【酷い】コツメカワウソの赤ちゃん密輸で2人が逮捕!5匹中4匹が死亡!過熱する「カワウソブーム」の裏で悪質な密輸入が横行!

Pocket

どんなにゅーす?

・愛くるしい容姿で、近年日本国内で人気を集めているカワウソカワウソカフェや、飼っているカワウソを紹介するYouTube、さらには、カワウソをモチーフにしたゆるキャラなどの登場などにより、ますますブームが過熱する背後で、悪質な密輸入が横行する事態が起きている。

・2019年1月21日、カワウソの赤ちゃんをタイから密輸しようとした疑いで浜野椋也(24)と守田和仁(52)の両容疑者を逮捕。5匹の赤ちゃんがカバンのようなものに詰められた状態で発見され、5匹中2匹はすでに死んでおり、さらに2匹がその後死亡したという。

ブームの裏で密輸横行 カワウソ闇ルート

~省略~

関税法違反の疑いで、21日、警視庁に逮捕されたのは、浜野椋也容疑者(24)と守田和仁容疑者(52)。

2人は2018年10月、コツメカワウソの赤ちゃん5匹を密輸しようとした疑いが持たれている。

タイから木製の手提げかばんのようなものに入れられて日本に運ばれた、5匹のカワウソ。

発見時、2匹はすでに息絶え、その後、さらに2匹が死んでしまったという。

サンシャイン水族館・飼育スタッフの板東恵理子さんは、「群れから離すというのも動物にとっては狭いところに入れられてきているし、動物にとって、かなりストレスになっています」と話した。

また守田容疑者は、2018年6月にもコツメカワウソ3匹を許可なくタイから輸入し、外為法違反などで、逮捕・起訴されている。

その際、カワウソを売り込もうとしたのは、都内のカワウソカフェだった。

カワウソカフェ従業員は、「最初は3頭買ってくれないかと。『それはどこのですか?』と聞いたら、国内ブリード(繁殖)と言っていたが、日本でブリードはしていないので、密輸だなと」と話した。

守田容疑者らは、店側に1匹35万円ほどでの販売を持ちかけたという。

カワウソカフェ従業員は、「これを買ってくれないかという時に、警察に来ていただいて」と話した。

東南アジア原産のコツメカワウソは、近年、商業目的での乱獲により、個体数が激減。

絶滅の危機にひんし、ワシントン条約で国際取引が規制され、取引には国の許可が必要だという。

~省略~

【FNN 2019.1.23.】

日本国内で過熱する「カワウソブーム」の裏で、悪質な密輸と悲劇が続出!ペットビジネスの背後に存在する闇勢力をもっと報じるべき

出典:YouTube

こんなにカワイイカワウソたんを密輸しようとして4匹も死なせてしまったなんてっ…ほんとに許せない連中だにゃっ!!

カワウソに関しては、ペットとして飼っているカワウソの「ちぃたん」の日常を飼い主がブログやYouTubeにアップしたことで一気に人気に火がつき、写真集が発売されたり、しまいには同名のゆるキャラすら誕生し、これらのコンテンツに触れた人々がペットとして飼おうとする事例も相次いでいるようだね。
しかし、カワウソはペットとして飼うにはあまりに向いていない動物のようだし、「大前提」として、一般的にペットとして適している犬や猫とは全く違う動物であると認識することが必要だろう。

おまけに、日本国内で大ブームになったのを受けて、暴力団やマフィアなどが関係する密輸グループによってカワウソの密輸が横行している実情が明らかになってきた。
現在日本では100万円を超えるほどの価格で取引されるケースもある中で、タイなどの東南アジアで闇市場などから購入する場合、3000円程度で手に入れられる場合もあるらしく、巨額の儲けを求めて、リスクをおかしてでも密輸が横行してしまっているようだ。

赤ちゃんを捕獲する際には、親のカワウソが殺されている可能性もあるし、こうした闇ビジネスの増長や絶滅の危険などに繋がる密輸が激化している中、カワウソを「ブーム」として盛り上げつつ、人々を大きく扇動することで商機を見いだそうとしている日本のビジネス界の動きには、強い違和感を禁じ得ない。
これまでも、様々な生き物のブームが起こっては、その度に、密輸が激化したり安易に飼われた動物が捨てられるようなケースが相次いできたけど、今回の事態を考えても、生き物を使って「ビジネス」を展開する動きに対して、これがいたずらに過熱しないように、もう少し「歯止めや規制」を設けていくことも考えた方がいいのではないだろうか。

人間たちに「カワイイ!」って思われちゃったせいで、そのせいで次々殺されたり密輸されたりしちゃうにゃんて…動物さん本人からしても、とんでもないくらいに迷惑な話だにゃ…!!

マスコミ側ももっと慎重に報じる必要がありそうだし、何よりもボクたち自身が、ペットブームの裏側にある、「根深い闇ビジネス」の実態を知ること、そして、人間たちが安易に様々な生き物を”愛玩道具”して楽しんでいる背後には、必ずといっていいほどにこうした悲惨な実情が存在していることをよく理解していく必要があるのではと思うよ。

Pocket