■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【次々と…】都内で英国や南アとも異なる「新しいタイプの新型コロナ」見つかる!東京医科歯科大病院の「3分の1の患者」から検出!現在打たれているワクチンが効かない可能性も!?

【次々と…】都内で英国や南アとも異なる「新しいタイプの新型コロナ」見つかる!東京医科歯科大病院の「3分の1の患者」から検出!現在打たれているワクチンが効かない可能性も!?
Pocket

どんなにゅーす?

・東京医科歯科大学附属病院で感染が確認された患者のうち、およそ3分の1の患者が、イギリスや南アフリカを中心に感染が広がっている変異株とは異なる「新しいタイプの新型コロナ」に感染していることが分かったという。

・一部の専門家からは、この「新しいタイプの新型コロナウイルス」について、現在接種されているワクチンが効きにくい可能性があることが指摘されており、このニュースに対してネット上で様々な声が上がっている。

異なるタイプの変異ウイルス 東京の病院で3分の1から検出

~省略~

東京 文京区にある東京医科歯科大学附属病院では、新型コロナウイルスの感染が確認されたすべての患者に対して変異ウイルスの検査を行っています。

大学によりますと、先月末までの2か月間では抗体の攻撃から逃れる「E484K」と呼ばれる変異があるウイルスが検査ができた患者36人中、3分の1にあたる12人から検出され、先月だけに限ると14人中の71%にあたる10人から検出されたということです。

検出された12人は東京都内在住の20代から80代で、海外渡航歴がなくそれぞれの人が接触したことはないということで、無症状の人と軽症が1人ずつ中等症が9人、重症が1人だったということです。

一方で、大阪府や兵庫県などで多く見られるようになっているイギリスで広がった変異ウイルスなど感染力を高める変異があるウイルスは検出されなかったということです。

研究グループは、東京では関西とは異なるタイプの変異ウイルスが従来のタイプのウイルスから置き換わりつつあるのではないかとしています。

~省略~

専門家「感染力それなりに強いとみて対応するべき」

日本感染症学会の理事長で東邦大学の舘田一博教授は「この変異ウイルスについては詳細な分析がまだ行われていないため、断言はできないが、市中でも感染が広がっていると考えられるので、感染力もそれなりに強いとみて対応するべきではないか。速やかに検査できる態勢を整えて拡大を抑えるとともに、病原性や感染力などの特徴がどのように変わっているのか分析を進めていく必要がある」と指摘しました。

~省略~

ワクチンが効きにくい?

「E484K」は新型コロナウイルスの変異の一つで「スパイクたんぱく質」のアミノ酸のうち、484番目のアミノ酸が変化していることを意味しています。

この変異があると抗体の攻撃から逃れる性質を持つと考えられていて、再感染しやすくなる可能性やワクチンが効きにくくなる可能性などが指摘されています。

これまでに南アフリカで確認された変異ウイルスとブラジルで広がった変異ウイルスでは「N501Y」と呼ばれる感染性を高めるとされる変異に加えてこの変異があることが知られています。

今回、報告されたのは「N501Y」は無いものの「E484K」がある変異ウイルスです。

国立感染症研究所によりますと、同様のウイルスは先月3日までに空港の検疫で2例、国内では394例が見つかっていて、主に海外から国内に入ってきたとみられますが、慶応大学のグループは国内で変異したとみられるケースもあったと報告しています。

この変異ウイルスの性質はまだ詳しく分かっていませんが、これまでのところ感染力が著しく高くなったり症状が強くなったりするなどの変化は報告されていないということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.4.2.】

日々世界中で「バージョンアップ」を続ける新型コロナウイルス!世界の市民が生涯にわたって「ワクチン漬け」にされてしまう恐れも…!

出典:国立感染症研究所

またまた何とも気になるニュースが出てきました。
詳しいことはまだよく分かっていませんが、これは事実上の「東京株」である可能性もありそうですし、改めて、世界中に広まった新型コロナウイルスが、絶えず日々「バージョンアップ」し続けていることが実感されます。

他のウイルスでも変異すること自体はよくあることだけど、まるでPCやスマホのOSのごとく、非常に活発に「バージョンアップ」している様子だし、そもそも東京都そのものが濃厚接触者に対する積極的な追跡調査をやめてしまったので、ますます最新の新型コロナの実態や現状を把握することが困難になってしまっている。

一部の専門家からは、今回新たに発見された「東京株」について、ワクチンが効きにくい可能性を指摘する声が出てきているようだけど、日本国内の新型コロナそのものが「変異株」に本格的に移り変わってきている中で、すでに、現在接種されているワクチンが十分な効果を発揮しない可能性が出てきているのではないかな。

現在の新型コロナウイルスとワクチンとの関係を例えて言うなら、「コンピューターウイルスとセキュリティーソフトとの関係」と似ていますし、セキュリティーソフトを常に最新のバージョンにしていても、日々生み出されている新しいコンピューターウイルスに感染し、PCやスマホのシステムが破壊されてしまう事例があるのと同じように、ワクチンそのものも日々「バージョンアップ」し続けていかないと、世界の人々のウイルス感染予防に十分な効果を発揮しない可能性が出てきています。

こうなると、いよいよ、世界中の市民が生涯にわたってグローバル製薬企業による「ワクチン漬け」にさせられてしまう展開が現実味を帯びてくるし、ますます世界の人々の「ワクチン接種歴」をビッグデータを通じて「一元管理」する必要が出てくるわけだ。
そうなると、満を持してビル・ゲイツらが提唱してきた「ワクチン接種歴を容易に管理・把握することが出来る、ナノチップの埋め込みを通じた最新のデジタル認証システム」の実用化が世界規模で叫ばれるようになっていくだろうし、要は、何から何まで「連中の計画通り」に事が進んでいるということになる。

世界的に、イベルメクチンの投与を通じた新型コロナ感染症の治療を本格化させていけば、ワクチンに強く依存することなく新型コロナ危機を克服することも十分に可能なのではと思いますが、現在日本でも東京都医師会野党議員が強く働きかけているものの、これが一向に進んでいかない現状があります。

要は、「イベルメクチンが新型コロナ対策に非常に有用である」ことが判明してしまうと「非常に困る連中がいる」ってことだし、現在世界各国で接種が進められている新型コロナワクチンが世界的にとてつもない規模の”利権”を生み出していることは深く想像するまでもない。
とても平たく言うと、「新型コロナ危機を通じて『天文学的な額のカネ』を儲けている連中がいる」ってことだし、世界的なコロナ危機そのものが、そうした(今回の未曽有のパンデミックを通じてさらに巨万の富を得ている)連中による”自作自演”(つまりは、全く新しいタイプの”戦争”)である疑いが極限まで高まってきていると言えるだろう。

この先も、数多くの「変異種」が生み出されていくことが予想されますが、「この(満を持して引き起こされた)世界的なコロナ危機を通じて、私たちの人間社会がどのように”変革”させられていくのか?」について、より注意深く見ていきたいと思います。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事