葛飾区の女子中学生が、男子中学生から暴行を受ける動画が拡散!”公開わいせつ”動画も→ネット上では犯人探しが過熱!実名が飛び交い、SNSに誹謗中傷が殺到!

Pocket

どんなにゅーす?

ツイッター上に、女子中学生が男子中学生から暴行を受け続けている動画が投稿され、大きく拡散する事態が発生している。

・暴行を受けている女性は東京・葛飾区の中学に通う中学生とみられており、被害者の女子中学生が警察に相談。現在、警察が捜査を始めているという。

・ネット上では、”暴行動画”に加えて、被害者の女子中学生が”公開わいせつ”を受けている動画も拡散。暴行していた男子中学生や暴行を指示した女子中学生、周囲で笑っていた複数人の中学生の実名も上がっており、ネット上で加害者と噂されている中学生に対する誹謗中傷が過熱する事態になっている。

周囲に同級生?女子中学生が暴行被害 男子生徒の容赦ない残忍動画流出

河川敷で少年が少女に殴る蹴るの暴行を加えるショッキングな動画がネット上に投稿された。警視庁によると、都内の中学2年の男子生徒(13)と、別の中学の同学年の女子生徒(14)という。5月に東京都葛飾区の河川敷で撮影され、女子生徒は暴行を受けたとして警視庁に相談していた。ケガはない。葛飾署や少年事件課が暴行事件として調べている。

動画にはあまりに残忍な暴力が記録されていた。横たわる女子生徒に男子生徒が馬乗りになり頬に平手打ちするシーンから始まる。並ぶと男子生徒の体の方が大きく、腹部を容赦なく踏みつけていた。

周囲には十数人の少年、少女たちの姿もあり、「やり返していいんだよ」「これじゃリンチになっちゃう」「なんかサルがしゃべってる。おもしろーい」とあおり続ける少女らの声も認められる。首を絞められた女子生徒がうめき声を上げると、周囲はまたあざ笑った。約1分20秒の動画は、飛び蹴りを食らわしたところで途切れている。

~省略~

【livedoorNEWS(東スポWeb) 2019.9.6.】

葛飾で女子中学生に暴行する“いじめ動画“、「犯人特定」と個人情報まで瞬時に拡散

葛飾区の河川敷で、女子中学生が男子中学生に飛び蹴りなどの暴行を受ける動画がネット上で拡散され、加害者を特定するトレンドブログも大量生産されている。

最初に動画がネット上にあがったのは今月5日で、Twitterに投稿したのは、加害者、被害者どちらかの知人と思われる女性であった。以下の文章と共に、問題の動画をアップしている。

<葛飾の子なんですけどみんなの前で蹴られ殴られ挙げ句の果てには性行為まで目の前でさせたらしいです。 とても胸糞悪いお話ですが警察も動いてくれないっぽいので関係者希望で拡散させていただきます>

~省略~

この動画はあっという間に拡散され、ネット上では複数のユーザーが動画に映っている建物などから場所を特定。さらに、加害者、被害者の顔を知っているというネットユーザーが現れ、名前や通っている中学校、Instagramのアカウントなどといった情報が集まった。

センセーショナルな事件が発生すると一瞬でここまで情報が集まってしまうが、まだその信ぴょう性が定かでない段階で大量に生成されるのがトレンドブログだ。今回も「葛飾でいじめをした犯人を特定!」などのタイトルで煽り、加害者に関する不確かな情報を拡散している。

なお現在、加害者とされる男子生徒のInstagramのアカウントは削除され、最初に動画を投稿したTwitterアカウントも非公開となっている。

~省略~

【wezzy 2019.9.6.】

女子中学生が男子中学生から暴行を受けている動画が瞬く間に拡散し、ネットが過熱!加害者と噂される生徒のなりすましや”公開わいせつ動画”を拡散するトレンドブログなどが次々出現!

現在、東京・葛飾区の中学に通う女子中学生が、江戸川区の中学に通う男子中学生から暴行を受けたり、”公開わいせつ”をされている動画が拡散されており、ネット上が過熱する事態になっています。
すでにネット上では、加害者とされる生徒の実名が複数上がっており、彼ら生徒のインスタグラムやTikTokに誹謗中傷が大量に寄せられては、加害者とされている生徒のなりすましまでもが出現しており、文字通りに収拾がつかないような事態になっています。

そして、加害者とされている中学生の実名や学校名、顔写真などをトレンドブログが次々と大々的に紹介しており、まさに、あらゆる部分でモラルや秩序が崩壊する事態になっている。
(それに、上の東スポの記事も、ネットユーザーをことさらに煽るような内容で、これもいささか問題があるように感じる)

このような状態を生み出しているのも、「金のためには手段を選ばない」といった悪辣なコンセプトのブログ運営者が後を絶たないうえに、「日頃の鬱積したストレス発散」のために、常に「叩く対象」を探しているネットユーザーが大量にうごめいている実情が背景にあることが考えられるし、ついこの前の「あおり運転」の事件において、まったく無関係の女性がすさまじい誹謗中傷に見舞われたケースとよく似た流れになってきているね。
今回の「暴行&公開わいせつ動画」の背景や公開された経緯については全くわからない状態だけど、どこから流出してきたのかはっきりしない情報を元に、まるで”津波”のようにネットユーザーの怒りの感情が大きくうねり、これをエサに金儲けをたくらむサイト運営者や面白半分で生徒を叩きまくる愉快犯のような人間も巻き込んで、デマなどの粗悪な情報が乱立する事態が後を絶たない

本来であれば、こういう時こそ冷静になったうえで、多くの人々が粗悪な情報の拡散に歯止めをかけていくべきなんだけど…「怒り」や「好奇心」などの感情の赴くままに、ネットユーザーが次々”暴走”してしまう事例が続出中だね。

そして、今や、社会経験やネットリテラシーが十分ではない子供たちも積極的にSNSなどのネットツールを使うようになってきており、これが思わぬトラブルや個人情報の流出につながっている実情があることも否めませんね。

ネットやスマホなどの発達により、「悪意ある人間」によって、非常に簡単に個人の尊厳を大きく傷つける動画などが発信・拡散できてしまう時代になってしまったことも感じるし、ネットの使い方をひとたび誤ると、とんでもない”凶器”に変貌してしまうことを感じるような事例だ。
どちらにしても、ボクたち一般市民は、一般国民に対する情報の共有や拡散については、ことさら慎重になる必要があるし、何よりも、これらの「義憤」や「怒りのエネルギー」を政権政治家や巨大資本勢力などの「社会強者」の不正や腐敗にこそ、向けていくべきだ。

今や、大人の社会が荒みきっている”悪影響”が子供たちの社会にまで及んでいることが考えられるし、ありとあらゆる部分で、日本社会における「理性やモラルの崩壊」が如実に表れている実例のように感じるよ。

Pocket

 

 関連記事