■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【賞賛相次ぐ】キユーピーが「ひるおび」でのCMを中止に!八代弁護士の「共産党デマ発言」で批判殺到の中で!キユーピー「社内で検討した結果、見合わせることにしました」

【賞賛相次ぐ】キユーピーが「ひるおび」でのCMを中止に!八代弁護士の「共産党デマ発言」で批判殺到の中で!キユーピー「社内で検討した結果、見合わせることにしました」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年9月14日と15日、大手食品メーカーのキユーピーがTBS「ひるおび」でのCM放映を見合わせたことが判明。一部メディアの取材に対し同社の広報部が明らかにした。

・「ひるおび」では、コメンテーターの八代英揮弁護士が「共産党は『暴力革命』を党の要綱として廃止していない」と(野党共闘を妨害するための)デマ発言をした上に、後日に「私の認識は(安倍政権時に)閣議決定された政府見解に基づいたものでした」などと釈明。以後も、明確に自らのデマを認めずに番組出演を続けており、これに有権者から怒りの声が殺到

キユーピーの広報部は「いろんなご意見をいただいており、社内で検討した結果、14日のCMは見合わせました。代わりにACのCMが流れています」と発表。翌15日の放送でもCMは流れず、ネット上で同社に賞賛の声が相次ぐとともに他の企業にもスポンサーを降りるように求める声が相次いでいる。

「ひるおび」スポンサーがCM見合わせ キユーピーが対応「社内で検討した結果」…今後は未定

大手食品メーカーのキユーピーが、スポンサーを務めるTBS系の情報番組「ひるおび!」のCM放送を見合わせた。2021年9月14・15日の放送への対応で、キユーピー広報によれば、今後についても検討中だという。

~省略~

八代弁護士は、衆院選での野党共闘を特集した9月10日の放送で、「共産党はまだ『暴力的な革命』っていうものを、党の要綱として廃止してませんから。よくそういうところと組もうって話になるな、というのは僕には個人的には感じますね」とコメントした。

~省略~

「いろんなご意見をいただいており、社内で検討した結果」

ツイッター上などでも、八代弁護士の発言に理解を示す反応が出る一方で、謝罪の姿勢に対する疑問の声も相次いだ。中には、今回の件でスポンサーにクレームを入れたと、メールなどの文面を公開するユーザーも出ていた。

そして、翌日9月14日の放送になって、キユーピーのCMがACジャパンの公共的なCMに差し替えられたとの情報がツイッターに出回った。この投稿は注目を集め、まとめサイトにも取り上げられる騒ぎになっている。

キユーピーの広報部は15日、J-CASTニュースの取材に対し、次のように答えた。

「いろんなご意見をいただいており、社内で検討した結果、14日のCMは見合わせました。代わりにACのCMが流れています」

15日のCMも提供しなかったことを明らかにしたが、見合わせた理由については答えられないとした。「今後については、どうするか検討中です。広告代理店を通じて進めていきます」と話している。

【J-CASTニュース 2021.9.15.】

キユーピーによる「素早い適切な対応」に多くの賞賛の声!今日も八代弁護士はのうのうと「ひるおび」に出演!

出典:Twitter(@kon1316)

「ひるおび」で発せられた八代弁護士による「共産党デマ発言」「なんちゃって謝罪」に有権者から今も怒りの声が殺到している中で、スポンサー企業のキユーピーが番組内でのCM放映を中止したことが明らかになりました。
「野党共闘を潰す目的」で発せられた、健全な民主主義システム(公平な選挙制度)を大きく棄損させることに繋がる悪質なデマ発言である以上、こうした対応を行なうのはごく当たり前のことですが、ネット上ではキユーピーのまっとうな対応に多くの賞賛の声が相次いでいます。

今回の八代氏の発言が特に悪質なのは、発言そのものが完全なデマである上に、自らが完全なデマを発したことをいまだ素直に認めて謝罪していないこと、そして、何よりも、自らの私利私欲のため(政治的な目的のため)に、健全な民主主義制度や選挙システムそのものを大きく破壊することに繋がる発言だったということだ。
おまけに、番組側は、八代氏の「なんちゃって謝罪」をもって「すでに終わったこと」として処理しているみたいで、相変わらず今日も何事もないかのように出演している有様だ。
これは、番組や局側も「腐敗した権力層(グローバル資本勢力)の意向に忠実に従い、民主主義システムや選挙制度の破壊(野党に対するデマに基づくネガティブキャンペーン)に全面的に協力している」も同然の状態と言わざるを得ない。

だからこそ、(まっとうな民主主義システムや公平な選挙制度を守っていくために)私たちはこうした八代氏や番組側の”おざなり対応”を徹底的に強く批判し続け、スポンサー企業にも強く働きかけていく必要があるということですね。

しかも、呆れて物も言えないのは、こうした社会的に「まっとうな対応」を行なったキユーピーに対して、「キユーピーは共産主義企業だ」などとアホなことをのたまっている連中がいることだ。
なんせ、こうやって共産党やキユーピーを叩いたり八代氏を賛辞している”自称反共主義”連中の大多数が、「生粋の共産主義(世界政府主義)者」であるグローバル資本勢力に唆されて(「鎖国」を通じて日本をどうにか守り続けていた)江戸幕府を「暴力革命」によって打倒した(安倍前総理ら)長州テロリスト一族を、まるで神様のように信奉しているのだから、これ以上の滑稽なことはない。
つまり、安倍シンパは「反共」を唱えておきながら、実は共産主義者のグローバリストの後ろ盾があるから存在できているわけで、要は、実際のところは愛国から最もかけ離れたところにいるってことだ。

「愛国」「保守」を掲げていながら、その大多数が朝鮮系の人脈で占められている右翼系暴力団や(統一教会などの)宗教団体などと同じようなものですし、これもグローバル資本勢力が作り上げた「壮大な詐欺」というしかありませんね。
とにかく、極めて政治的かつ目先の自らの利益のために、悪質なデマを用いて「野党潰し工作」を図った八代弁護士をこの先も平然と番組に出続けることを認めてはいけないですし、ほとんど全ての企業がスポンサーから降りるように今後も粘り強く声を上げ続けていくことが大切ではないでしょうか。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事