■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【大荒れ確実】ジャーナリストが小室氏の母親を「詐欺罪」で東京地検に刑事告発!元婚約者の男性はコメントを発表!元婚約者「どうしたら良いか苦慮しているところです」

【大荒れ確実】ジャーナリストが小室氏の母親を「詐欺罪」で東京地検に刑事告発!元婚約者の男性はコメントを発表!元婚約者「どうしたら良いか苦慮しているところです」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年10月6日、一部報道によると、あるジャーナリストが眞子さまとの結婚を間近に控えている小室圭氏の母親を、遺族年金や傷病手当金を不正に受給した「詐欺罪」で刑事告発したという。

・また、小室氏母との金銭トラブルを抱えている元婚約者の男性がコメントを発表小室氏側が提示した”解決金”について、何の進展もないことを明かしたうえで、「どうしたら良いか苦慮しているところです」と心境をつづっており、ネット上ではこれまで以上に2人の結婚に反対する声が大きく強まっている。

小室佳代さん「詐欺罪」で刑事告発 2つの不正受給疑惑は最終局面へ

秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの結婚会見が10月26日に迫るなか、10月6日、小室さんの母・佳代さんが詐欺罪で刑事告発された。あるジャーナリストが東京地方検察庁に告発状を提出したのだ。

「告発状は、受け取りが拒否されることもありますが、今回は拒否されてはいないので、第一関門は突破しています。次の関門は受理されるかどうか。受理されれば、本格的な捜査が始まることになります。眞子さまの“フィアンセ”の母親が捜査対象になれば、前代未聞の事態です」(全国紙記者)

そもそもなぜ、佳代さんは刑事告発をされるにいたったのか。そこには2つの大きな疑惑がある。まずは遺族年金の不正受給疑惑だ。

佳代さんは夫の敏勝さんを2002年に亡くし、その後は遺族年金を受給してきた。しかしその間、元婚約者のAさんから金銭的なサポートを受けていた期間がある。

「佳代さんはAさんと婚約していました。当時、彼に送ったメールの中で、“夫の遺族年金を受け取っている間は、Aさんと事実婚状態であることは秘密にしてほしい”といった主旨の内容があったことが報じられています。夫との死別後に別の男性と生計を共にするようになれば、遺族年金の受給対象から外れます。しかし佳代さんは、Aさんから援助を受けながら遺族年金も受け取るべく、事実婚であることを隠し通そうと、Aさんに口止めを促すメールを送っていたというのです。さらに、Aさんとは別の時期に、彫金師の男性と同棲しており、それが内縁関係に当たるのではないか、であれば、その期間もまた遺族年金の不正受給に当たるのではないか、と告発されています」(皇室記者)

もう一つは、傷病手当金の不正受給疑惑だ。佳代さんは老舗洋菓子店の正社員として働いていた2018年頃、“適応障害”を理由に、勤務を休んでいた時期がある。

~省略~

【NEWSポストセブン 2021.10.8.】

小室圭さんの母親の元婚約者がコメント発表

秋篠宮家の長女・眞子さまと今月26日に結婚する小室圭さんの母親の元婚約者がコメントを発表しました。

いまだに私と小室佳代さんとの間にある金銭問題が世の中をお騒がせしていることについて大変申し訳なく思っております。

~省略~

その後、圭さんの文書の公表や解決金の提案など、予想しなかった事態が進展し、再び交渉をする事になっています。佳代さんからの解決金の提案については、体調の問題もあり進展はありません。

そんな中、佳代さんの代わりに圭さんが提案したいという旨を上芝弁護士から受け取りました。私は圭さん本人の意思を伝えてくださいとお願いしていますが、いまだに届いていない状況です。もともと佳代さんと私の間の問題に圭さんを巻き込むことは避けたいという気持ちがありました。

~省略~

佳代さんの体調が回復するまで待つつもりでありましたが、結婚を控えた圭さんの気持ちを無視するわけにもいかず、どうしたらよいか苦慮しているところです。

~省略~

【Yahoo!ニュース(日テレNEWS24) 2021.10.10.】

小室氏母と元婚約者との金銭トラブルの進展がない中、ジャーナリスト男性が母親を「詐欺罪」で東京地検に刑事告発!

出典:Wikipedia

いよいよ眞子さまと小室さんの結婚が間近に迫ってきた中、前代未聞の壮絶な事態になってきたわね。
小室さんのお母さんと元婚約者との金銭トラブルに全く進展がないことが明らかになった中、今度は、ジャーナリストの男性がお母さんを詐欺罪で刑事告発したことが報じられたわ。

これは、結婚会見が近づくにつれて、かつてなかったほどの凄まじい”大嵐”が吹き荒れることは確実になってきたね。
(この元婚約者男性の行動や対応については色々と疑問に感じるところはあるけど)ここまで様々な問題を抱えている上に反社会勢力との関わりも伝えられている中で、眞子さまが小室氏の母親に異様なまでに深く心酔し傾倒しているのは、非常に不思議で不可解だし、やはり、一連の騒動の裏に(皇室のブランドイメージや伝統を壊し、日本のさらなる私物化と既存の社会システムを壊そうとしている)「黒幕」がいるように思えてならない。

前にも軽く触れたけど、小室さん一家を以前より支援してきた台湾出身で米国在住の女性弁護士の存在が何とも気になるし、やっぱり、一連の動きの背後に常にグローバル資本勢力の影が見え隠れしているわ。

~省略~

「弁護士の資格を取得すれば世間に認められ、眞子さまとの結婚も実現できるー。
そうした小室さんの並々ならぬ自身の陰には、小室さんの“アメリカの母”を自認する女性の存在があるようなのです」(皇室ジャーナリスト)
「ロサンゼルス在住の国際派弁護士立川珠里亜(じゅりあ)氏(71)です。
本人のインタビューによると、4歳の時に台湾から移住。日本国籍を取得して立川姓になったそうです。日・英・中の3ヶ国語を操る国際派の辣腕弁護士です。立川氏はICU(、国際基督教大学)出身で、眞子さまと小室さんの先輩でもあります。小室さんとは12年にロスへ留学した際に面倒を見て以来の付き合い。
小室さんは秋篠宮様にはほとんど連絡を入れてないが、立川氏には留学の状況をきちんと報告。彼女のアドバイスには素直に従うという。
なぜなら小室さんにとって立川氏は憧れの人物。国際派弁護士を目指すようになったきっかけにもなった。「奥野法律事務所」を紹介したのも立川氏。(皇室ジャーナリスト)

~省略~

立川氏は内親王である眞子さまを何度も`彼女”と呼んでいた。日本の皇室の事情を十分に理解しているのだろうか。

立川氏は、小室さんから眞子さまを紹介されているという。

「彼女ね、雨の中走ってきて、普通に電車に乗って。お煎餅も買ってきてくれた。あんなに素直でまっすぐで良い女性って、いないと思いますよ。

私だってうちの娘に、ああいうふうになってほしいというくらい私は感激しました」

~省略~

【Nokonote 2021.5.10.】

例えば、敗戦直後にGHQの主導により現・上皇陛下の家庭教師の任に就いたエリザベス・ヴァイニングは、ロックフェラー3世らの意向に従い、(映画などの様々な媒体を用いて)グローバリズムの思想を徹底的に吹き込もうとしたことが伝えられているし、かねてよりグローバル資本勢力は、日本の皇室に強い脅威の念を持っては、陰に陽に様々な工作を通じて、日本の皇室の破壊やグローバリズム化を推し進めることで、日本国民や社会そのものを完全に私物化しようとしてきたことは厳然たる事実だ。

このまま眞子さまと小室氏が結婚し、ニューヨークで新生活を送るようになれば、宮内庁(秋篠宮家)から「闇カネ」が流れては、さらには「皇室のグローバリズム化」がどんどん進んでいくのは確実だし、こうした「皇室のグローバリズム化」は、コロナ危機を利用してグローバル資本勢力が地球規模で推し進めている「グレートリセット」や「ニューノーマル」の一部にガッチリと組み込まれていくことになるはずだ。

小室さんのお母様が、なぜだか、ヴァイニング夫人と重なる部分があるように思えてしまうし、この問題を深く知ろうとすればするほど、不可解で不自然な点や、何とも奇妙な”謎”が浮かび上がってくるわ。

今回の告発状を検察がどのように対応するのか分からないけど、小室のバックにグローバリストが付いているのであれば受理される可能性は低そうだし、この先この国は一体どうなっていくのか
結婚会見の当日まで何が起こるが分からないけど、とにかくも、この先の展開を固唾をのんで見守っていくしかなさそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事