■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【これぞ自民党】総裁選候補への「桜疑獄」の公開質問状、河野氏が受け取り拒否(ブロック)!岸田・高市氏は無回答!野田氏のみが「丁寧に説明すべき」と回答!

【これぞ自民党】総裁選候補への「桜疑獄」の公開質問状、河野氏が受け取り拒否(ブロック)!岸田・高市氏は無回答!野田氏のみが「丁寧に説明すべき」と回答!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年9月27日、「『桜を見る会』を追及する法律家の会」が、自民総裁選の4候補に「桜疑獄についてどう考えているか」について問う公開質問状を送ったものの、河野氏は受け取りを拒否したことを明らかにした。

この河野氏の行為に対し、同会は「嫌な質問はブロックして答えない。国のトップになる器とは思えない」と強く批判。一方、岸田氏と高市氏は質問状を受け取ったものの回答はなく野田氏のみが安倍氏を「不起訴不当」とした検察審査会の議決を支持しつつ、「政治家は自らの潔白を丁寧に説明すべきだ」と回答したという。

「桜を見る会」公開質問状、河野氏は受取拒否 岸田、高市両氏は無回答、野田氏は安倍氏不起訴不当に賛同

全国の弁護士や法学者でつくる「『桜を見る会』を追及する法律家の会」は27日、自民党総裁選の立候補者4人に「桜を見る会」問題への考えを尋ねた公開質問状の回答を公表した。河野太郎行政改革担当相は質問状の受け取りを拒否したと明らかにした。

◆河野氏の「ブロック」を批判

同会は、河野氏がツイッターで特定の人とのやりとりを制限する「ブロック機能」を多用していると指摘し「嫌な質問はブロックして答えない。国のトップになる器とは思えない」と批判した。

岸田文雄前政調会長と高市早苗前総務相は、質問状は受け取ったが、無回答。野田聖子幹事長代行は、安倍晋三前首相の不起訴処分を「不起訴不当」と議決した検察審査会の指摘に「国民の代表が意見を反映したもの」と賛同し、「政治家は自らの潔白を丁寧に説明すべきだ」とした。

◆「政治の私物化を軽視している」

回答しなかった3候補について、同会事務局長の小野寺義象弁護士は「政治の私物化問題を軽視した対応。首相になれば、今後もこの問題は曖昧にされ続ける」と指摘した。

~省略~

【東京新聞 2021.9.27.】

ここでも「ブロック太郎」の本領発揮!最もマシな対応&回答をしている野田氏が「圧倒的に不人気」という”真性反社会集団”自民党!

出典:河野太郎オフィシャルサイト

出典:Twitter(@ppsh41_1945)

やっぱり、この男を何としても総理にしてはいけないわっ!!
要は、Twitterでのブロックだけじゃなくて、自分にとって少しでも都合が悪いものがあれば、あたりかまわず何でもかんでも見境なしにブロックするわけねっ!!

上の河野氏のオフィシャルサイトの画像には「貫くべき信念があります(キリッ)」と書かれているけど、それが「ブロック」とは何とも情けない…
ここまで(自らの信念を貫き)堂々と開き直ってブロックしまくるというのも、一周回って逆に清々しいように思えてきてしまうけど…これまでの総裁選の情勢を見てきても、最もマシでまともな言動や対応を行なってきた野田氏がダントツで不人気という現状をみても、「真性的な国賊&反社会集団」である自民党の本質が良く表れているというものだ。

野田氏は(自民党内にもまともな意見や人材があると見せかけるための)事実上の完全なる「ガス抜き要員」と化している中で、この調子だと、誰が総理になっても(安倍氏が常に睨みを利かせていることで)桜疑獄の真相が究明されることは永久に無いだろうし、さらにいえば、自民党が政権を握っている限り、日本国民には暗黒で悲惨な未来しか待っていないのは明らかだ。

今回の一件をみても、自民党に一切の自浄能力がないことがよーく分かったし、こんな真性的な売国・国賊集団と一緒に奈落の底に転落させられる未来だけは絶対にゴメンだわっ!!

そうした「最悪の事態」を回避するためにも、次の衆院選は何としても自民を大敗させないといけないし、最低限の民主主義を取り戻し、自分たちの命や生活を守るためには、少なからず「政権交代する以外に道はない」ことを一人でも多くの国民が肝に銘じる必要があるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事