■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

新型コロナmRNAワクチンが「繰り返し接種(ブースター)することで免疫抑制を起こす」可能性!?ドイツの研究チームが論文を発表!宮澤大輔医師「一旦立ち止まって中止検討を」

新型コロナmRNAワクチンが「繰り返し接種(ブースター)することで免疫抑制を起こす」可能性!?ドイツの研究チームが論文を発表!宮澤大輔医師「一旦立ち止まって中止検討を」
Pocket

どんなにゅーす?

・日本国内で度重なるブースター接種が進められている新型コロナ用mRNAワクチンについて、「繰り返し接種(ブースター)することで免疫抑制を起こす」可能性があることをドイツの研究チームが発表した。

ブースター接種が積極的に行なわれている国ほど、最新の変異株による感染爆発が起こっている実情がある中、ネット上で大きな反響が湧き起こっている。

緊急速報!mRNAで想定外の負の報告(逆にコロナへの免疫を抑制)一生の記憶になる可能性有り、特に子供は一旦接種中止して検討を!

まずこの未査読論文を解説します私「宝塚の宮澤」は「トンデモ」でも反ワクでもなく、英語のコロナ論文を複数書き、欧州CDCに論文が引用されたりテレビや雑誌にも出た「ワクチン年齢別派」、特に小児への接種に特化して警鐘を鳴らしている医師であることをご理解ください。自己紹介はこちら👇https://note.com/miyazawanet0709/n/n5a43ca814bce

7月10日にドイツの複数の大学研究室グループがmRNAワクチンに関して憂慮すべき論文を発表しました。それはmRNAに限り(アストラゼネカのDNAワクチンでは認めず)繰り返し接種することで新型コロナに対して逆に免疫抑制を起こしてしまう、それがブレークスルー感染の原因の一部では無いか、というショッキングなものです。我が国のデータ改竄問題で明らかになったような、接種後時間が経つと逆に感染しやすくなるという報告は世界各国から論文として報告されていますが、ADE(抗体依存性感染増強)以外にもこのメカニズムが原因かも知れません。間違った騒ぎ方をされると困るので申し上げておきますが、この論文では他の病気等への免疫全般が抑制されるかどうかは全く示していませんし、Tregとの関連も述べていません(Th2系とは無関係であることは示しています)。「新型コロナウイルスに対して免疫が抑制される」ことを示しています。しかし立ち止まらずにこのまま何回もmRNAを接種するのはとんでもないことです。未査読であってもリスクとして認識するには十分です。実はこの論文は著者の一人の合併したギーセンとマールブルグ大の学長でもあるWerner Seeger教授の元で働いた事があるドイツ人医師研究者から教えてもらいました。
この研究は一部国費で行われ、DFG(ドイツ科学振興会)から研究費を得るというのはレベルが高いので、この研究は信頼できると述べていました。査読には何か月もかかりますので査読が済まないとリスクと捉えるべきでは無いと言っていては手遅れです。実際国のワクチン政策も一部未査読論文を参考に進められた実績があります。

~省略~

例えばアレルギーの治療で舌下免疫療法というものがありますが、ダニやスギ花粉のエキスを舌の下に入れて、これは異物ではありませんよ、と反応を起こさないように体に学習させますが、その際にもIgG4が沢山誘導されダニやスギ花粉に免疫寛容になる重要なメカニズムとされています。

なんとその免疫寛容を起こすIgG4がmRNAに限り顕著に検出されブースターで増幅されたという報告です。全く想定外の重大な結果であり、緊急に検討が必要です。mRNAは製薬会社も言うように長期の作用は未知の事ばかりです。それなのに接種させたいばかりに安全性は確かめられたとほぼノーリスクを前提に接種を推奨し、必要なリスク説明を怠った政府や医師たちの責任は重いです。論文でも「mRNAワクチンは確かに多くの死亡を防いだ、しかし」とあります。子どもではそのメリットさえ無かったはずです。そしてこのmRNAを注射されたことで子どもは一生コロナウイルスを「異物では無い」という学習が刷り込まれる可能性もあるのです。

~省略~

【note(宮澤大輔医師ネット) 2022.7.25.】

やはり、日本国内でのコロナ感染大爆発は「mRNAワクチン接種が原因」だった可能性が大!ドイツの研究チームが論文を発表!

↓製造元の製薬企業のCEO自身が接種していないうえに、日本政府も感染予防効果が無いことを認めているmRNAワクチン。

出典:pixabay.com

新型コロナワクチン(mRNAワクチン)における重大かつ深刻な欠陥を示す論文が、ドイツの研究チームによって発表されたとのことです。
私も、積極的なブースター接種が行なわれている日本において、ここまでかつてなかったまでのコロナ感染爆発が起こっていることに強い疑念を持っていましたが、なるほど。
こうした問題が存在していたのであれば、現在のこの日本の状況もうなずけます。

宮澤大輔医師によるnoteの記事について、是非ともこちらから全文読むことをおススメするけど、これまでも「打てば打つほど免疫力が低下し、かえって新型コロナに感染しやすくなる」という指摘は世界の研究者から上がっていたし、その詳しいメカニズムがより具体的に明らかになったということかな。
(ちなみに、先日の「ゆるねと通信」で鳩山元総理による「WHOがワクチンを打った人の方が打たない人より3倍入院する確率が高いことを認めたとのこと。ファイザーは大量のデータを消したとの内部告発も発表された。」とのツイートを紹介したけど、この鳩山氏のツイートも今回の話と一致している部分があるね。)

●過去参考記事:
【そりゃそうだ】新型ワクチンの「4回目ブースター」に走りかかっていたイスラエルが中止を検討!?「たくさん接種しすぎるとかえって免疫が疲弊し逆効果」との専門家の声も!

巷では、こうした「免疫寛容」のメカニズムを利用して、スギ花粉のエキスを繰り返し身体に吸収させ、アレルギー反応を抑制させていく「舌下免疫療法」が実用化されているけど、つまりは、mRNAワクチンのブースター接種を通じて「免疫寛容」が起こってしまい、抗体によってウイルスを撃退し感染を防ぐどころか、かえって新型コロナウイルスを身体が受け入れてしまい、体内でコロナウイルスがどんどん増殖し、様々な身体機能が損なわれていく危険があるということだね。

私も度重なるワクチン接種によってこうした問題が引き起こされることを懸念していましたが、それがこの度科学的に明らかにされたということですね。
とにかくも、人間の免疫システムというのは、非常にデリケートかつ複雑なものであり、どのようなワクチンであろうともむやみやたらに接種するべきではなく、ろくな治験や実証実験を経ていないmRNAワクチンの無制限のブースター接種などもってのほかです。

上のツイートで「予防薬としては失敗だけど、生物兵器としては傑作」という声があるけど、ボクも全く同意見だ。
新型コロナ危機こそ、人口削減や既存の民主主義社会システムを破壊し、全く新しい「デジタル奴隷監視社会システム」を構築しようとしているグローバル支配層によって引き起こされた、前代未聞のステルスバイオテロであり、満を持してグローバル製薬企業が世界中の政府に提供したmRNAワクチンは、世界中の人々の免疫機能を破壊し、優生思想に基づいた「弱い人間を間引きしていく」ための、生物兵器史上の最高傑作といえるものだ。

言うまでもなく、今すぐに日本政府はmRNA(キラー)ワクチンの接種を中止させた上で、このヤバいシロモノに対する徹底的な調査を行なう必要があるにもかかわらず、これを決してやろうとしないどころか、いまだに(バカの一つ覚えのように)「打て打てキャンペーン」を強行している状態だけど、今この時もまさに、こうした「殺人キャンペーン」の犠牲になり、(大手マスコミも一切報じようとしない中で)接種後に命を落としている人々がたくさんいる状況だ。
簡単に言えば、今の日本政府は完全なるグローバル支配層の操り人形であり、本気で大量の日本国民を殺そうとしているとみるべきだろう。

本当に恐ろしいことです。
日本政府がここまで海の向こうの優生思想にまみれたカルト勢力におかされてしまっている以上、自分の健康や命は自分自身で守っていくしかありませんし、一人でも多くの国民がこうした実情を理解し、自分の身を守るための行動を起こしていくことを願ってやみません。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事