■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【またオウンゴール】岸田総理、河井夫妻への1億5千万円について「十分に説明した」と強調!→衆院選での苦戦が伝えられるなか、自民のさらなる失速は確実!

【またオウンゴール】岸田総理、河井夫妻への1億5千万円について「十分に説明した」と強調!→衆院選での苦戦が伝えられるなか、自民のさらなる失速は確実!
Pocket

どんなにゅーす?

・2019年の参院選における「河井夫妻大規模買収事件」の際に自民党本部が河井氏側に1億5000万円を振り込んだ件について、岸田総理は「買収の原資として使われなかったことは十分に説明された」との認識を示した。中国新聞社のアンケートで答えた。

・この件について、地元の広島県連からもさらなる説明が求める声があがっている中、岸田総理のこうした対応により衆院選において自民党の「さらなる失速」が予想される。

河井陣営へ提供の1億5000万円問題、首相「十分説明」 衆院選候補者アンケートで回答

2019年の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、自民党本部が河井案里元参院議員(有罪確定、当選無効)の陣営に提供した1億5千万円について、党総裁の岸田文雄首相は「買収原資として使われなかったことは、十分説明された」との認識を示した。31日投開票の衆院選で、中国新聞社が広島県内7小選挙区の候補者を対象に実施したアンケートで答えた。

党本部が案里氏と夫の克行元法相(実刑確定)側に1億5千万円を提供した問題で、党本部の説明は十分だと思うかという問いに、岸田氏は3択から「十分だ」を選択。記述部分で「党本部の資金が買収原資として使われなかったことは、河井夫妻側が作成し、第三者の確認を経て総務省に届け出がなされ、公表もされている資料で十分説明された」と回答した。

~省略~

【Yahoo!ニュース(中国新聞) 2021.10.24.】

「国民からの声をよく聞く」とアピールする岸田総理、衆院選挙期間中に堂々とこれを反故!今衆院選での自民党の「さらなる失速」は確実か?

出典:Twitter(@kishida230)

何が「国民からの声をよく聞く」よ!?
ここまで堂々と国民との約束を反故にしている岸田総理にネット上でも怒りの声が上がっているし、今回の衆院選で、何としても私たち有権者が「然るべき審判」を下さないといけないわ。

まさに自民総裁選の時と言っていることが180度正反対になってきているし、ていうか、本気で衆院選に勝つつもりがあるのかな?
当然ながら、この岸田総理の”変節”については国民は強く批判する必要があるけど、言い換えれば、今の時期にこういう発言をしてくれることは、(ただでさえ自民党が失速する流れが顕著になりつつある中)これは野党側にとっては良い流れかもしれない。

確かに、(今回の岸田総理に限らず、安倍氏甘利氏麻生氏に至るまで)今回の選挙においてはやけに自民党側の「オウンゴール」の動きが目立っているし、穿った見方をすれば、岸田総理はわざと選挙に負けようとしているようにも見えてくるわね。

静岡の参院補選も、本来であれば勝てていた選挙を(甘利氏の現地入りなどで)自民が自ら潰したようにも見えるし、一部の識者からは、(安倍氏や甘利氏ら)党内に長年居座っている「腐った権力層」を排除するために岸田総理はわざと選挙に(適度に)負けようとしているのでは…といった推測の声も出ているけど、どちらにしても、(最低限の民主主義システムを取り戻すためにも)何としても今回の選挙で野党の議席を大きく増やすことが何よりも重要だし、野党は、こうした与党側のオウンゴールを逃さずに、しっかりと自分たちの勝利のために活かしていかないといけない。

ただでさえ支持率が伸び悩んでいる中で、今回の岸田氏の「国民への背信発言」も多くの自民党候補にとってはマイナス方向に働いていくでしょうし、野党側は共闘をしっかりと実現させながら「国民に寄り添ったきめ細やかな政策」を多く打ち出していくことで、更なる躍進と勢力の拡大に力を尽くしていくべきじゃないかしら。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事