■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【やはりこうなった】眞子さまと小室圭氏、記者会見を事実上”中止”に!カメラの前で「お気持ち表明のみ」行ない、マスコミからの質問は全て文書での発表に!

【やはりこうなった】眞子さまと小室圭氏、記者会見を事実上”中止”に!カメラの前で「お気持ち表明のみ」行ない、マスコミからの質問は全て文書での発表に!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年10月26日に予定されていた、眞子さまと小室圭氏の結婚記者会見について、宮内庁が事実上の中止を決定二人はカメラの前で「気持ちを表明するのみ」で、マスコミからの質問については全て文書で発表することになったという。

・宮内庁はこのような”異例の対応”を直前に決めた理由として、「眞子さまは、誤った情報が事実であるかのような印象を与えかねない質問に衝撃を受け口頭で質疑応答することに強い恐怖と不安を感じたため、不可能と判断した」と説明。この事態に対し、ネット上では様々な声が上がっている。

眞子さま、26日結婚 「小室眞子さん」として夫婦で会見へ 質問5問に「強い恐怖と不安」感じ文書回答に 

秋篠宮家の長女眞子さまは26日午前、婚約内定者の小室圭さんと結婚され、皇族の身分を離れる。午後に民間人の小室眞子さんとして夫妻で記者会見に臨む。宮内庁は25日、会見は冒頭で2人が気持ちを表明するのみで記者の質疑応答から文書回答に変更すると発表した。結婚式や披露宴も行わない。眞子さまは女性皇族の結婚関連儀式も行われないが結婚発表の記者会見も異例の形となる。

秋篠宮家の側近部局トップの加地隆治皇嗣職大夫によると、会見に向けて事前に宮内記者会と日本雑誌協会、日本外国特派員協会から計5問の質問を受けたが、「眞子さまは誤った情報が事実であるかのような印象を与えかねない質問に衝撃を受け、口頭で質疑応答することに強い恐怖と不安を感じ、不可能と判断した」と質疑応答を回避する理由を説明。医師とも相談して決めたという。

~省略~

【東京新聞 2021.10.25.】

眞子さま会見、小室さんへ衝撃的に厳しい質問の予定…質疑応答中止、「不誠実」批判も

~省略~

26日の会見では、新聞やテレビなど主要メディアが加盟する宮内庁の記者クラブ・宮内記者会から3問、日本雑誌協会から1問、日本外国特派員協会から1問、事前に宮内庁へ提出して了承された質問が行われる。

「結婚や米国渡航に関する“今のお気持ち”を尋ねるような差し障りのない質問に加え、小室さんの金銭トラブルや留学の際の皇室利用疑惑、さらには佳代さんの不正受給疑惑など、かなり突っ込んだ内容の質問も入っていると聞きます。宮内庁としては、差し障りのない質問だけの“シャンシャン会見”で終わらせては、かえって世論から批判を浴びて逆効果になる恐れもあり、“最後のケジメ”をお2人につけていただくという意味合いもあるでしょう。

一方、これまで公の場で直接、ご自身の言葉で語る機会がなかった小室さんとしても、さまざまな疑惑についてきちんと説明ができる良い機会でもあり、一連の報道やバッシングに対して、小室さん、そして眞子さまがどのようにお答えになられるのかが注目されています」(メディア関係者)

~省略~

【Businessjournal 2021.10.25.】

結婚会見前日に、突如宮内庁が「記者会見取りやめ」を発表!Yahooコメント欄はAIによって自動封鎖される!

出典:NHK NEWS WEB

やっぱり、最後は「こういうことに」なってしまいましたか…。
様々な問題が発覚した当初は、秋篠宮様も「多くの国民が納得し祝福する状況になるまでは、結婚を認めることは難しい」とおっしゃっていたけど、終わってみれば、最後は”それ”と最も程遠い状況になってしまったわね。

もう、このようになってしまった以上どうしようもないし、国民の力でどうこうすることは非常に難しい状況だね。
中でも問題なのは、 この件を機に、Yahoo!コメント欄がAIによる「恣意的な判断」によって強制的に封鎖できるシステムが導入されてしまったのをはじめとして、1%の権力層にとって都合のよい情報統制や言論封鎖の機運がさらに一層進んでしまったことだ。
これはまさに、グローバル資本勢力が強力に推し進めてきた「デジタル奴隷監視システム」の深化そのものであり、今の日本の皇室もこうした「グローバリズムの大波」に飲まれつつある現実を肌で感じているところだよ。

皇室の秩序や品位の維持のために多くの血税が投じられている以上、国民がこの件について様々な疑念を持ったり自由に批判をすることはある意味では当然のことですし、新型コロナワクチンや先の米大統領選ともほとんど同じように、1%の権力層にとって不都合な情報を片っ端から「デマ・誹謗中傷」として機械的に排除することがますます当たり前の世の中になってきたわね。

古くは、ケネディ暗殺事件の時に流布された民衆洗脳工作とも多くの共通点を感じるし、全ては、「グローバル支配層にとって都合が悪い情報」を「デマ・誹謗中傷・頭のおかしい陰謀論」として、嘲笑したり片っ端から排除する動きだ。
前から述べてきたように、ボク自身は、この前代未聞の一連の騒動について、そのバッグにグローバル資本勢力が控えていることを強く疑ってきたけど、やはり、結果としてますますそれを強く疑わざるを得ない状況になったし、この先、より顕在化していくことが確実な「皇室に関する一連の問題」とそれらと密接に繋がる「日本社会の秩序の崩壊」について、非常に強い懸念を持っている。
ひとまずは、予定されている「お気持ち発表」の様子を見たいと思うけど、状況によっては、更なる大混乱や批判の渦が巻き起こりそうな予感だね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事