■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【グチャグチャ】今度は、五輪開会式演出のトップ・小林賢太郎氏による「ユダヤ人虐殺揶揄」発覚で大炎上!→ユダヤ系団体が抗議声明を発表し、組織委が解任を発表!

【グチャグチャ】今度は、五輪開会式演出のトップ・小林賢太郎氏による「ユダヤ人虐殺揶揄」発覚で大炎上!→ユダヤ系団体が抗議声明を発表し、組織委が解任を発表!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年7月22日、東京五輪開会式の前日に控えた中、今度は、開閉会式演出のトップを務める元ラーメンズ・小林賢太郎氏が、ナチスによるユダヤ人虐殺(ホロコースト)を揶揄するコントをしていたことが発覚し、炎上ユダヤ人権団体が抗議声明を発表したことで、組織委が小林氏の解任を決定した。

小林氏は98年のコントにおいて、人の形に切った紙が多数ある状況の説明で「ユダヤ人大量惨殺ごっこ」と表現。この問題のシーンの動画がSNS上などで拡散しており、ユダヤ人権団体SWCは「たとえクリエイティブなものであったとしても、ナチスに虐殺された犠牲者をあざける権利は誰にもない。ナチス政権はまた、障がいを持つドイツ人を処刑した。この人物と東京五輪の関係は600万人のユダヤ人の記憶を侮辱し、パラリンピックに残酷なあざけりをもたらす」と強く非難

・小山田圭吾氏やのぶみ氏に続き、東京五輪開幕前日に開会式の演出トップまでもが解任される前代未聞の異常事態になっている。

東京五輪開閉会式ディレクター小林賢太郎氏も不適切ネタ 米人権団体が抗議

米ロサンゼルスに本部を置くユダヤ人の人権団体サイモン・ウィーゼンタール・センターが21日(日本時間22日)、東京オリンピック(五輪)・パラリンピック開閉会式の制作チームを事実上のトップとして束ねていた元お笑いコンビ、ラーメンズの演出家、小林賢太郎氏(48)が過去に「ユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)」をネタにしていたとして、抗議の声明文を出した。

物議を醸しているのは98年のコントとみられ、人の形に切った紙が多数ある状況の説明で「ユダヤ人大量惨殺ごっこ」と表現していた。当該動画がSNS上などで拡散している。

同団体は「たとえクリエーティブなものであったとしても、ナチスに虐殺された犠牲者をあざける権利は誰にもない。ナチス政権はまた、障がいを持つドイツ人を処刑した。この人物(小林氏)と東京五輪の関係は600万人のユダヤ人の記憶を侮辱し、パラリンピックに残酷なあざけりをもたらす」と非難した。

「人間の尊厳の保持に重きを置く平和な社会の推進を目指す」「多様性と調和」を掲げている五輪。小林氏は、その開閉会式のクリエーター役職一覧で1番手に名を連ね、肩書は「ショーディレクター」と14日に発表されていた。

~省略~

【Yahoo!ニュース(日刊スポーツ) 2021.7.22.】

開閉会式担当 小林賢太郎氏解任 ユダヤ系団体 過去コント非難

~省略~

23日に開催される東京オリンピックと来月のパラリンピックの開会式と閉会式でショーディレクターを務める小林賢太郎氏は、過去のコントでナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺をやゆするセリフを使用していたとして、アメリカに拠点を置くユダヤ系の人権団体が非難する声明を発表していました。

これを受けて組織委員会は22日、小林氏をオリンピックとパラリンピックの開閉会式のショーディレクターから解任したことを明らかにしました。

東京オリンピックとパラリンピックの開会式をめぐっては、学生時代のいじめの告白に批判が相次いだ、作曲担当者の1人でミュージシャンの小山田圭吾氏が辞任したばかりで、直前に担当者が相次いで辞める事態となっています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.7.22.】

今回は、ユダヤ系圧力団体が抗議声明を出したことで菅政権が”迅速”対応!東京五輪は開催前の時点ですでに”完全崩壊”!

出典:YouTube

橋本聖子会長「早急に結論」開会式での入場行進と聖火のみ案を否定せず

~省略~

小林氏は実質的に監督を務めていたため「演出部分を全て取りやめて、入場行進、聖火の点火だけにする考えはあるか」との質問に橋本聖子会長は「全体を早急に見直しながら、どのようにしていくかを早急に協議している。早急に結論を出したい」とし、否定しなかった。

22日未明から朝にかけて小林氏の過去のネタについて知ったといい、即日解任した理由を「外交上の問題もある。早急に対応しないといけないと思い、解任という運びになったと」語った。

【Yahoo!ニュース(日刊スポーツ) 2021.7.22.】

もう完全に”空中分解”というか、収拾不能の事態になってきたわね。
学生時代に凶悪犯罪レベルの障害者虐待を行なっていたミュージシャンの小山田圭吾さん、経歴詐称疑惑もある悪徳炎上絵本作家ののぶみさんの辞任に続いて、過去にナチスのホロコーストを揶揄していたネタを披露していた、開閉会式演出トップの元ラーメンズ・小林賢太郎さんも開会式前日に解任されることになったわ。

しかも、小山田氏の時は散々ズルズルと引っ張ってたくせして、今回の組織委(菅政権)の対応の早さと言ったらもう。
これというのも、ネオコン軍産とも親和性が高いユダヤ系の圧力団体が抗議声明を発表したことが大きな決め手となったのは間違いなく、改めて、自民政権がこれらのユダヤ系軍産勢力の忠実な傀儡である実態が浮き彫りとなった。

それにしても、国民の切実な声を真摯に聞き、早い段階で中止を決断していればこんなことにならなかったのに、まさに因果応報というか、自業自得という言葉以外に見つからない。

関係者からは「この五輪は呪われている」との声も出てきているみたいだけど、いまだに、「全ては自分たちに原因がある」ことが気がついていないみたいね。

何度も言ってきたけど、世界を騙す「アンダーコントロール」の大ウソスピーチや巨額のワイロによって実現された東京五輪の末路としては最もふさわしいものだし、明日の開会式は一体どうなるんだろう?
とにかくも、これらの腐敗臭に満ちた東京五輪による最大の被害者は日本国民であることは揺るぎのない事実だし、日本の政治のかつてない劣化・反知性化と、電通などによる「黄色いサルを馬鹿に変えて我々が永遠に飼い続ける」の3S政策によってもたらされた「日本社会の崩壊」を映し出した、史上最悪の「呪われた大会」となるのは間違いないだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事