【重要証拠】公開された森友文書、問題のページのみに”確認印”が存在せず!国会での虚偽答弁に合わせて安倍官邸が財務省に改ざんを指示か!?

Pocket

どんなにゅーす?

森友公文書改ざん疑惑について、民進・小西洋之議員ら野党議員から、朝日新聞が指摘している「問題のページ」のみ、その他のページに細かに付けられている担当者による”確認印(内容に間違いがないことを確認する黒い点)”が存在していないことが指摘されている。

・原本以外にも複数の「改ざんバージョン」が存在していることも野党議員が突き止めており、森友疑獄での安倍夫妻の関与や異常な厚遇を隠蔽するために、国会での安倍総理や佐川氏の虚偽答弁の内容に合わせて財務省に改ざんを指示した疑いが浮上している。

森友公文書偽造はやはり安倍官邸が指示か? 改ざん部分は国会答弁と連動していた

しかも、5日におこなわれた野党合同ヒアリングでは、新たな疑惑が浮上。民進党の小西洋之議員が、国会に提出された決裁文書に、改ざんの“証拠”が残っていることを指摘したのだ。

小西議員は総務省の官僚だった経歴もあり、決裁文書には官僚が確認した印を付けるものだといい、実際、国会に提出された決裁文書(改ざん後の文書)では、ほとんどのページに確認の黒い印が付けられていた。だが、なぜか朝日が改ざんを指摘した内容があるページには、その印がついていなかったというのである。つまり、改ざんしたページをあとから差し替えた、ということの証拠だ。

さらに、昨日の合同ヒアリングでも自由党・森ゆうこ議員が5日、近畿財務局に赴いた際に入手した「決裁文書のコピー」には、昨年、国会に提出された文書には入っていなかった違うチェック印がついていたことを指摘。近畿財務局が「原本のコピー」と称するもの自体が、国会に提出された後にチェック印が入れられた“提出されたものとは違う文書”だったのだ。しかも、そのことを問われた近畿財務局職員は「いろんなバージョンが存在してしまった可能性がある」とまるで文書を何回も改ざんしているかのような発言をした。

~省略~

元の文書には〈特例的な内容〉〈本件の特殊性〉という表現もあったというが、これも佐川前理財局長の「適正な価格で売っている」、麻生財務相の「適正な手続きによって(土地を)処分した」という答弁に合わせるように、カットされている。

これら以外の改ざんも、国会答弁に即するようにつくり変えられていた。

決裁文書の改ざんは、〈昨年2月に朝日新聞が問題を報じた後に行われた疑いがある〉(朝日新聞、3日付朝刊)というが、国会での追及に対する答弁のシナリオづくりとセットでおこなわれていたのではないのか。

問題発覚当時から、財務省が森友に異常な値引きや通常はあり得ない条件で土地取引をおこなったのは、名誉校長まで務めている昭恵夫人の存在に理由があることは誰の目にもあきらかだった。その追及をかわすためには、取引は「適正」だったと言い張るしかない。だが、近畿財務局の決裁文書には〈特例的〉な取引であったことが記されてしまっている。そこで官邸と財務省は、シナリオをつくって答弁の口裏合わせをし、それに沿うかたちで決裁文書の書き換えを近畿財務局に指示をした。そうとしか考えられないのだ。

【リテラ 2018.】

確認印のないページ混在「森友文書改ざん」決定的証拠か

5日行われた森友文書疑惑の野党合同ヒアリングで、元総務官僚の小西洋之参院議員が、官僚出身ならではの鋭い指摘をした。

国会議員に提出された決裁文書の中で、確認印(点)があるページ(写真右)とないページ(左)が混在していることに疑義を呈したのだ。こうした文書の場合、内容に間違いがないかを一行一行チェックして確認印をつけるのが役所の慣例だという。実際、議員に提出された文書も、表紙を含め30ページまでぎっしり確認印がつけられているが、なぜか1~6ページだけは確認印がない。

この6ページの中に当初は朝日新聞が書き換えの疑いがあると指摘した内容があり、後から捏造文書に差し替えたため、確認印のあるページとないページが混在する不可解な決裁文書になったと考えられるのだ。

【日刊ゲンダイ 2018.3.6.】

日本の近代史を”改ざん”してきた安倍政権、「国家財産横流し」の自らの歴史すらも改ざんか!戦後例のない”国家犯罪”に確実にちらつく安倍官邸の陰!

↓小西洋之議員による解説動画。

出典:YouTube

民進党の小西洋之議員ら野党議員から、朝日新聞が報道している問題のページにのみ、慣習的に役所が行なっている「確認印(黒い点)」がないという指摘が出てきております!
上の解説動画を見ましても、確かに文書の中で確認印がないページが存在しており、これらが後から改ざんされたページである可能性が非常に高いと思われます。

今までの財務省の反応を見ていてもあまりに怪しかったけど、やっぱり、朝日新聞が報じた公文書改ざんは事実だった疑いが極限まで高まってきたってことね!

しかも、これらの改ざんされた内容は、国会で安倍総理や佐川理財局長(現・国税庁長官)が繰り返してきた虚偽答弁の内容とも一致しており、つまり、森友学園とのタダ同然の国有地売買が不正に行なわれたことを隠蔽するために、疑惑発覚後に安倍官邸が財務省に圧力をかけて改ざんの指示を出したという疑いが非常に強いというわけだ。

まさしく、大日本帝国時代の戦争の歴史を”改ざん”し歪めてきた上に、この改ざんされた歴史を子供たちに刷り込むことを実行に移そうとしている安倍政権だけど、なんと、自らの犯罪の歴史の”改ざん”すらも「重大な国家犯罪(公文書偽造)」をもって行なっていたということになるね。

こ、これはもはや史上最悪の犯罪集団というほかないわっ!!
安倍政権こそ、日本の国家そのものを滅ぼす「テロ組織」そのものじゃないのよ!!

全く恐ろしいことです!
それだけに、この問題に関しては、ウヤムヤで闇に葬り去ることを絶対に許してはいけませんし、今もすでに必死に隠蔽し誤魔化した上でこれをウヤムヤにしようとしていますので国民自身が徹底的にこの事態に怒りの声を上げていく必要があります!

安倍配下の子飼い議員やネットサポーターズクラブなどは、この価値あるスクープを出した朝日新聞に逆ギレしながら、赤報隊さながらの最上級の脅しをかけて弾圧しようとしているし、まさに、これらの連中は断末魔の”言論弾圧テロ”を仕掛けているような状態だ。
本来であれば、これらも全て名誉毀損の逮捕レベルに達していると思うけど…すでに全身を細かく切り刻まれているにもかかわらず、いまだにゾンビのように腐臭を漂わせながら、ちぎれた手足をくっつけ、「憲法改悪」の野望”だけ”のために再び立ち上がろうとしている安倍政権に対して、ボクたち自身の手で”成仏”させる必要がある。

まともな国家であれば、すでに安倍政権は内閣総辞職、さらに夫婦揃って刑務所行きとなっているはずなので、そんなせめてもの「普通の国家」を取り戻すべく、力を合わせて頑張っていこう。

とにかく、今回ばかりは絶対に許しはしないわっ!!
こんな重大犯罪すらもなんの罰も受けないのなら、もう近代の国家制度は完全に破綻だし、私も持てる力を振り絞って、今後も怒りの声を上げ続けていくわっ!!

おススメ記事&広告

 
Pocket