小川彩佳アナが報ステを卒業!涙ぐみながら感謝のメッセージを伝えた小川アナに、多くの惜しむ声!テレ朝への怒りの声も続々!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年9月28日、報道ステーションのサブキャスターを7年半務めてきた小川彩佳アナが最後の放送を迎え、涙ぐみながら最後のメッセージを伝えた。

・小川アナは「本当に無力感にさいなまれることばかりで…」と言葉を詰まらせながら、「意味のある言葉を紡ぐことの難しさを痛感する日々でしたが、それでも1人でも多くの方の心に届く言葉を模索し続けてこられたのは、取材先で出会った皆さまの温かさと番組を見てくれた皆さまの叱咤激励の声、あればこそです」と語り、視聴者に向けて深い感謝の言葉を伝えた。

テレ朝小川彩佳アナ「ありがとう」報ステ卒業で涙

~省略~

番組終盤、小川アナは「今日で最後の日ということになりました。11年の東日本大震災のあった直後の4月からサブキャスターを担当させていただいてまいりました。本当に無力感にさいなまれることばかりで」と語ると、感極まって言葉を詰まらせた。

その後は「意味のある言葉を紡ぐことの難しさを痛感する日々でしたが、それでも1人でも多くの方の心に届く言葉を模索し続けてこられたのは、取材先で出会った皆さまの温かさと番組を見てくれた皆さまの叱咤(しった)激励の声、あればこそです。不器用でいたらない点ばかりのサブキャスターだったと思いますが、7年半の間、見守ってくださり、本当にありがとうございました」と涙声で視聴者に感謝した。

また、スポーツコーナーを担当してきた寺川俊平アナウンサー(30)もこの日、番組を卒業した。

小川アナは10月からはネットテレビ局AbemaTVの報道番組「AbemaPrime」のキャスターを務める。小川アナは「報道ステーションと全く同じ時間帯の番組。テレビでは『報道ステーション』を見ていただき、スマホやパソコンではAbemaTVをのぞいていただけたらと思います。これからも同じ時間をすごさせてください」とPRした。

一部週刊誌では小川アナとメインキャスターの富川悠太アナ(42)との不仲説が報じられたが、25日に行われた定例社長会見で早河洋会長兼CEOが「事実ではない。風評の類い」と一蹴していた。小川アナの後任は元同局のアナウンサーでフリーアナの徳永有美(43)。

【日刊スポーツ 2018.9.28.】

日本の報道の劣化とメディア萎縮が著しい中、ついに小川アナが報ステを降板!ネットでは、この事態を悲しむ声とテレ朝への怒りの声が殺到!

出典:Twitter(@haruto_re2pect)

ついに、日本のテレビの中でも孤軍奮闘で頑張られていた小川彩佳アナが、報道ステーションを去られることになってしまいましたぁ…
あらかじめ分かっていたこととはいえ、いざ現実になると、とっても寂しいですねぇ…

ネットでも怒りの声が殺到しているけど、ほんとに、日本のテレビはどこまで劣化すれば気が済むのよっ!
このままじゃ、いよいよあらゆる番組がゴミくず同然の価値にまで下がりまくって、国民にとって何のためにもならない劣悪な情報に溢れかえる日も近いんじゃないかしら!?

このサイトでも、小川彩佳アナの勇気に溢れた珠玉の活躍ぶりは逐一伝えてきていたし、それだけに、ボクも本当に残念な気持ちだよ。

●過去参考記事:
【いいね!】報道ステーションの小川彩佳アナ「トランプさんを支持している人たちの声もきちんと取り上げたほうがいいと思う」

【カッコいい】報ステの小川彩佳アナが、昼食会で森友疑獄の当事者、財務省・武内良樹氏に容赦ない一言!「やましくないんですか!?」

報ステ小川彩佳アナが、またも珠玉コメント!「江崎大臣の発言は正論。日米地位協定の問題を喚起して、今後も覚悟を持って発言してほしい」

【頑張ってる】報ステ・小川彩佳アナが安倍総理に素朴な疑問をぶつける!「総理の演説を聴いていると、北朝鮮の危機を煽っているのではと感じてしまう」

「(福田氏は)はめられたとの声もある」の麻生発言に、報ステ・小川彩佳アナが怒りのコメント!「そういった声が予想されるから声を出せない。他の同じような被害に苦しんでいる人の傷口も広げた」

Twitterをざっと見てみても、いかに小川アナの、「長いものに巻かれず」に健気にジャーナリズムを追求し続ける真摯な姿勢に心を打たれていた人が多かったのか、その人気の高さがよく分かるよ。
そして、彼女の降板を心から惜しみ、悲しんでいる声に溢れているのと同時に、安倍官邸の意向を汲んで、報道ステーションを「劣化バラエティー」に変えようと企む早河会長が送り込んだ桐永洋チーフプロデューサーに対する怒りや抗議の声が大殺到しているよ。

ボクも、悔しさをにじませた小川アナの最後のメッセージに心を打たれたし、いかに、彼女が様々なもの(メディア界の腐敗)と戦い続け、様々な壁にぶち当たりながら、マスコミ業界の中で自問自答してきたのかがよく伝わってきたよ。

結局報ステは、今まで評判が良くなかった(従順なサラリーマンキャラの)富川アナが続投しつつ、ますます”低レベル化”に進んでいくんだろうけど、ネット上でも「もう観ない」との声も大量に寄せられているし、今後の視聴率がどうなっていくか、その番組内容についてもしばらく様子を見ていくとしよう。

小川アナの姿に癒やされ、元気づけられていた人がこんなにたくさんいたんですねぇ…!
私も誰よりも憧れの女性でしたしぃ、これからも、様々な圧力や嫌がらせに負けずに、持ち前の芯の強さと忖度のない力と温かみのある言葉を期待したいですぅ!

そして、小川アナが抜けた後の報ステが一体どんな感じになっていくのか、私も気をつけて見ていこうと思うわっ!

Pocket

 

 関連記事