■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

笑福亭笑瓶さん(66)が急死…有名人の突然死がまた…!死因は「急性大動脈解離」と発表!→ネット上ではmRNAワクチンの影響を疑う声が噴出!

笑福亭笑瓶さん(66)が急死…有名人の突然死がまた…!死因は「急性大動脈解離」と発表!→ネット上ではmRNAワクチンの影響を疑う声が噴出!
Pocket

どんなにゅーす?

・2023年2月22日、落語家・タレントの笑福亭笑瓶さん(66)が急死したことが報じられた。死因は「急性大動脈解離」だといい、2015年にゴルフをプレー中に救急搬送され、その際の診断が「急性大動脈解離」だったという。

・芸能界から驚きと悲しみの声が上がる中、ネット上ではmRNAワクチンが引き金になったことを疑う声が噴出している。

落語家の笑福亭笑瓶さん死去、66歳 急性大動脈解離で22日午前に急死 数週間前まで元気な姿

落語家の笑福亭笑瓶さんが急性大動脈解離で22日午前に急死したことがわかった。所属事務所が認めた。66歳。

~省略~

近年は15年12月に同じ急性大動脈解離でゴルフのプレー中に倒れ、救急搬送されて約2週間入院したことがあった。現在はTBS系「噂の!東京マガジン」、読売テレビの「大阪ほんわかテレビ」でレギュラーを務めていた。俳優としても21年後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演した。

関係者によると入院などで療養していたわけではなかったという。先月22日に放送されたBSテレ東「ゴルフ交遊抄」にゲスト出演するなど元気な姿をみせていた。

【日刊スポーツ 2023.2.22.】

笑福亭笑瓶さん死去に芸能界悲しみの声 東国原英夫「信じられない!」 ラサール石井「なんということか」

~省略~

笑瓶さんの訃報に芸能界にも悲しみの声が広がっている。元衆院議員でタレント、東国原英夫(65)は同日、自身のツイッターで、「えっ?マジか?驚いた。信じられない!」と驚き。「仮に、本当なら、心からご冥福をお祈りいたします」と追悼した。タレント、ラサール石井(67)は「笑瓶ちゃんが。なんということか。また私より年下の人間が」と信じられないといった様子でツイート。

~省略~

【サンスポ 2023.2.22.】

わずか66歳で帰らぬ人に…次々と発生する有名芸能人の突然死の背後にmRNAワクチンが関係している疑いが大!

出典:テレ朝news

先ほど報じられた第一報を聞いて驚きました。
CMやバラエティー番組などで人気を博した笑福亭笑瓶さんが、わずか66歳で帰らぬ人となってしまったとのことです。
死因については、過去に患った大動脈解離が再発したと報じられていますが、言うまでもなく、mRNAワクチンが再発の引き金を引いたことが強く疑われます

mRNAワクチン接種によって引き起こされる代表的な疾患が血液系の病気であり、かねてより急性大動脈解離も、心筋炎などに続いて起こり得る深刻な疾患として挙げられてきた
ちなみに、厚労省は、mRNAワクチンと大動脈解離との関係性について、下のような文言を発表しており、ワクチン接種接種後に大動脈解離が発生した場合「ただの偶然である可能性がある」などと明確な因果関係を前もって否定している。

ワクチン接種後にくも膜下出血や急性大動脈解離が起きたと聞いたのですが、ワクチンとの関連はあるのでしょうか。

現時点において、ワクチンを接種した人の方が、接種していない人よりも、くも膜下出血や急性大動脈解離が起こりやすいという知見はありません。くも膜下出血や急性大動脈解離は、偶発的に起こりうることから、ワクチン接種後に起きた場合でも、それだけで、ワクチンが原因で起きたというわけではありません。

厚生労働省では、ワクチン接種後にくも膜下出血などが起きたという報告を公表しています。しかしながら、現時点において、日本で使用されている新型コロナワクチンで、ワクチンを接種した人の方が、接種していない人よりも、こうした重い病気が起こりやすいということが確認されたとの報告はありません。

ワクチン接種後に、くも膜下出血や急性大動脈解離が起きたという事例が報告されていますが、これらの病気はワクチンを接種しない人にもある程度の頻度で常に起こっています。多くの人がワクチンを接種しているので、偶然こうした病気がワクチン接種後に生じることもありえます。ワクチン接種後に起きた好ましくない出来事は、ワクチンと時間的に前後関係があっても、必ずしもワクチン接種のために起こった(因果関係のある)「副反応」というわけではありません。

重大な副反応が、ワクチン接種後に増えることがないかどうか、世界中で注意しながら評価が行われています。承認前に行った大規模な臨床試験だけでなく、承認後も継続的に安全性を確認しています。

~省略~

【厚生労働省】

明確な因果関係を否定しておきながら、”現時点”において、ワクチンを接種した人の方が、接種していない人よりも、くも膜下出血や急性大動脈解離が起こりやすいという知見はありません。」「”必ずしも”ワクチン接種のために起こった(因果関係のある)「副反応」というわけではありません。」などとしっかりとエクスキューズを付けているところが何とも汚いですし、こうしたQ&Aを発表しているということは、すなわち、mRNAワクチン接種がくも膜下出血や急性大動脈解離の引き金を引くということは大いにあり得るということなのでしょう。

ボクはこれまで、mRNAワクチン接種が「根本的な免疫機能の異常や血栓症を引き起こす危険性が大きい」ことを指摘しつつ「基礎疾患や持病を抱えている人ほど、急激な持病の悪化や再発を引き起こし、深刻な後遺症を発症したり急死するリスクが大きい」と疑ってきたけど、笑瓶氏の場合もまさにこれに当てはまっている。
特に、血管系の持病を抱えている人についてはより深刻な症状が発生するリスクが大きいし、芸能界の場合、一般職の人々と比べても、(個人的な健康リスクなどを完全に無視されたままに)半ば強制的にワクチン接種をさせられている現状があるとみている。

やはり、今回のケースもmRNAワクチン接種が持病の急激な再発を招いてしまった可能性がありそうですし、何よりまだまだ若くて元気な有名人が突然死亡するケースがあまりにも多すぎます

当サイトは、これまでもmRNAワクチンの危険性や健康被害の実態を注視し続けてきたけど、古谷一行さんの急死も極めて不自然で異様だったし、三遊亭円楽さんや水木一郎さんの死もmRNAワクチン接種による「ターボがん」であることが推測される。

●過去参考記事:
【一体なぜ?】俳優の古谷一行さんが急死…家族が病院に駆けつける間もないほどの体調急変で、死因も”不明”!事務所「予期せぬ出来事に見舞われてしまいました」

著名人の衝撃的な訃報が相次ぐ…三遊亭円楽さんは「肺炎が軽快し肺がん治療を再開した矢先のこと」、アントニオ猪木さんは「心不全」と報道 円楽さんの事務所は「大変急なことで対応に追われております」とコメント

C-C-Bのドラム&ヴォーカルの笠浩二さんが60歳で死去、死因は「脳梗塞」…「アニソンの帝王」水木一郎さん(享年74)に続き、ヒット曲を飛ばした人気歌手が相次ぎ逝去

いずれにしても、mRNAワクチンがますます様々な病気や感染症に罹りやすくなることを示す情報が次々と明らかになってきている中で、この先、有名芸能人の異様かつ不可解な急死がますます増えていくことになるのは間違いなさそうですね…。

================

この記事が「良かった」「共感した」「参考になった」「役に立った」と思ったら、カンパ(ご支援)いただけますと嬉しいです!

「note」を通じての支援(ゆるねとにゅーすイメージソングの購入…価格500円・税込・クレジットまたはモバイル決済)

楽曲の購入とは別に、クリエイターサポート機能を利用することで、100円~1万円までご支援いただけます。
楽曲を購入せずに、サポートのみ(100円~1万円)を行なうことも可能です。
サポート機能について詳しくはこちら




ウェブサイト支援サービス「ユグドア」を通じての支援(銀行振込)

10円~29999円まで、自由に金額を設定いただけます。(ユグドアについての詳しい情報はこちら

↓「ユグドア」を通じた当サイトへのご支援はこちらから。(希望する金額を入力して、画面の指示通りに進んでいくと、当サイトへのご支援ができます)

このページへチップを贈る


月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」のご購読(クレジット決済または銀行自動引き落とし)



およそ3日に一度配信(月10回)されるウェブマガジン「ゆるねと通信」や、管理人やキャラクターによる動画配信、不定期配信の会員限定記事などをお届けいたします。
金額は月500円~ご自由にお選びいただけます。
決済方法は、PayPalによるクレジット決済または銀行の自動引き落としです。

詳しくは「ゆるねとパートナーズ」のウェブサイトをご覧くださいませ。

サイトの存続と安定的な運営のために、ご支援をよろしくお願いいたします。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事