■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【国民は忍耐せよ】東京五輪の来賓待遇に43.6億円もの血税を投入!「空港に要人が来た時のVIPルーム提供」や「赤じゅうたんを敷く」費用など!IOCは1泊100万円以上の超豪華ホテルに4万円で宿泊!

【国民は忍耐せよ】東京五輪の来賓待遇に43.6億円もの血税を投入!「空港に要人が来た時のVIPルーム提供」や「赤じゅうたんを敷く」費用など!IOCは1泊100万円以上の超豪華ホテルに4万円で宿泊!
Pocket

どんなにゅーす?

・2020年当初予算に計上された外務省所管の「東京五輪要人接遇関係経費」について、43億6100万円もの巨額の血税が確保されていたことが判明。野党が「圧縮すべきだ」と追及している。

・外務省関係者によると、「空港に要人が来た時のVIPルーム提供」や「赤じゅうたんを敷く」などの費用に充てられると説明している上に、一部報道では、IOC関係者には都内の豪華ホテルを貸し切り状態で提供、(差額を組織委が負担する形で)1泊100万円をゆうに超える部屋にも4万円で宿泊することが出来ると伝えられており、国民に多大な忍耐や制限を強いている一方で、贅を尽くした豪華待遇や利権のために東京五輪を強行しようとしているIOCや菅政権に、国民から怒りの声が噴出している。

五輪来賓セレブ“おもてなし”に43億円 巨額浪費に批判噴出

東京五輪を巡って、またフザケた話が発覚した。政府が、東京五輪開催の際、来賓の接遇に約43億円もの費用をかけることが分かり、批判が噴出している。

問題の費用は、2020年当初予算に計上された外務省所管の「東京オリンピック・パラリンピック要人接遇関係経費」。10日の参院予算委員会で、立憲民主党の蓮舫議員が関係経費について「圧縮すべきだ」と追及していた。

■「赤じゅうたん」やVIPルーム設置に

大会関係者からも「簡略化すべき」と声が上がるが、その理由はカネの使途がヒドすぎるからだ。24日付のアエラドットによると、「空港に要人が来た時のVIPルーム」や「赤じゅうたんを敷く」ことなどに使われるというから、あまりにもバカバカしい。このコロナ禍に赤じゅうたんまで敷く必要があるのか。

超豪華な「おもてなし」を受けるのは各国首脳だけじゃない。“ぼったくり男爵”こと、バッハ会長が君臨するIOC(国際オリンピック委員会)もスゴい接遇を受ける。立候補ファイルによると、大会期間中、東京都はIOC関係者用に「ANAインターコンチネンタル」「グランドハイアット東京」など一流ホテルの部屋を提供する。IOC関係者は格安で利用できるという。

「1泊100万円を超えるような部屋でも、IOC委員や関係者は数万円の負担で宿泊可能と伝えられている。差額は大会組織委員会が負担することになっているようです」(大会関係者)

~省略~

セレブたちには「来日を自粛して」「過剰な接待はできない」くらいのことを言うべきだ。

【日刊ゲンダイ 2021.5.26.】

東京五輪の要人接遇費43億円の使い道を外務省に直撃 晩さん会や空港の赤じゅうたん…

~省略~

全世界でパンデミックの収束がみえない状況下、訪日する首脳たちをおもてなしするため、外務省は「要人接遇関係経費」として43億6100万円を確保している。

~省略~

国際ジャーナリストの高橋浩祐さんはこう指摘する。

「外務省関係者によると、要人接遇関係費をなくせば予算が大幅に削減できるのに、そうしたことは省内で禁句とされているようです。外務省に関わらず、オリンピックを錦の御旗に掲げて予算をぶんどった所がたくさんあるのです。オリンピックを口実に予算を取って、組織存続のために勢力争いをしているようなものです」

要人接遇関係経費43.6億円には、菅義偉首相主催の「晩さん会」が含まれているとされる。

「関係者からは、赤坂迎賓館に各国の賓客を呼んで歓迎パーティーをする費用が入っていると聞きました。

~省略~

こうしたホスト国に首脳たちは来ようと思うのでしょうか」(高橋さん)

~省略~

AERA dot.では、外務省の要人接遇事務局に43.6億円の使途を問い合わせた。

「大統領、国王、首相といった首脳級の人たちの接遇に必要なものとして予算を計上しています。例えば、外務省から賓客に車両の提供や、空港での接遇など。細かいことを言うと、赤じゅうたんを敷くとか、空港に要人が来た時のVIPルームといったらいいのか、出発前にちょっと待っていただく部屋も確保する必要がありますので、そのあたりでかかってくる経費が主に含まれています」(要人接遇事務局)

~省略~

長野冬季五輪(1998年)の時、要人接待費を巡って使途不明金が発生し、招致委員会の会計名簿が廃棄されたことが問題となった。前出の高橋さんは言う。

「この時は何人ものIOC委員が京都に行って芸者接待を受けていました。英BBCの調査報道記者らが執筆した『黒い輪』に<成金の日本円が行き来し、芸者がIOC委員に密着するものであった>と記しています」

~省略~

【AERA dot. 2021.5.24.】

これが、滝川クリステルが言っていた「お・も・て・な・し♥」の実態!グローバル特権階級に最高級の”贅”を提供し、日本国民には「外出・外食するな、イベントは中止、運動会も禁止etc.」!

出典:YouTube

これが、滝川クリステルアナがしきりにアピールしてた「お・も・て・な・し♥」の実態だったわけねっ!!
とどのつまりは、国民から富をひたすら巻き上げては、グローバル特権階級に最高級の”贅”を提供してるだけじゃないのよっ!!

おまけに、日本国民に対しては、ろくな補償も出さないままに「外出・外食するな、イベントは中止、運動会も禁止」などとひたすら制限と忍耐を強いているのだから、これで日本国民から怒りや抗議の声が殺到しない方がおかしいだろう。
まあ、バッハ会長が「東京五輪の”夢”を実現させるために、誰もがいくらかの犠牲を払わなければならない」って言っていた理由がますますよく分かるし、連中にとってはさぞかし「夢のようなあま~い時間」なのだろう。

これまでも繰り返し述べてきたけど、東京五輪というのは、1%のグローバル支配層が99%の庶民に対して「お前らは正真正銘の使い捨て奴隷だ」などと見せつけるために行なわれる、「グローバリズム(世界統一政府思想)のシンボル」的な意味合いを持つ大会であり、日本国民がこれを完全に受け入れた時点で、「自分たちの破滅」そのものを意味するといっても過言ではない。

宇都宮弁護士が立ち上げた「五輪中止署名」がすでに史上最多の署名数が集まっているようだけど、このまま百万以上の署名を集めて、この先も徹底的に東京五輪に反対し続けていかないといけないだろう。

とにかく、日本国民を徹底的に食い物にしては、(表面的な)ゴージャス待遇やスイートルームに好き放題に泊まれることを心待ちにしている卑しい連中をこのまま野放しにしているわけにはいかないわっ!!
言うまでもなく、日本の貴重な血税をコロナ危機で困窮している国民に優先的に回していくべきだし、こうした腐りきったグローバル支配層のご機嫌取りしか頭にない菅政権に対しても徹底的にお灸をすえる必要があるんじゃないかしら!?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事