■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

自民・二階幹事長が、総裁選で菅総理を”全力支持”する方針を強調!二階「(菅総理を支持するのは)当然のこと、愚問だよ」→二階氏のゴリ押しで菅政権が延命され、”日本完全崩壊”へ!

自民・二階幹事長が、総裁選で菅総理を”全力支持”する方針を強調!二階「(菅総理を支持するのは)当然のこと、愚問だよ」→二階氏のゴリ押しで菅政権が延命され、”日本完全崩壊”へ!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年8月24日、菅総理のお膝元の横浜市長選で菅総理の側近候補が惨敗したことで「菅終焉」の空気が蔓延している中、自民・二階幹事長が9月に控える総裁選において菅総理を支持することを明言した。

・複数の自民議員が総裁選への立候補を示唆している中、二階氏は「『誰々では選挙を戦えない』というのは失礼な話だ」としたうえで、(菅総理を支持するのは)当然のことじゃありませんか。愚問だよ」と菅総理を全力でゴリ押し。菅総理による悪政・暴政の数々により多くの日本国民が窮地に陥っている中、国民から怒りの声が噴出している。

自民党総裁選 二階幹事長 菅首相の再選支持の考え 重ねて示す

~省略~

自民党の二階幹事長は24日の記者会見で、22日に行われた横浜市長選挙で菅総理大臣が支援した小此木元国家公安委員長が敗れたことについて「結果は謙虚に受け止めたい。敗因をよく分析し、きたるべき衆議院選挙に向けて、しっかりと経験を生かして戦えるようにしたい」と述べました。

~省略~

一方、来月末の任期満了に伴う自民党総裁選挙について二階氏は「予定どおり、たんたんとやるべきだということを当初から考えている」と述べました。

そして「菅政権は政府一体となって国民の命を守るという原点に立ってしっかり対応している」と述べ、みずからが率いる二階派の議員とともに菅総理大臣の再選を支持する考えを重ねて示しました。

また、記者団が「党内では菅総理大臣では衆議院選挙を戦えないという声が出ているが、どう考えるか」と質問したのに対し「党内にはいろんな意見がある。『誰々では選挙を戦えない』というのは失礼な話だ」と強調しました。

二階幹事長 あす菅首相と会談 今後の政治日程で意見交換

さらに二階氏は衆議院の解散時期について「その時の状況と菅総理大臣の判断次第だ」と述べ、25日に菅総理大臣と会談し今後の政治日程などをめぐり意見を交わすことを明らかにしました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.8.24.】

自民 総裁選 菅首相に対抗する候補者が名乗りあげるか 焦点に

~省略~

総裁選挙の日程は、9月17日に告示、29日に投開票を行う案を軸に検討されています。

菅総理大臣は23日に「時期が来れば、出馬させていただくのは当然だという考え方に変わりはない」と述べ、重ねて再選に意欲を示しました。

総裁選挙に向けては、菅総理大臣に対抗する候補者が名乗りを上げるかが焦点です。

高市前総務大臣や下村政務調査会長が立候補に意欲を示していますが、高市氏は党内の派閥に所属していないほか、下村氏は、所属する細田派の幹部らが菅総理大臣の再選を支持する考えを表明していて、いずれも立候補に必要な20人の推薦人の確保が課題となっています。

一方、去年の総裁選挙を争った岸田前政務調査会長は、みずからが率いる岸田派内から立候補を期待する声が出ていて、総裁選挙の日程が決まれば、速やかに態度を明らかにするとしています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.8.24.】

(中国共産党のエージェント)二階幹事長が菅総理を有無も言わせずごり押し!「二階&菅連合」によって、日本は完膚なきまで壊滅へ…

出典:YouTube

このタヌキ爺さん、ますます耄碌が進んでは本格的にとち狂ってきたみたいねっ!!
ここまで日本をズタボロにしては、重要な選挙でことごとく負けまくってきた菅総理をこの期に及んで全力支持するなんて…!
すでに日本そのものが「新型コロナウイルス列島」と化している中で、この先も菅政権が続いていくのなら、日本国民はじきに絶滅させられてしまうわっ!!

なんせ、菅総理以外で、総裁選への立候補に意欲を見せている自民議員の面々を見ても、見事なまでに(期待も望みもゼロの)ロクでもない輩ばっかりだし、そもそも、ここまで再起不能に近いまでに日本がボロボロになってしまっている中で、本気で総理をやりたい人間が誰もいないのだろう。
そうなれば、二階幹事長としては、何があっても(率先して自らが菅氏を総理に祀り上げた中で)菅総理を意地でもゴリ押しし続けては、自らの権力を一日も長くに維持しようとする方向に向かうのはある意味自然なことだし、あおいちゃんの言う通り、この「菅&二階コンビ」に日本を任せ続ける限り、いよいよ、日本は(中国共産党の完全な餌食となり)史上最悪の「デジタル監視共産主義社会」と化してしまう

うわぁ…。
言ってみれば、誰も菅氏の後釜をやりたくないほどに、日本がすでに本格的な壊滅状態に陥っているってことだし、グローバリストからの強い”命”により、「菅&二階コンビ」が既存の民主主義システムを完全なまでに死に至らしめたうえで、中国とそっくりの「ディストピア社会」がやってきてしまう未来がますます明確に浮かび上がってきたってことね…。

まだ、何らかのどんでん返しや騙し討ちなどがあるかもしれないけど、二階氏がこうした「菅ゴリ押し」を続ける限り、来月の総裁選は菅氏が再選されては、衆議院の任期満了の前に解散総選挙が行なわれる可能性が高そうだね。
いずれにしても、今回もまたグローバリストによる様々な国民騙しの情報操作や裏工作が行なわれるのは確実だし、この先の政情やマスコミの動きについて、より注意深くみていくとしよう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事