■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【狂気の国】組織委主導の「東京五輪子ども動員計画」、1日2万人・最大128万人に上ることが判明!野党議員が中止を求めるも、萩生田文科相は「私が『やめろ』という性質のものではない」と初めから責任放棄!

【狂気の国】組織委主導の「東京五輪子ども動員計画」、1日2万人・最大128万人に上ることが判明!野党議員が中止を求めるも、萩生田文科相は「私が『やめろ』という性質のものではない」と初めから責任放棄!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年5月31日の参院決算委員会において、共産・吉良よし子議員が、東京五輪組織委が主導する「学校連携観戦(子ども動員計画)」において、1日およそ2万人、最大128万人に上る子どもたちを五輪観戦に動員させる計画があることを指摘。コロナ感染症や熱中症などの重大な危険に子どもたちが晒される可能性があるとして中止を求めた。

・これに対し、萩生田文科相は「私が『やめろ』という性質のものではない」と答弁し、真剣に対応する気が無いことを明言。ずさんなコロナ感染対策のまま大量の子どもたちが半強制的に動員される見通しの上に、これを口実に新型コロナワクチンを接種される危険性もある中、多くの国民から怒りの声が上がっている。

子ども動員 1日2万人
東京五輪 吉良氏が撤回迫る

日本共産党の吉良よし子議員は31日の参院決算委員会で、東京五輪・パラリンピックの観戦に子どもを動員する大会組織委員会の計画をめぐり、競技によっては参加予定者が1日平均2万人超に上ると述べ、新型コロナウイルス感染拡大や熱中症の危険があるとして撤回を迫りました。

吉良氏は、組織委が主導する「学校連携観戦」は全国で最大128万人を動員する計画で、東京都だけで90万人が対象になっていると指摘。「これだけの子どもをコロナ禍に移動させ、会場に集中させるのか。仮に無観客開催となった場合、連携観戦はやめるのか」とただしました。

~省略~

会場の最寄り駅が「密」になる可能性や、子どもへの感染力が強い変異株の広がり、熱中症などの危険を指摘し、「観戦でクラスターが起きたら誰が責任をとるのか」と批判しました。

~省略~

萩生田光一文部科学相は「私が『やめろ』と言う性質のものではない」と背を向けました。

【しんぶん赤旗 2021.6.1.】

菅政権が「陰性証明」提示で五輪に観客入れる無謀計画! 128万人子ども動員も萩生田文科相が「やめろとは言えない」

~省略~

しかも、背筋が凍るのは、菅政権はこの東京五輪・パラリンピックに子どもたちを動員する計画を止めようともしていない、ということだ。

本サイトでは繰り返し言及してきたように、東京都は東京オリパラの競技観戦に都内の幼稚園児や小・中・高校生など約81万人を動員しようと計画。だが、これは都内のみの人数で、全国で128万人もの子どもたちが動員されることになるのだ。

実際、本日おこなわれた参院決算委員会では、日本共産党・吉良よし子参院議員が「国立競技場でおこなわれるパラ陸上競技の観戦予定者は1日で平均127校、2万1798人の子どもたちが一同に集結するという計算になる」と指摘し、「クラスターが発生したら一体誰が責任をとるのか」と追及したのだが、答弁に立った萩生田光一文科相は「組織委員会にて検討がなされるものと認識している」と言い、こうつづけたのだ。

「これ、私がやれとか私がやめろって言う性質のもんじゃないと思うんで。(組織委が)適切に判断されると思います」

つまり、菅政権はザルの対策だけで観客を入れた開催にアクセルを踏んでいるというのに、萩生田文科相は子どもたちが東京五輪に動員されてそこで感染が起こったとしても政府に責任はない、という態度を示したのである。

~省略~

【リテラ 2021.5.31.】

やってることは大日本帝国や中国、北朝鮮と同じ!純粋無垢な子どもたちの健康・生命を脅威に晒しながら「ウソと裏金にまみれた1%のカネ儲けのための東京五輪」を強行的に盛り上げ!

出典:東京五輪組織委

東京五輪の「狂気の本質」がまた一つ明らかになりました。
大会観戦に全国の子どもたちを動員する計画があることはすでに伝えましたが、その数はなんと1日およそ2万人、最大で計128万人に上ることが判明。
共産・吉良よし子議員がこの狂気の実情を明らかにしつつ、中止するように強く求めましたが、菅政権はこれを拒否
萩生田文科相は、「私が『やめろ』と言う性質のものではない」などと冷淡に言い放ち、改善する気が根底から全くないことを明らかにしました。

簡単に言えば、やってることは大日本帝国や中国、北朝鮮と全く同じであり、要は、純粋無垢な子どもたちをダシに使う形で、「大量のウソ・フェイクと裏金にまみれた1%の腐ったカネ儲けと権力強化のための東京五輪」をどうにかして強引に盛り上げようとしているわけだ。
こうした、極めて犯罪色が色濃く反社会的な性質を持つ東京五輪に子どもたちを関わらせることそのものが、教育上非常にまずいし、ただ単に半強制的に動員するだけにとどまらず、あまつさえ新型コロナ感染症や熱中症に罹る危険をはらんでいるというのだから、これ以上ないほどの最悪さだ。

おまけに、「東京五輪の観戦」を口実に、動員される子どもたちが優先的に新型コロナワクチンの接種を促される可能性もありますし、まさに、1%の支配層による「狂気の金儲け&権力強化」のために日本の子どもたちが餌食になってしまう危険が高まってきています。

本当であれば、全国の親御さんがこの事態に最大級の危機感を感じて大々的に抗議運動を起こす必要があるはずなんだけど…今のところ、そこまで大きな声をあげている様子がみられないし、大多数の国民が(製薬会社側が「重篤な健康被害が出ても一切補償しない」と明言している「人体実験ワクチン」について)心待ちにしてしまっているような状態だからね…。

いくら東京五輪に反対している国民が多数といえども、結局は、(1%のグローバル支配層にいいように抑えつけられるような形で)最終的に東京五輪を許してしまいそうな雰囲気になっているし、事態は(ボクが心配している通りに)どんどんとまずい方向に進んでしまっているようにみえるね…。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事