■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【間抜けすぎ】岸田総理が新型コロナに感染!ワクチン4回目接種を済ませたばかりの中で!「微熱やせきの症状が続いている」とマスコミ報道!→ネット「やっぱアレって全然効かないんだ」

【間抜けすぎ】岸田総理が新型コロナに感染!ワクチン4回目接種を済ませたばかりの中で!「微熱やせきの症状が続いている」とマスコミ報道!→ネット「やっぱアレって全然効かないんだ」
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年8月21日、岸田総理が新型コロナに感染したことが判明。20日夜に微熱や咳などの症状が出たため、PCR検査を受けたところ陽性だったといい、現在も微熱や咳などの症状が続いているという。

岸田総理は先日の12日、報道陣に向けて、新型コロナ用mRNAワクチンの4回目を接種するパフォーマンスを行なっており、ネット上ではこのワクチンに対する疑念の声が噴出している。

岸田首相 “新型コロナに感染確認” 政府発表

~省略~

内閣官房によりますと、岸田総理大臣は20日夜に微熱やせきなどの症状が出たため、21日午前10時に総理大臣公邸でPCR検査を受けたところ、午後4時に新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

岸田総理大臣は、公邸で療養していて、現在も微熱とせきの症状が続いているということです。

政府関係者によりますと、濃厚接触者は裕子夫人と長男で秘書を務める翔太郎氏のみで、現時点で感染経路は分かっていないということです。

岸田総理大臣は今月15日に公務を終えたあと、夏休みに入っていて、22日から公務に復帰する予定でしたが、今月30日まで療養し、早ければ翌31日から復帰することになるということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2022.8.21.】

岸田首相がワクチン4回目を接種 「自分にも、周りにも大事なこと」

岸田文雄首相は12日、4回目となる新型コロナウイルスのワクチン接種を、東京・大手町の自衛隊の大規模接種会場(千代田区)で受けた。米モデルナ社製のワクチンを接種し、記者団に「自分のためにも、周りのためにも接種できたことは大事なこと」と述べ、国民に対してワクチンの前向きな接種への理解を求めた。

新型コロナのワクチン接種をめぐっては、3回目までは12歳以上であれば誰でも接種できたが、4回目の接種は当初、60歳以上と18歳以上の基礎疾患があったり重症化リスクがあったりする人に対象を限定。ただ、政府は「第7波」の感染拡大に伴い、7月から医療従事者、高齢者施設や障害者施設の職員らにも対象を拡大している。

~省略~

【朝日新聞 2022.8.12.】

4回目ワクチンを打った岸田総理が、およそ1週間後に新型コロナに感染!総理自らが「数々のインチキ」を国民にバラしてしまう事態に!

これほど間抜けで滑稽なことがあるでしょうか。
つい10日ほど前に4回目のブースターを打ったばかりの岸田総理が、新型コロナに感染したとのことです。
当サイトでは、先日に「ブースターを繰り返せば繰り返すほど、ますますCOVIDウイルスに感染しやすくなる(免疫寛容が起こり、身体がウイルスを受け入れてしまうようになる)」との研究結果をまとめたドイツの研究チームによる論文を紹介しましたが、今回のケースもまさにそのような実態を示唆しているといえるでしょう。

この前に4回目接種のパフォーマンスを披露した際に、「自分のためにも、周りのためにも、接種するのは大事なこと(キリッ)」などとのたまってたけど、何とも皮肉なことに、総理自らの身体を持ってこれらのキャッチコピーが悪質なウソのプロパガンダであることを示してしまったね。

当サイトでは、このワクチンが世界中に大量に出荷される前から、「『重篤な健康被害が出ても製薬会社は一切補償しない』との内容で政府が契約しようとしている」ことや、ロクな治験も経ずに強行的に実用化されたこと、そして、mRNAワクチンが(重大な問題が顕在化していたことから)長年にわたって認可されてこなかったことなどを挙げた上で、「非常に危険でヤバいシロモノである」と警鐘を鳴らし続けてきたけど、やはり、現在おびただしい数の人々がワクチン後遺症に苦しめられている上に、接種した人々がますますコロナに感染しやすい身体に”改造”させられてしまったことで、より数段凄まじい感染爆発を招いてしまっている

このままでは、日本人の大多数が新型コロナに感染させられてしまいそうだし、特に、ワクチンを何度も打っているにもかかわらずコロナに感染してしまった人々の健康状態や免疫機能などが心配だ。

果たして、岸田総理が本当にワクチンを接種しているのかどうか、これ自体も怪しい所ですが(例えば、菅前総理については、注射した”フリ”だったことが疑われている状況です)どちらにしても、グローバル支配層とともに、日本政府も「壮大な詐欺」に協力している実態がいよいよ本格的にバレてしまったといえるでしょう。

ああ。
岸田総理が本当にワクチンを打っていたとしても、そうではなかったとしても(上のおもちゃを使わずとも、生理食塩水などを注射することでよりリアルにごまかすことも十分に可能だ)、どちらにしてもこのワクチンが「ワクチンと呼べるシロモノではない(=COVIDウイルスとともに創り出された人口削減兵器)」ことを強力に示してしまったし、そんな中で、日本政府は「新しい詐欺ワクチン(オミクロン対応ワクチン)」をさらに血税を投じて大量購入し、これを国民に打ち込もうとしている始末だ。

●過去参考記事:
【グローバルワクチン詐欺】「オミクロン対応ワクチン」購入の代わりに未対応ワクチン「5億回分」が廃棄処分に!?既存の”欠陥ワクチン”に「4.7兆円」投入の中で!

いい加減に多くの国民が目を覚まさないといけない段階に差し掛かっているし、それでもなお、大多数の人々がこの「人口削減兵器」を嬉々として自らどんどん打ち込もうとしているのであれば、残念ながら、この国のさらなる廃退と滅亡を阻止することは難しいだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事