■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

三重県で40代女性が新型コロナワクチン接種後に死亡…2・3日後に子宮から出血し、5日後に突如呼吸困難に陥る!「副反応疑い」で厚労省が調査へ

三重県で40代女性が新型コロナワクチン接種後に死亡…2・3日後に子宮から出血し、5日後に突如呼吸困難に陥る!「副反応疑い」で厚労省が調査へ
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年4月27日に新型コロナワクチンを接種した40代の女性が、接種後5日後に死亡していたことが、一部地方メディアによって報じられた。

・女性は、子宮腺筋症の基礎疾患があり、接種後2・3日後に子宮から出血する症状が出た後、5日後の5月2日に突如呼吸困難の症状が発生。心肺停止で病院に運ばれた後に死亡が確認されたという。

・この事態を受けて、県は「副反応の疑いがある」として国に報告。厚労省が調査を行なう方針だという。

接種2,3日後に子宮から出血…ワクチン接種した40代女性が5日後に死亡 早朝に呼吸困難となり心肺停止

~省略~

県によりますと40代の女性は、4月27日に県内の医療機関で新型コロナウイルスのワクチンを接種しました。

女性は、接種直後にアナフィラキシーを疑う症状はなかったため、そのまま帰宅しましたが2、3日経って子宮から出血がありました。

5日後の早朝には突然、呼吸困難を訴えて心肺停止になり、その後搬送先の病院で死亡が確認されました。

女性には子宮腺筋症の基礎疾患があり、三重県はワクチン接種の副反応の疑いとして報告し、今後厚生労働省が因果関係を調べることにしています。

【Yahoo!ニュース(東海テレビ) 2021.5.14.】

出典:Yahoo!ニュース(CBCテレビ)

「やっぱり打ちたくない」との声が上がる一方で、「まだ因果関係がはっきり分からないのに不安を煽るな」との声も多数!福島原発事故直後とよく似た状況に…!

ワクチン接種後、新たに20~90代の男女20人死亡…累計39人に【読売新聞 2021.5.13.】

接種後に死亡、報告悩む医療機関…遺族は「国に伝えて」[コロナ最前線 ワクチン]

新型コロナウイルスのワクチン接種後に死亡した人を巡り、副反応の疑いがあるとして国に報告するかどうか、各地の医療機関は難しい判断を迫られている。

~省略~

旭川赤十字病院などによると、亡くなったのは同病院事務職員の40歳代男性。同病院では3月5日に医療従事者向けのワクチン接種が始まり、男性も3月19日に接種した。当日は体調に変化はなかったという。

だが、翌20日に体調が急変し、同病院に搬送されて死亡が確認された。死因は急性大動脈解離による心タンポナーデだった。

厚生労働省によると、ワクチンによる副反応が疑われる場合、診断した医師や病院は予防接種法に基づいて国に報告する必要がある。一方で、アナフィラキシー以外の重大な副反応については明確にわかっておらず、同省が定めた報告の基準では、「医師が予防接種との関連性が高いと認める症状であって、死亡したり、機能障害が起きたりした場合」などとなっている。

旭川赤十字病院によると、男性の死亡について、院内では複数の医師がワクチンとの因果関係を検証し、「過去のワクチンの症例などを踏まえて、因果関係はない」と判断。いったんは国への報告を見送った。

しかし4月22日、遺族から「国に伝えて、今後の研究に生かしてもらいたい」などと強い要望があったため、方針を転換して翌23日に死亡例として国に報告したという。

~省略~

【読売新聞 2021.5.9.】

副反応の半数が重い倦怠感や頭痛…ワクチン休暇制度は必須

新型コロナのワクチン接種で、医療機関からの副反応報告が激増している。

12日開催の厚労省厚生科学審議会の報告によると、副反応疑いは5560人にも上った。うち重篤者数は642人、死亡者数は39人と、先月30日に報告された死亡事例19人から、さらに増えている。男女別では、女性が約8割。年齢別では、本来、重篤化リスクが少ない20代から60代までと幅広く、最も多いのは40代だった。

これらはあくまでも、現段階では「副反応疑い」としての報告であり、ワクチン接種との因果関係は、長期間にわたっての研究と、最終的な厚労大臣認定が必要になる。現状、報告があったものはすべて因果関係は評価不能とされており、現段階では医療機関においても評価自体が難しい。

基礎疾患があれば、基礎疾患による死因の可能性がまず疑われる。基礎疾患がなく通院や入院中でもない場合は、死亡までの患者の病態の変化や背景などが不明瞭で、病理解剖も行われていない事例が多い。果たして因果関係は検証されるのだろうか。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.5.15.】

全国でファイザー社による新型コロナワクチン(mRNAワクチン)の接種が進められている中、これに伴って副反応疑いの報告や接種後の死亡者も増えてきております。
三重県では、40代の女性が接種後5日で呼吸困難に陥り死亡したことを受け、厚労省が因果関係の有無を調査する方針とのことですし、このニュースに対してネット上でも様々な声が沸き起こっています。

「4月に接種した40代女性」ということは、医療従事者ということだろうし、一体何が原因で急死してしまったのか、とても気になるね。
上の読売新聞の記事でも、「アナフィラキシー以外の重大な副反応については明確にわかっておらず」と報じているけど、まさに「これ」が新型コロナワクチンの実情であり、いってみれば「接種後に何が起こるのか分からない」ということだ。

そもそも、ファイザーの新型コロナワクチンについて、テレビやネット上でも「安全性は極めて高い」としきりに喧伝されているけど、それなら、なぜわざわざ「重篤な副反応反応が出た場合、一切補償を行なわない」という契約を国と結ばせる必要があるのだろう?
「極めて高い安全性がある」のなら、接種した市民に重篤な副反応が出た場合、グローバル製薬企業がしかるべき補償を行なうことを約束するはずだし、これ自体が「壮大な矛盾」であり、個人的には「後で重篤な副反応が出ることを前提としている」ようにしかみえないんだけどね。

全くその通りだと思いますが、ネット上の声をみてみますと、「ますます打ちたくなくなった」との声が出ている一方で、「まだ因果関係がはっきりしていない段階で無用な不安を煽るな」といった声も大量に発生しており、まさしく、福島原発事故の時と非常によく似た流れになってきております。

個人的に気になるのは、福島原発事故の際には「放射性物質の危険性」を訴えながら政権を強く批判していた人々の間でも、ワクチンについては「不安を煽るな」の側に加わっているケースが見られることだ。
冷静に状況をウォッチし、分析する限り、mRNAワクチンを接種すること自体に「かなり重たいリスク」があるのは明白なのではと思うんだけど…こうした意見を発している人々について、「反ワクチン派」「ワクチンが危険と信じるおかしな陰謀論者」みたいなカテゴリーを作り出しては、出来るだけ多くの日本国民(日本に限らず世界各国でも)にワクチンを打たせようとする非常に壮大な世論誘導や洗脳が激化しているようにみえるね。

新型コロナワクチンが実用化される前は、大手の世論調査においても多くの国民がワクチン接種に後ろ向きな考えを持っている数字が出ていたように記憶していますが、なんだか、あっという間にこの風向きが変わってしまった感がありますね。

いってみれば、新型ワクチンにおいても、ワクチンの危険性を訴える”役割”を「おかしな人々」「胡散臭い集団」にやらせることによって、「”こうした連中”が危ないと言ってるってことは、このワクチンは安全だ」という方向に世論誘導することに成功してしまった感がある。
これも、グローバリストによるお得意の洗脳の手口だし、個人的には、この先、ますます「様々な副反応疑いや新たな症状」が出てくることについて強く懸念している。

いずれにしても、まず、1%の巨大資本家勢力や大手マスコミ、菅政権に対する”信仰心”を完全に捨て去ることが必要だし、連中によるありとあらゆるマインドコントロールや世論誘導に引っ掛かってしまわないように細心の注意を払っていかないと、もはや自分自身の命や健康すらも守ることが出来ない時代に突入してきているといえそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事