【気になる流れ】チャンネル桜が安倍政権を痛烈に批判!三橋貴明氏はグローバリズム政策を非難し、水島総氏も”親中”に舵を切った安倍総理に大激怒!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年12月9日のチャンネル桜において、「アベ・ショックが始まった」とのタイトルの下で安倍総理を大々的に批判する特集を配信。近年は安倍政権の経済政策を批判している三橋貴明氏が安倍政権のグローバリズム政策を強く非難しているほか、長年にわたって安倍総理を応援してきた水島総社長は、近年急速に親中路線に舵を切り始めては、天皇陛下の政治利用を激化させている安倍総理に激怒官邸前で習近平来日阻止を訴える抗議デモを呼び掛けた。

・同チャンネルのYouTube動画のコメント欄には、視聴者から安倍政権に対する批判コメントが殺到。これまで一致団結していた安倍政権支持勢力の内部に”変化”が起こり始めていることがうかがえる。

↓近年急速に安倍総理への批判を強めているチャンネル桜。(5分15秒くらい~。)

↓安倍政権による日米FTAや移民政策などに激怒する水島社長。「万一、習近平の要請に従い天皇陛下を訪中させた場合、私たちは『日本の敵』『売国・国賊内閣』として安倍政権打倒を掲げて戦う」

(今頃になって)チャンネル桜が安倍政権を徹底非難!これまで安倍総理を全力応援してきた水島社長も「金儲けのために何でもやる連中」として大激怒!

出典:YouTube

出典:YouTube

これまで安倍総理を応援してきたチャンネル桜が、どうやら本格的に「安倍政権批判」に舵を切り始めてきたみたいね。
三橋さんはここ数年くらい前から安倍政権を批判してきたけど、あそこまで安倍総理を応援していた水島社長までもが「売国・国賊」との表現を用いて、安倍政権に強い危機感をあらわにしているわ。

当サイトでは以前に、西尾幹二氏がチャンネル桜の中で、森友疑獄に揺れていた当時の安倍夫妻を徹底批判していたことを紹介したけど、この頃はまだ水島社長は必死に「安倍フォロー」に回っていたんだけど、この後に安倍総理が「移民促進法案」や「日米FTA」すらも強引に推し進めている様子に、ついに堪忍袋の緒が切れたらしい。

まあ、「保守」や「右翼」を掲げている人々であれば、まったくもって当然の反応だけど、どうやら、安倍政権を支持してきた勢力の中で、「利権を享受している勢力」と「そうではない勢力」との間で、徐々に分裂が生じてきたとみるのが良さそうだ。

つまり、安倍政権が「保守」だと勘違いさせられて支持してきた人々の間では徐々に安倍政権の”正体”が知れ渡ってきた一方で、(百田さん「虎ノ門軍団」を筆頭とした)「単なる金儲け目的」で安倍政権を熱烈に支持している人々が、今でも「保守のフリ」をしながら売国安倍政権を”アクロバット擁護”し続けている実態が浮かび上がってきた…ってことね。

特に、純粋に「思想的な部分」で安倍政権を応援してきた人々の間で徐々に安倍政権を見限る動きが加速しているのと同時に、どんな売国や壊国を繰り返しても安倍政権を賛美し続ける「安倍カルトシンパ(ただのペテン集団)」のみが、今でも安倍政権を全面的に応援しているということだね。

チャンネル桜では、「桜を見る会疑獄」についても批判的に論じているし、これらの動画のコメント欄においても、安倍政権に激怒するコメントが殺到しているような状態になっている。
こうした動きを見たところ、どうやら、安倍政権の支持層の内部が一枚岩ではなくなってきているようだし、彼ら(安倍政権を見限った勢力)がどこまで本気で安倍政権のこれ以上の跋扈を阻止しようとしているのか、注意してみていく必要がありそうだね。

安倍政権の壊国やグローバリズムに対して危機感を唱えている上では、私たちの方向性とも一致しているし、真面目に保守思想を掲げている人たちともうまく連携しながら、安倍政権のこれ以上の独裁と売国を食い止めることが出来ればいいんだけど。

本来であれば、グローバリズムに強く反対するのであれば、長州テロリストによる明治維新や、彼らが作った靖国神社についても問題視するのが「正しい認識」なんだよね。
(当サイトではこれまでも一貫して述べてきたけど)これら全てが、欧米グローバル勢力による「グローバリズムのシンボル」だし、一人でも多くの日本国民が、国家体や人間社会を完全なまでに滅ぼすことに繋がる「グローバリズム」に対する強い危機感を持っては、これら「グローバリズム」に脇目もふらずに突き進んでいる安倍政権の暴走を、国民みんなの力を合わせて止める方向に向かっていくことを願っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事