野党統一会派・馬淵澄夫元国交相が交通事故で重傷!骨折と腸損傷で入院!山本太郎氏と「消費減税」勉強会立ち上げの矢先に…

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年11月4日、旧民主党で国交相を務めた野党統一会派所属の馬淵澄夫議員が、奈良県内の山中で交通事故に見舞われ、左手首骨折と腸損傷で全治1か月の重傷を負った。

・報道によると、馬淵氏は、妻が運転する車で奈良県内の国道を走行中、進行方向左のがけの擁壁に衝突。妻が119番通報し、馬淵氏はドクターヘリで、軽傷を負った妻は救急車で病院に搬送されたという。

馬淵氏は、先月にれいわ・山本太郎代表とともに、消費減税を実現させるための勉強会を立ち上げており、ネット上では様々な推測や馬淵氏の容態を案じる声が上がっている。

馬淵元国交相 交通事故で大けが

衆議院比例代表近畿ブロック選出で立憲民主党などの会派に所属する馬淵元国土交通大臣は4日、奈良県で乗っていた乗用車が道路脇の擁壁に衝突し、腸を損傷するなどの大けがをして入院しました。馬淵氏の事務所によりますと、命に別状はないということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.11.5.】

馬淵元国交相が重傷=妻運転の車が単独事故―奈良

~省略~

馬淵議員は命に別条はないものの、術後の検査などのため県立医大付属病院の集中治療室(ICU)に入院している。

関係者などによると、事故は4日午後2時45分ごろ、上北山村西原の国道で発生。馬淵議員の妻(56)が運転する普通乗用車が進行方向左側のがけの擁壁に衝突した。妻が119番し、馬淵議員はドクターヘリで、妻も救急車で救急搬送された。妻も肋骨(ろっこつ)にひびが入る軽傷を負って入院した。
2人は三重県内で政策アドバイザーと面談した後、奈良市内の自宅に帰る途中だった。

【時事通信 2019.11.5.】

あまりに絶妙なタイミングでの「衝撃事故」のニュースに、ネット上でも様々な推測が飛び交う!

出典:YouTube

旧民主党時代に国交相を務めた馬淵澄夫議員が、奈良県上北山村西原の山中で交通事故にあい、ドクターヘリで病院に運ばれる事態になりました。
報道によると、奥さんが運転する車が単独事故を起こし、馬淵議員が乗っていた助手席側ががけの擁壁に衝突し、大破。
馬淵議員は左手首の骨折と腸を損傷し、全治1か月の重傷で入院中とのことです。

報道では、「妻のわき見運転が原因」と報じられているけど、これまでも、石井紘基議員をはじめとして、国民のための政治を実現させようとした愛国的な政治家が暗殺される事例が実際に起こっている以上、様々な背景や裏事情を疑うような声が出てくるのはある意味当然のことだ。
今回は、事件性がない(単なる偶然である)ことを祈りたいところだけど…何と言っても、馬淵氏は先月に、山本太郎氏とともに野党全体における「消費減税の公約実現」のための勉強会を立ち上げた議員のうえに、自らの信念で企業献金を一切受け取らないスタンスを徹底している、今の日本の中では貴重な良識派の議員の一人だ。

しかも、この勉強会に予想以上に多くの参加者と反響があり、多くの野党議員が消費減税に関心を持ち始めている中での出来事ですからね…。
この先の野党間の消費減税をめぐる「あらゆる動き」について、気をつけてみていく必要がありそうです。

いずれにしても、日本の政界や社会全体において、かなりの段階までグローバリズムが進んでしまっている中で、「真に国民に寄り添う政治」を実現させるには、かなりの困難や障害が待ち受けているのは確実だし、ボクたち国民には、野党の議員に対しても「本物(良識ある愛国政治家)」「偽物(グローバリストの傀儡政治屋)」を見極めていく力が求められることになるだろう。
馬淵氏のケガが命に別条がない状態で本当に良かったけど…(全ての良識派の野党議員ともども)今後はより一層、様々な災難や障害に気を付けてほしいと思うよ。

Pocket

 

 関連記事