「(福田氏は)はめられたとの声もある」の麻生発言に、報ステ・小川彩佳アナが怒りのコメント!「そういった声が予想されるから声を出せない。他の同じような被害に苦しんでいる人の傷口も広げた」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年4月24日放送の報道ステーション(テレビ朝日)にて、麻生財務相が「(セクハラ辞任の福田次官は)はめられたとの声もある」と放言したことに対し、小川彩佳アナが麻生大臣を強く批判した。

・コメンテーターの後藤謙次氏がこの件について解説している中、小川アナは「『はめられた』とか『ハニートラップ』とか、そうした声が予想されるからますます声をあげられない。他の同じような被害に苦しんでいる人の傷口も広げるような発言だと思う」と異例のコメント台本になかったような流れの発言だったことからも、ネット上でも話題になっている。

出典:Twitter(@wanpakutenshi)

”報ステの星”小川彩佳アナの異例の「怒りコメント」に、ネット上で共感の声が相次ぐ!

出典:IT虎の穴

さすが、以前から私たちも応援してきた小川彩佳アナねっ!!
麻生大臣の、人を食ってかかったような反省ゼロの放言と、「被害者」を「加害者」にすり替えるような悪質対応見事に一喝してくれたわっ!

ああ、ボクもリアルタイムで観ていたけど、富川アナのいつもの何とも煮え切らないようなはっきりしない様子「もう我慢ならない」と言わんばかりに、ズバッと現在の安倍政権の腐りきった”横暴さ”に、怒りの鉄槌を下してくれたね!

後藤謙次氏も、麻生大臣の「(福田前次官は)嵌められたとの声もある」という発言について、「被害者を加害者にすり替える悪質な発言」と痛烈に批判した上で「総理も外相も経験した権力者にもかかわらず、国際感覚がことごとく欠如している恥ずかしさ」と切り捨てていたけど、これも全くその通りだ。

いまだに、福田前次官の常軌を逸したセクハラについて「ハニートラップの被害者」だの「福田氏が気の毒」との、絶望的に洗脳されたような意見が目につくけど、いくらマスコミ側が若くて美人の記者を送り込もうと、マスコミ側に「取材対象の男性の油断を誘うような狙い」があったとしても、どんな形にしろ、福田氏が「胸触っていい?」だの「キスしてもいい?」などのセクハラ発言を記者に繰り返してしまった時点で、「完全にアウト」なんだよ。

もし、いくら女性の側が距離を縮めて来ようとしたとしても、それを上手にやり過ごすくらいの理性と頭脳を持つ人間でないと国の要職に就く資格はないし、それくらいの人物でないと、1億人以上の国民を抱える巨大な国家組織を守ることは出来ないということだ。

しかも、女性が「ダメです」と繰り返し拒絶しているにもかかわらず、あそこまでしつこくセクハラを繰り返しているんだものっ!
例えば前川さんだったら、同じような条件でも絶対にあんな発言しないだろうし、それを「若くてキレイな女性だったから」なんて理由で「福田氏が可哀想」とか「女性記者の方が悪い」だなんて、感覚がどうかしているとしか思えないわっ!

実際に手を強く握ってきて女性記者を抱き寄せようとしてきたり、「帰りのタクシーに一緒に乗り込もうとしてきて押し問答になった」との話を聞いても、福田氏が嫌がる女性に向かって一方的にセクハラしていたことが分かるし、以前より彼のセクハラは内部でよく知られていたにもかかわらず、事務次官という要職に起用した麻生大臣の責任は言うまでもなく重大で、一刻も早くに麻生氏をクビにする必要があるということだ。

そして、自身の欲望を抑えられずに多くのセクハラ被害者を生み出し、さらには多大な混乱を引き起こした福田前次官については、言うまでもなくしかるべき処分を行なって、退職金を減額させる必要があるんだけど…実のところ、何の処分もせずに辞職を承認してしまったことによって、退職金の減額は実質的に難しくなったとのことだ。

つまり、「退職金支給は保留」なんて言いつつも、実際はすでに満額支給になってしまう可能性が高くなってしまったってことなのね…。

ほんとに、あまりにもふざけた事態だけど、私たちも様々な雑音や誘導に惑わされずに、本質を見失わないように腐敗の”本丸”を叩いていかなきゃいけないわね!

そして、個人的には、報道ステーションは、サラリーマン気質が一向に抜けない富川アナをサブに下ろして、小川アナをメインキャスターにしてもらうことを強く要望するよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事