■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【異常事態】大阪市で、コロナ救急搬送者が「1日半」も救急車の中に!→最後は市外の病院が受け入れるも、患者の症状が悪化!人工呼吸を行なう事態に!

【異常事態】大阪市で、コロナ救急搬送者が「1日半」も救急車の中に!→最後は市外の病院が受け入れるも、患者の症状が悪化!人工呼吸を行なう事態に!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年4月20日朝、大阪市で新型コロナに感染者の男性から大阪市消防局に救急要請があり、救急車が男性を収容したものの、受け入れ先の病院が見つからず、1日半も救急車中で待機させられる事態が発生した。

・隊員は徹夜で対応に当たったものの男性の症状は悪化。最後は市外の病院に搬送されたものの、血中酸素濃度が低下しており、人工呼吸の処置が取られたという。

・このように、大阪の都市部では本格的な医療崩壊が発生しており、松井大阪市長や吉村大阪府知事らによるコロナ対応のまずさに多くの国民から怒りの声が上がっている。

【独自】コロナ入院先見つからず、救急車内に「1日半」…症状悪化し重症病床に

新型コロナウイルスに感染した大阪市内の男性の救急搬送先が見つからず、救急車内で1日半ほど待機していたことが、関係者への取材でわかった。救急隊員が酸素投与などの対応にあたり、最終的に市外の病院が受け入れた。男性の症状は悪化し、重症病床で治療を受けているという。

医療関係者によると、20日朝、感染者の男性から大阪市消防局に救急要請があり、救急車が男性を収容した。入院先を調整する大阪府の「入院フォローアップセンター」が病院を探したが、複数の病院から「余裕がない」などと断られた。

21日になっても入院先は決まらず、隊員が交代しながら徹夜で対応にあたり、同日に病床を増やした市外の病院への受け入れが決まった。男性が搬送されたのは午後5時頃。呼吸機能の状態を示す血中酸素濃度が低下しており、人工呼吸の処置が取られたという。

~省略~

【読売新聞 2021.4.23.】

出典:国立感染症研究所

大阪は「救急搬送まで1日半」の異常事態が発生中も、吉村知事は自らの失政を誤魔化すべく、連日テレビ出演し印象操作に躍起!

吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

吉村洋文知事は20日、毎日放送の情報番組に生出演。知事がテレビ出演するのは今月に入って11回目だ。番組内で「まん延防止等重点措置」について聞かれると、「効果としては、変異株の対応という意味では不十分だと思います。それが予測できなかったのかと言われると、前回の緊急事態宣言と同じ内容にしているわけですが、変異株の拡大力の方が強い」と、感染拡大は変異株のせいだと言わんばかりだった。

~省略~

「2月22日に府内で変異株の感染者が確認されたことを公表し、2月下旬から府内の新規陽性者のうち、4.3%が変異株であることが判明しています。その後、感染者に占める変異株の割合が増え続け、3月中旬から感染経路が追えなくなりました」

吉村知事は府内で変異株の感染者が確認されたことを知りながら、緊急事態宣言を解除。変異株は基礎疾患のない若年層も重症化する傾向にあるといわれるのに、府は3月1日から重症病床を減らし続けた。3月下旬になって慌てて重症病床確保に動いたが、看護師が確保できず、国や他県にまで協力を要請。一度減らしたものを再び増やすのは、人材確保の面からも困難。重症者数は21日も322人と過去最多を更新し、重症者数が重症病床を上回っている。対応が後手後手に回った結果、医療崩壊を招いた。

医療現場はまさに一刻の猶予もない、危機的状況だというのに、テレビに出て自らの正当性を主張している場合なのか。

【日刊ゲンダイ 2021.4.22.】

大阪の都市部が本当に大変な事態になってしまっているようです。
どこからどうみても、吉村知事ら維新勢力による完全な判断ミスがこのような事態を招いてしまったとしか言いようがありませんが、当の吉村知事は相も変わらずテレビに連日出演。自らの責任をどうにか誤魔化すべく、印象操作に躍起になっている始末です。

まさに、吉村知事らによって多くの大阪の人々が健康・生命の重大な危険にさらされているどころか、すでに多くの大阪府民が重篤な状態に見舞われているどころか命を落としてしまった人も多くいるというのに、吉村氏を強く糾弾・追及するどころか、いまだにテレビ局は吉村氏の”言い訳三昧”に相槌を打ちおだてている始末なのだから、こうしたテレビ局そのものが根本から狂っているという他ない。
まさに、「絶望的に無能すぎる為政者」がこのような事態を引き起こしたのは言うまでもないけど、こうした悪徳政治屋を持ち上げ、悪質な世論誘導に加わっている大手マスコミともどもによって、日本国内における(アジア最悪レベルとも言える)深刻なコロナ感染爆発を招いてしまったというのが、今の日本の偽らざる現状だ。

そして、日本をこうやって(意図的に)コロナ危機をより深刻化させたうえで、「一刻も早くワクチンを確保して全国民に接種せよ」という声が(立憲などの)野党勢力からすらも上がっている状況なのですから、まさに「実によく出来ているシナリオ」としか言いようがありませんね。

そう考えると、あまりにも頭の悪い(自公維の)日本の政治屋軍団も、グローバリストからすれば「実によく働いてくれている」ということになるし、日本の無能すぎる為政者によってコロナ危機で多くの日本国民が犠牲になることも、その後に、全国民に対して半強制的に「mRNAワクチン」が接種(”人工細胞人間”を大量生産する壮大な「人体実験」)されることも、すべてが「あらかじめ練られていた”計画”」であることが見えてくる。
確かに、吉村知事や菅総理、小池都知事など、日本の無能な政治屋軍団の悪政や責任を厳しく追及することは絶対に必要だけど、それだけでなく、これらの政治屋集団を思い通りに操っては、日本国民を人体実験の道具にしたり、既存の社会システムを完全に破壊しようとしている「黒幕連中」がいることについても忘れてはいけない

とにかくも、今の日本の危機的状況をどうにかするには、グローバリストと距離を置いている野党勢力を強くしていくしかないし、このままでは(コロナ危機を表面上鎮静化させることはできても)長年にわたってグローバリストが強固に推し進めてきた「日本の民主主義の完全なる終焉」と史上最悪の「デジタル奴隷監視社会」がやってきてしまうことになるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事