■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】福島第一原発は大丈夫なのか!?、維新「テロ対策が完了していない原発の再稼働」を要求!、オリバー・ストーン監督の「ウクライナ・オン・ファイヤー」が話題に!

【ゆるねと通信】福島第一原発は大丈夫なのか!?、維新「テロ対策が完了していない原発の再稼働」を要求!、オリバー・ストーン監督の「ウクライナ・オン・ファイヤー」が話題に!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2022年3月18日号)

格納容器の圧力低下に、コンテナ倒れタンクは横ずれ…福島第一原発は大丈夫なのか!?

福島第一原発 1号機の格納容器圧力低下 放射線量に変化なし

~省略~

東京電力によりますと、福島第一原発1号機では、燃料デブリがある格納容器の内部の圧力が地震の直後に上昇したあと下降し、地震の前と比べて低い状態になっているということです。

東京電力が、原因や内部の空気の漏れがないかなどを調べていますが、建屋の外の周辺の放射性物質を測るダストモニターの値に変化はないということです。

2号機と5号機では、使用済み核燃料を保管するプールで、冷却のための水を循環させるポンプが止まるなどしましたが、いずれも午前7時半すぎまでに復旧したということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2022.3.17.】

コンテナ倒れ、タンク横ずれ 増える放射性廃棄物が地震でリスクに 東電福島第一原発

~省略~

東電によると、2号機プールには615体の核燃料を保管。17日午前零時ごろ、水位低下を確認し、手動で水を循環させるポンプを止めた。7時間半後に冷却を再開した。

核燃料1542体を保管する5号機プールでは冷却が自動停止し、4時間半で復旧。同機タービン建屋2階の3カ所で火災報知機が作動したが、異常は確認されなかった。

4号機では使用済み核燃料を取り出すために建屋上部にかぶせた大型カバー内で、梁の一部とみられる鉄骨(長さ約5.6メートル、重さ約200キロ)が落下。けが人はなく、鉄骨を固定していたボルトが破断していた。

約1000基ある処理水を保管するタンクでは、85基で横ずれが確認され、一部は放射能濃度が比較的高い浄化途中の水が入っていた。タンクは損傷を防ぐために地面に固定しておらず、ずれは想定内だが、タンク間をつなぐ配管が損傷すれば漏えいの恐れがある。昨年2月の地震でも多くのタンクがずれ、今回も複数地点で漏水が見つかった。

~省略~

敷地内に野積みされた放射性廃棄物入りのコンテナの転倒も相次いだ。少なくとも6基が倒れ、使用済み防護服や鉄くずが外に出た。コンテナは約8万5000基に上り、無計画に積まれたものも多い。これらの点検や中身の回収でも、作業員らは被ばくを強いられる。

~省略~

【東京新聞 2022.3.18.】


出典:Wikipedia

やはり、私たちが心配していた通り、福島第一原発が今回の巨大地震で大きな損傷を受けたみたいですね。
少しずつマスコミが報じ始めていますが、この調子ですと、さらに重大な問題や深刻な損傷を隠蔽している疑いも拭えません。

福島から遠く離れたボクの自宅もかなり激しく揺れたし、なんせ「最大震度6強」だからね。
ただでさえボロボロ状態の福一において、何にも起こらない方がおかしい上に、昨年2月の震度6強に続き、今回の地震でさらに損傷が広がっては、様々な深刻な問題が発生していると考えるのが自然だろう。

それにしても、やはり、ウクライナ戦争におけるやたらと扇情的で人々の不安や恐怖を煽る報道と比べて、福一に関するニュースにおいては、常に「問題はない」「心配はいらない」と、(実態を覆い隠してでも)人々の不安を抑制させる報道姿勢が徹底されている。
こうしたマスコミ報道の裏に隠されている様々な意図を読み取っていかないといけないし、今回の報道をみても、グローバル権力層は、日本における脱原発の声を徹底的に潰しては、この先も日本国内に「核の脅威」をなんとしても置いておきたいようだ。

とにかくも、大手マスコミの報道については、(ありとあらゆるニュースにおいて)常に「ジャパンハンドラー(グローバリスト)の様々な思惑や企みが反映されている」と考えないといけませんね。
マスコミ報道をただ鵜呑みにするばかりでは、「本当のこと」を知り理解することは永久にできませんし、現在のメディア・コングロマリットの運営形態や、グローバル支配層の民衆洗脳の歴史を学びつつ、様々なニュース報道の裏に隠されている実態や真相について推測・分析する習慣を身に着けていきたいものです。

 

維新が「テロ対策が完了していない原発の再稼働」を要求!グローバル支配層から「日本破壊工作」の命を請け負っている維新の本質がさらに露呈!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事