■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】「ランセット」が「新型コロナが実験室由来という仮説を排除しない」との見解を発表!、ビル・ゲイツがインドで「ワクチンによる殺人罪」で起訴される!、「天下のウソつき山際」に国民の怒りが爆発!

【ゆるねと通信】「ランセット」が「新型コロナが実験室由来という仮説を排除しない」との見解を発表!、ビル・ゲイツがインドで「ワクチンによる殺人罪」で起訴される!、「天下のウソつき山際」に国民の怒りが爆発!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2022年9月21日号)

英国大手医学誌「ランセット」が「新型コロナが実験室由来という仮説を排除しない」との見解を発表!今頃になって世界の医学界が「ウイルス兵器」の可能性を認め始める!

新型コロナが実験室由来という仮説を排除しない=ランセット誌委員会

英国の医学雑誌「ランセット」の新型コロナウイルス委員会は14日、新型コロナウイルスの起源が実験室であるという仮説を排除しないとの考えを報告書で発表した。同委員会は、2年間におよぶ調査を踏まえてこの報告書を出したという。
同委員会は、「この報告書の発表時点では、(ウイルスの)起源が実験室であるという3つの仮説には全てその可能性が残っている。その3つとは、何らかの実験で感染したという説、実験室で自然界のウイルスに感染したという説、実験室で改変されたウイルスに感染したという説だ 」と報告書で発表した。

その後、世界保健機構(WHO)はこの報告書についてコメントを発表し、同委員会の勧告を概ね歓迎した。

~省略~

【Sputnik 2022.9.15.】

パンデミックの終息視野に コロナ死者、初期以来の低水準 WHO

【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は14日の記者会見で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の「終息が視野に入った」との認識を示した。

世界で先週に報告された死者数は、流行初期の2020年3月以来の低水準になったという。  WHOの統計によると、9月5~11日の世界の死者数は約1万1000人。世界的に7~8月よりも死者数が減少傾向にある。ピークだった昨年1月には、1週間で10万人超が死亡した。  テドロス氏は「パンデミックを終わらせるのに、われわれはかつてないほど良い位置にいる。まだ到達してはいないが、終息が視野に入った」と語った。

~省略~

【Yahoo!ニュース(時事通信) 2022.9.14.】

新型コロナ、生物兵器として開発されず=米国家情報長官室

[ワシントン 29日 ロイター] – 米国家情報長官室(ODNI)が29日に公表した文書で、米国の情報機関が新型コロナウイルスは生物兵器として開発されたものではないと判断していたことが分かった。ただ文書は、新型コロナの起源を解明するのは永久に不可能な可能性があるとしている。

米バイデン政権は5月、新型コロナの発生源を巡り90日以内に報告するよう指示。ODNIは同報告に関する機密指定が解除された文書を公表した。

それによると、新型コロナが自然に発生したとする説と、研究所から漏洩したとする説は双方ともあり得る仮説だが、どちらの妥当性がより高いのか、決定的は結論は得られない恐れがあるとの考えが示された。

~省略~

【ロイター 2021.10.30.】


出典:国立感染症研究所

英国の大手医学誌「ランセット」が、今になって「新型コロナウイルスが研究所で作られたものであることを否定しない」との見解を発表しました。
これまで米国は、「新型コロナウイルスは生物兵器として開発されたものではない」と主張しつつも、「新型コロナの起源を解明することは永久に不可能である」という、非常におかしく矛盾したことを言ってきましたが、ようやく(コロナ危機のほとぼりが冷めてきたのを見計らって)世界の医学界がCovidウイルスの実態を認め始めてきたようですね。

ボクらなんか、まだ日本に新型コロナが本格的に”輸入”される前(武漢でパニックが起こっていた頃に)「グローバル支配層によって生成された生物兵器の疑いが強い」と指摘していたのに、こんな簡単なことが分かるのに一体どれだけの時間がかかっているのだ

●過去参考記事:
新型コロナウイルス、「生物兵器」の疑い強まる!武漢にはウイルス実験施設(BSL-4)が存在!中国政府の隠ぺいにより、実際には膨大な患者・死者が発生している疑いも…(2020.1.27.)

少なくとも、ビル・ゲイツや(新型コロナの起源がバレそうになってきたのを受けて素早く雲隠れした)ファウチは当然ながら全てを知っているですから、彼らと近しい研究者や医師らはおおよそのことを知っているはずです。
問題は、彼らとそこまで深い関係を持っていない下層の医師や学者であり、これまで彼らが新型コロナについて「自然界で偶然に生まれたもの」とずっと信じてやまなかったというのであれば、彼らの思考停止は相当に深刻であり、学校の成績はすこぶる良かった一方で、(自分自身で考え判断するという)根本的な知性や思考力は極めて低いということになりますね。

目先のカネに目がくらんで(医師としての本来の使命をすっかり忘れてしまったうえで)コロナの恐ろしさをことさらに煽りながら(ウイルスとセットで用意された人口削減兵器である)mRNAワクチンを我を忘れたかのようにゴリ押ししてきた医学関係者は今でもたくさんいるし、こうした自らのカネ儲けやや保身のために(その本質に必死に目を背けながら)”キラーワクチン”を打ちまくってきた医療関係者は、「極めて根本的な知性が欠如した危険な連中」であると強く非難せざるを得ない。

そして何よりも、(「新型コロナウイルスとmRNAワクチン」の2つの人口削減兵器をパッケージングさせた)前代未聞のバイオテロを考え実行させたグローバル支配層の連中は、万死に値する「究極的な殺人鬼」と言う他にないだろう。

現在、世界中で新型コロナワクチンによる深刻な健康被害や死亡事例に対する訴訟の嵐が湧き起こり始めていますが、果たして、世界の医学界は、コロナウイルスに続いてコロナワクチンについても(優生思想に基づく人口削減政策を推し進めるために製造された)「大量殺人兵器」であると認める時が来るのでしょうか
この先の世界の流れを注視していこうと思います。

 

新型コロナウイルスを開発させ”キラーワクチン”を世界市民に打ち込んだ「究極的な殺人鬼」ビル・ゲイツらに対し、インド弁護士会が「殺人罪(死刑を求刑)」で提訴!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事