鹿児島県知事選、新人の塩田康一氏が当選確実に!「公約破り」で批判の現職・三反園氏(自公推薦)敗れる!立憲支援の伊藤祐一郎元知事も落選!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年7月12日に投票が行なわれた鹿児島県知事選について、九州経済産業局前局長で新人の塩田康一氏が当選確実と報じられた。

・一方で、自公の推薦を受けていた現職の三反園訓氏は、「脱原発公約」を破ったとの批判が噴出してきた中、落選確実に。また立憲が支援していた伊藤祐一郎元知事も落選確実となり、野党候補の弱さも露呈した。

鹿児島知事選、新顔の塩田氏が当選確実 三反園氏ら破る

鹿児島県知事選が12日投開票され、新顔で前九州経済産業局長の塩田康一氏(54)が、現職の三反園(みたぞの)訓(さとし)氏(62)=自民、公明推薦=や前職の伊藤祐一郎氏(72)ら他候補を破り、当選を確実とした。

~省略~

【朝日新聞 2020.7.12.】

「脱原発公約破り」で全国から批判が集まった、自公推薦三反園氏が落選確実に!立憲支援の伊藤氏も惨敗し、都知事選・都議補選に続き「3連敗」!

出典:NHK選挙WEB

12日に投票が行われた鹿児島県知事選ですが、「脱原発公約破り」で全国から多くの批判が殺到した自公推薦の現職・三反園氏が落選確実に。
代わって、原発に対して比較的慎重な姿勢を示している新人の塩田康一氏が当選確実となりました。
一方、立憲が支援していた伊藤祐一郎元知事も3位で落選確実で、都知事選・都議補選に続き3連敗と、その弱さを露呈しております。

鹿児島の勢力図は何やら複雑なようであり、前回野党が推薦した三反園氏は自公が推薦し、自公が推薦した伊藤氏を立憲が支援するという、なんだかおかしな構図になっている。
しかし、選挙戦中は、二階幹事長や菅官房長官、河野防衛相らが応援に駆け付けるなど、安倍政権はかなり力を入れて三反園氏を応援していたようなので、安倍政権のショックはそれなりに大きいだろう。
(それにしても、大手メディアの報道を見たところ、伊藤氏について立憲民主が支援していたことに触れていない記事が多いんだけど、何かの理由や事情があるのだろうか。)

しかし、せっかく自公候補が敗れたというのに、野党側の選挙の弱さも共に露呈させてしまっており、依然、今秋に安倍政権が解散総選挙に打って出てくる可能性が否定できない状況が続いている。
(おまけに、「若い女性を蔑視」しているともとれる問題発言をしたことで多くの批判が集まったことがある伊藤元知事を支援するというのも、正直あまり感心できない。)

とにかく、野党側が本気で選挙に勝つ(政権を取りに行く)ためには、「消費減税で団結する」のが”最低条件”であり、一刻も早くにこうした体制を整えていく必要があるといえるだろう。

自公推薦の現職候補が敗れたことは、安倍政権に怒っている国民にとっては朗報かもしれませんが、この先のことを考えると、決して手放しで喜ぶような事態ではないではなさそうです。
以前より原発の是非について本格的に議論されてきた鹿児島県ですが、当確を果たした塩田氏の原発に対する対応や方針についても、この先注目していく必要がありそうですね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。