金正恩委員長、韓国やアメリカを通じてしか”拉致問題解決”を呼びかけない安倍総理に苦言!「なぜ日本は直接言ってこないのか?」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年4月27日に行なわれた南北首脳会談において、韓国・文在寅大統領が安倍総理からの要請を受けて日本の拉致問題に言及した際、金正恩委員長は「韓国やアメリカなど、周りばかりが言ってきているが、なぜ、日本は直接言ってこないのか?」と苦言を呈していたという。

金委員長が、他国を通じてしか日朝交渉の希望を伝えてこない日本に対して不信感を持っていると思われ、改めて、安倍総理の”人任せ”の怠慢対応が露呈している。

「なぜ日本は直接言ってこないのか」金委員長 拉致問題で発言

4月27日の南北首脳会談で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長に日本人の拉致問題を提起した際、金委員長が「なぜ、日本は直接言ってこないのか」と語っていたことが、FNNの取材で明らかになった。

政府関係者によると、南北会談で文大統領から、日本が拉致問題の解決を求めていることを伝えると、金委員長は「韓国やアメリカなど、周りばかりが言ってきているが、なぜ日本は、直接言ってこないのか」と語ったという。

拉致問題に関する金委員長の発言が明らかになるのは、これが初めて。

この発言は韓国側から伝えられたもので、政府は、金委員長の発言の真意を慎重に見極めることにしている。

【FNN PRIME 2018.5.10.】

安倍総理、「拉致問題を解決する」と声高に宣言しておきながら、ほとんど自分で何もやっていなかったことを金正恩にバラされる!

出典:Twitter(@yukinokakera)

出典:Twitter(@adjajplpdxga)

面会を断っていた横田滋さんの意向を無視し、一方的にお見舞いの”パフォーマンス”を強行しつつ、「拉致問題を解決する」と声高に宣言していた安倍総理ですが、実際には自分自身で何もやっていなかった疑惑が浮上しています。

金正恩委員長が、韓国やアメリカを通してのみ拉致問題の解決を呼びかけている安倍総理に対し、「なぜ日本は直接言ってこないのか?」と苦言を呈したとのことです。

すでに日本国内でも「他力本願ばかりでなく、自分たちの足を使って直接呼びかけたらどうなんだ?」という声が結構上がっていたけど、やっぱり同じような印象を金正恩も持っていたようだね。
こうした話の一方で、水面下の様々なチャンネルを通じて、日本側が北朝鮮に日朝会談を呼びかけているとの話も漏れ出ているけど、とにかく、「日本と北朝鮮が激しく敵対」している”雰囲気”を作っておきたいがために、政府レベルではほとんど交渉らしい交渉は行っていなかったということなのかな?

いずれにしても、蓮池透さんも厳しく指摘しているように、安倍総理が拉致問題を徹底的に”自身の権力固め”に利用しつつも、長期間無視し続けてきたことは間違いないことだし、安倍総理の本音としては、拉致問題解決どころか、日朝関係が大きく改善されて、日朝国交正常化に伴って二度とミサイルが発射されなくなるのがかなり嫌なんじゃないかな?

まさしく、「戦争屋系政治家」の面目躍如といったところでしょうか…。
いずれにしても、今頃になって日中韓との関係改善などを通じて、必死に「蚊帳の中」に入ろうとしているものの、日本だけがあっちにこっちにフラフラと迷走しているように見えるのは否めませんね…。

Pocket

 

 関連記事