【嘘まみれ】厚労省の「勤労統計捏造」、18年9月にも虚偽報告!データの不自然さを外部から指摘されていた中で!

Pocket

どんなにゅーす?

厚労省によって長年にわたって毎月勤労統計が捏造されていた件について、2018年9月に行なわれた総務省統計委員会の中で、「データの変化に不自然な点がある」との指摘があった際に、厚労省の担当者が「全数調査を行なっている」と虚偽の報告をしていたことが判明。組織ぐるみで国の基幹統計の捏造工作が行なわれていた疑惑がさらに高まってきている。

統計不正、昨年9月にも虚偽報告
厚労省担当者、総務省統計委で

毎月勤労統計の不正調査問題を巡り、2018年9月の総務省統計委員会の場でデータの変化が不自然であるとの指摘を議論した際、厚生労働省の担当者が不正調査の事実を隠蔽した疑いのあることが21日、分かった。不正調査の影響が不自然さの一因であるのに虚偽の報告をした。

厚労省は全数調査から抽出調査に変更した04年や、全数調査に近づけるための統計上の処理を行った18年1月時点でも、総務省に報告せず、全数調査を今後も続けるなどと虚偽の内容を報告。18年9月の統計委でも同様に、全数調査していると、事実に反する説明資料を提出していた。

【共同通信 2019.1.21.】

 

「息を吐くように嘘をつく」日本のトップによって、日本政府の隅々にまでウソが蔓延!こうして国家や社会は崩壊する

出典:Wikipedia

今回のニュースもまるで耳を疑うような内容だけど、次から次へと、安倍総理を筆頭にした日本政府の大ウソが発覚し続けている状況だわっ。
一体この国はどうなっちゃっているのよっ!!

ここまで重大な犯罪レベルの捏造が組織ぐるみで横行していた可能性が高まっているんだから、言うまでもなく、組織のトップがしかるべき責任を取り、特捜などの捜査機関が本格的に全容解明に動き出すような事態であるはずなんだけど…これでもウヤムヤにして放置し、真相を闇に葬ってしまえば、いよいよ本格的に(ジム・ロジャーズ氏も言っているように)日本国家の崩壊と終焉が加速していくだろうね。

とにかく、はっきりと言えることは、日頃から嘘や捏造、ヤラセやイカサマが大好きな安倍総理が強大な権力を持ち、これによって、マスコミや警察・検察(特捜)もが安倍界隈の不正やデタラメ、犯罪などを追及したりメスを入れることが出来なくなってしまったせいで、日本政府内において「倫理感の崩壊」がもの凄いスピードで進行しており、末端の政府関係者まで、(安倍総理の真似をしながら)良心の呵責も捨て去り、平気でウソをつくようになってしまってきているということだ。

元来より、民衆を支配している権力側(政治家や官僚)は、多かれ少なかれ民衆に対してウソをつくものだけど、日本国民も、日頃からの(歪められた)教育システムやマスコミ洗脳などによって、「権力というのはそもそもウソをつくもの」「大手マスコミは権力の一部」といった意識があまりに希薄で、「権力のウソを厳しくチェックし、選挙によって厳しい審判を下す」といった、民主主義における「大原則」の意識をあまりに忘れてしまっていたかもしれないね。

今の段階でこれらの「本来の国民の務め」を思い出さない限り、いよいよ、ボクたち国民にとっても本格的な破滅と危機が襲ってくることになるだろう。

「嘘つきは戦争の始まり」っていう宝島社の広告が大きく話題になったけど、まさしく、この国は戦争前夜どころか、すでに戦争に近い状態に突入しかかっているってことね…。
たったの数年間で、日本政府の姿が劇的に悪い方向に変わってしまったし、私たちもこの国が「すでに平時ではなくなってきている」ってことをしっかりと認識した方が良さそうだわ…。

Pocket

 

おススメ記事&広告