■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【大艱難時代】受験生に災難が次々!オミクロン爆発に東大刺傷事件、トンガ火山噴火による津波で鉄道が止まる!→ネット「可哀そうすぎる」「どうか命と体調第一で…」

【大艱難時代】受験生に災難が次々!オミクロン爆発に東大刺傷事件、トンガ火山噴火による津波で鉄道が止まる!→ネット「可哀そうすぎる」「どうか命と体調第一で…」
Pocket

どんなにゅーす?

・受験シーズンを本格的に迎えている中、「オミクロン株の感染爆発」や「東大刺傷事件」の発生、さらには「トンガ付近の海底火山の噴火による津波襲来で鉄道がストップ」など、受験生のメンタルやスケジュールを狂わせるアクシデントやハプニングが次々発生多くの受験生が甚大な不安やストレスを強いられる事態が発生している。

《東大刺傷》「俺は東大を受験するんだ!」凶行に及んだ男子生徒(17)は医学部進学実績全国No.1の超エリート男子校生だった

~省略~

切り付けられた女子生徒はその場で倒れこみ…

「男がいきなり次々に周囲の人を包丁で切りつけました。受験生の男女2人と、72歳の男性が背中などを切られました。女子受験生はその場で倒れ込んでしまい、72歳の男性の傷は深く重傷です。殺意がこもっていたとみられています。現場には凶器とみられる刃渡り15㎝程度の包丁のほか、瓶に何かつめたような不審なものが落ちていました。男は名古屋市に住む17歳の男子生徒。被害者の間に面識などはありませんでした」(社会部記者)

駆けつけた警察官が、男子生徒を殺人未遂の現行犯で逮捕した。

~省略~

「俺は東大を受験するんだ!」犯行前に叫んだ男子生徒

「門から約100メートル離れた南北線東大前駅の複数箇所で、爆竹のようなものが燃やされていました。駅の防犯カメラにも短髪の男が何かを撒いている様子が映っている。逮捕された男子生徒が『火をつけた』と供述していることからも、男子生徒の犯行とみられています。

門の前での切りつけの直前には、若い男が『俺は東大を受験するんだ!』などと叫んでいたという目撃情報もあり、これも男子生徒によるものの可能性が高いです」(別の事件担当記者)

駅で爆竹に火をつけ、その後に向かった農学部正門前で暴れ、複数人を刺したということになる。逮捕時には、無気力な状態だったと言うが、本富士警察署での取り調べには素直に応じているという。

そこで男子生徒はこう話したという。

「勉強がうまく行かず死のうと思った。去年から事件を起こそうと思っていた」

実は、この男子生徒は愛知県下の名門エリート男子校の生徒だった。

~省略~

受験自体は、予定通り行われたが事件を知った受験生らからは一様に不安の声が聞かれた。

~省略~

【文春オンライン 2022.1.15.】

どうする? 私立中高受験生の「オミクロン株対策」 東京都の私立では追試なしの学校も

~省略~

中高受験に詳しい安田教育研究所の安田理代表が言う。 「私立中高では受験会場に看護士を待機させたり、別室受験のための対応に追われています。ただし私立の場合、追試や別室を設けるかどうかは、学校ごとの判断になります。これまでも季節性インフルエンザで37度5分以下、咳などの重い症状がなければ別室入試を受け入れている学校はあります。実は私立有名校の場合、『第一志望を諦められない』と発熱している子どもを連れて受験させている親が少なくない。受験校が別室入試など対応しているか、事前に問い合わせしておくと安心でしょう」  たとえば、独協中学は〈「濃厚接触者」の受験生については、要件を緩和し、①PCR検査または抗原検査の結果が陰性であり、②当日も無症状、という両方の条件を満たせば別室での受験を可能〉と通知している。  だが、「東京都の私立は追試を行わない学校も多い。もともとソーシャルディスタンスが必要な上で、教室の収容人数や教員数が足りないという問題があります」(前出の安田理代表)  一方、神奈川県は、私立中学校共通追試を2月21日に実施する。加盟60校のうち、23校が参加予定だ。各校に事前出願し、新型コロナウイルスに感染、または感染者の濃厚接触者となった旨の診断書などの提出が必要となる。

【Yahoo!ニュース(日刊ゲンダイ) 2022.1.13.】

【大学入学共通テスト2022】津波の影響は受験生にも…大学入試センターも注意を呼びかけ

~省略~

現在、常磐線や内房線などの一部列車で運休など、運行に影響が出ているとの報道もある。今回の津波は太平洋側を中心とした全国の沿岸地域に発令されていることもあり、受験生への影響が懸念される。JR東日本によると、太平洋沿岸の津波の影響を受ける範囲の線区及び関係自治体より避難指示の出ている線区においては、安全の確認や関係自治体の避難指示が解除されるまで運転を見合わせるとしており、最新の情報については、JR東日本ホームページ運行情報のほかJR東日本アプリ、どこトレ、運行情報Twitter等にて随時知らせるとしている。

なお大学入試センターでは、「太平洋側を中心とした津波の発生について」で、「現在、太平洋側を中心に津波警報・津波注意報が発令されています。避難情報が発令されている地域にお住まいの受験生の方は、各自治体の指示に従い、避難するなど命を守る行動を優先させてください。今回の津波による避難等により受験できなかった場合の対応については、今後当センターホームページ等でお知らせします。」としている。

【Yahoo!ニュース(リセマム) 2022.1.16.】

受験生に次から次へと災難&アクシデントが降りかかる中、ネット上で多くの同情と応援の声!

オミクロン爆発に東大刺傷事件と、次から次へと受験生に思わぬアクシデントが降りかかっていた中で、トドメは火山噴火による津波ですか…!!
ネット上でも多くの同情や応援の声が上がっていますが、現在の荒廃した日本社会を象徴をしているような事態です。

トンガの大噴火は防ぎようがないかもしれないけど、少なくとも、オミクロンの爆発と東大刺傷事件は、腐敗した大人たちのせいで起こってしまったことであり、ピラミッド階層の上層に控えているグローバル支配層によって、着実に人間社会の秩序や平和が破壊されつつあることを感じるね。
当サイトを日頃から読んでくださっている読者の人たちであれば、コロナ危機そのものが人為的に引き起こされた「新しい形の戦争」であるということも理解できるのではと思うけど、最近は、1%の腐った権力層によって破壊された社会の中で”八方ふさがり”になった人間が”絶望の極地”から自暴自棄になり、多くの人に危害を加える事件が着実に増えてきているように感じている。

ただでさえ、長きにわたって毎日心身を削って受験勉強に励み、緊張と不安に襲われている状態だというのに、ここまでメンタルやコンディションが乱されるハプニングやアクシデントが次から次へと発生するというのはあまりにもキツいし、受験そのものが非常に悔いが残る内容になってしまったことで、さらに心と体の体調を壊してしまう生徒が多く出てきてしまわないか、非常に心配だね。

一連のコロナ危機において最も心配なのは、やはり子どもたちのことだと思います。
何度となく襲ってくる感染爆発に伴う自粛やステイホーム政策などによって、社会活動への参加やコミュニケーションの機会が大きく減ることなどにより、健全な人格形成や思考力の育成に悪い影響が出る懸念がありますし、中でも何より心配されるのは、(言うまでもなく)新型コロナワクチンでしょう。

まず、新型コロナによる重症化率が極めて低い子どもたちに接種する必要性が全く分からないし、「全く意味がない」だけならまだしも、「身体への深刻な悪影響」が強く懸念されている状況だ。
子どもたちが生きづらい世の中になってしまった時点で、人間社会が衰退と転落の道を突き進んでいくことになるのは自明だし、今のクレイジーなグローバリスト連中がピラミッド階層のトップに居座りながら好き放題に社会を破壊し続ける限り、少なくとも日本が子どもたちにとって生きやすい国になることは永遠になさそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事