自民・宮沢洋一税調会長も加計理事長から献金授受!維新・片山共同代表、自民・下村氏らに続き、自・維と一心同体の加計学園!

Pocket

どんなにゅーす?

自民党の宮沢洋一税調会長の資金管理団体「宮沢会」が、加計学園の加計理事長から13年に22万円、14~16年に10万円を寄付を受け取っていたことが発覚。改めて、加計学園のマネーや人脈が自民党内部に深く食い込んでいる実態が明らかになった。

・加計学園からの献金については、維新の片山虎之助共同代表が13~15年に24万円を受け取っていたことが分かっている上に、自民の下村博文元文科相が多額の闇献金を受け取っていた疑惑も噴出しており、本人からの明確な説明もされていない状況

増税ラッシュの最中…宮沢自民税調会長にも加計献金疑惑

総務省が公開した2016年分の政治資金収支報告書によると、加計学園の加計孝太郎理事長が16年3月、自民党の宮沢洋一税制調査会長の政治資金団体「宮沢会」に10万円を寄付。「宮沢会」の収支報告書によると、加計理事長は13年に22万円、14年と15年にそれぞれ10万円ずつを寄付している。

加計学園側は、日本維新の会の片山虎之助共同代表にも13~15年に24万円ずつ寄付していたことが日刊ゲンダイの調べで分かっており、政界の隅々にまで“加計マネー”が染みわたっていることを物語っている。

【日刊ゲンダイ 2017.12.1.】

↓ネット上に出回っている(とても分かりやすいと評判の)加計疑獄の相関図。

出典:Twitter(@chilcochiko0121)

 

ネットで拡散中の「加計疑獄相関図」に追加すべき人物が登場!無名Fランク私大が政権与党と”一心同体”状態の異常!

新たに加計疑獄のメンバーに宮沢さんが仲間入りね。
政治資金でのSMバー通い疑惑以降あんまり存在感がなかった宮沢さんが、まさかこんなところで再び存在感を示すとは思わなかったわ。

いかに、加計学園が自民党のみならず、(自民の下請けの)維新とも一心同体の関係を築き、日本政府のあらゆる権力(官僚・議員・最高裁判官)に人脈とカネを行き渡らせているかを痛感せざるを得ない。
安倍総理の個人的な「腹心の友」だけで、ここまで日本政府を侵食させることが出来るのかというのも、非常に大きな疑問だし、改めて、この加計理事長(加計一族)というのは一体何者なんだろうね。

言い方を変えれば、世の中のほとんどの人が聞いたこともなかったような、まったく無名のFランク私学だったからこそ、国民にもあまり知られずにここまで政権と一心同体の関係を構築できたのかもしれないし、改めて、多角的な視点と観察眼を持ってして、この巨大疑獄を考察していくことが必要かもしれないね。

(安倍総理だけでなく加戸前愛媛知事や菅今治市長をはじめとした)日本会議と加計学園との関わりもまだまだ解明されていないし、この際、加計学園から献金を受け取っている議員さんを徹底的に炙り出して、加計学園と安倍政権、日本会議との「お金と人脈」を全て洗い出してみる必要がありそうね。

ああ。まだまだこの加計疑獄は、多くの見えざる面と、戦後以降日本社会に横たわってきた壮大な「闇ネットワーク」が隠されていそうだ。

おススメ記事&広告

 
Pocket