全文読んでもらえたらと思うけど…なんだか、いつも、「問題の本質」からずれた方向に話題が向かっていってしまっては、多くの人々が、まるで「出口のない迷宮」のような、あまり生産性のない”論争”にはまっていってしまうんだよね…。

確かに、小藪氏本人は、亡き母親に対して様々な思いがあるのだろうし、彼が「母に捧げる楽曲」を発表したりすること自体は全然構わないんだけど…
どうも、こうした「感情論」や「お情け」の論調がどんどん盛り上がってきていては、「根本的な(大)問題」がどんどん覆い隠されてきているように見えるね。

マスコミの報道によると、小藪氏は、こうした亡き母への様々な思いを胸に秘めつつ、「自分の経験が社会の役に立てれば」との思いで、今回の厚労省のプロジェクトを引き受けたようだけど…残念ながら、こうした「美しいエピソード」を利用しつつ、その背後で国民の血税が「歪められたプロセス」を通じて「アベ友同士で山分け」されてしまっている実情があるんだ。

当初は、がん患者団体や遺族などから「死期が近い人間を茶化している」「ふざけている」みたいな批判が相次いだことで、この件が大きく注目されたけど、結局のところ、「吉本ありき」で多くのプロジェクトが進んでしまっていることで、政府によるあらゆるPRや国民啓発が「なんでも(無理やり)お笑いに結び付ける」方向に向かっていってしまっているように見えるし、これはいわば、「表現の自由」云々以前の問題なのではないかな。

小藪さんご自身の経験を社会貢献に役立てたいと思うのなら、別の方法で行なえばいいわけですし、そもそも、今回の「彼の思い」を尊重するために、安倍政権と吉本の不適切な”蜜月ビジネス”を許していいはずがありません
これまでも、「沖縄カジノ計画」「クールジャパン機構による100億円の投資」など、安倍政権は吉本に莫大な利益供与を行なってきましたが、まさにこの「見返り」として、小藪さんや千原せいじ氏松本人志氏ら、多くの吉本芸人が揃って安倍政権への歪んだ賛美や悪質なミスリードを繰り返すようになっており、これは、かつてマスコミ界に多額の「原発マネー」が流れ込んでいたことで「原発信仰」が日本国内で醸成されたのとてもよく似た流れです。

そして、安倍政権賛美の風潮を喚起するべく、「お笑い界(吉本)」をフル活用する手法というのは、トルーマン元米大統領が提言したとされる「3S政策」とも大きく共通しており、日本国民の「思考力の劣化」や「奴隷化・愚民化」を大きく促す危険性があるものだ。
今回の一件についても、多くの国民が小藪氏の”エピソード”に大きく心動かされることで、国民自身が大きな損失(税金が安倍トモの不当な金儲けに流れてしまっている実情)を被っている問題を完全に見失ってしまっているのであれば、まさに、吉本や安倍政権による「3S政策」が大きく功を奏してしまっているといわざるを得ないだろう。

様々な騙しやミスリードが蔓延している日本社会ですが、こうした腐敗した権力層による世論誘導に惑わされず、問題の本質を常に見失わないようにしたいものです。

Pocket

 

 関連記事