【ビックリ】JR常磐線の車内で25歳の女性が女の子を出産!とっさの機転で駅員らがタオルを集め、女性たちが集まって手助け!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年1月19日午後1時40分ごろ、千葉県柏市を走行中のJR常磐線の車内で、25歳の女性が女の子を出産。現場に居合わせた女性たちや駅員が協力して出産をサポートするハプニングがあった。

母子はすぐに消防によって病院に搬送されたものの、命に別状はないとのこと。ネット上ではすぐさま大きな話題になり、機転を利かせた女性らへの賞賛や祝福の声が寄せられている。

乗客の女性がサポート/常磐線車内出産ドキュメント

千葉県柏市のJR常磐線柏駅に停車した電車内で19日、女性(25)が女児を出産した。JR東日本東京支社や柏市消防局によると午後1時36分ごろ、非常ボタンが押され、駅員が駆けつけると女性が出産した後だった。

119番通報は同40分過ぎに入ったが、複数人から「車内で分娩(ぶんべん)した人がいる」と通報があった。同2時11分、病院に救急搬送され、母子ともに健康な状態だという。

電車は品川発土浦行きの15両編成で約400人が乗車していた。出産した女性と同じ車両に乗り合わせていた宇津野真一さん(19=専門学生)が取材に応じ、緊迫した様子を語った。

「『おんぎゃー、おんぎゃー』という赤ちゃんの泣き声が聞こえた。だんだん元気がなくなり、10~20秒後には聞こえなくなったので心配だった」。泣き声が聞こえたのは停車直前だったという。

直後に乗客の女性4、5人が出産した女性を取り囲みサポートしていた。停車後は駅員らが大量の白いタオルを車内に運び、ブルーシートで現場を覆った。車内と駅構内では「どなたかお医者様はいませんか」との放送が流れた。

しばらくすると救急隊員が現場に到着。同消防局は、駅には階段が多く、上り下りなどで搬送が難しくなることを想定。隊員を多く派遣するため、救急車と同時にポンプ車も同行した。

【日刊スポーツ 2018.1.19.】

出典:TBS News

にゃにゃあ!!
電車の中で赤ちゃんを出産なんて、こりゃまたビックリだにゃあっ!

しかも、ちょうど女性の隣に座っていた女性が元看護助手だったようで、これも本当にラッキーだったね。
情報によると、赤ちゃんを産んだお母さんは、モデル業をしているネットでは少し知られた女性みたいで、病院に向かう途中に予想外に早くに産気づいてしまったようだ。
その後に女性のツイッターでは、出産に協力してくれた人たちへのお礼のツイートが更新され、同時におおごとになってしまったことに深く謝罪をしていたけど、まあ何にせよ、母子ともに元気みたいで本当に良かったよ。

ネットでは、機転を利かせてサポートした女性や、これに協力した乗客・駅員さんらに多くの賞賛の声が集まっている一方で、一部では電車が遅れたことなど、女性に対して批判の声も寄せられたみたいで、残念ながら現在は女性のツイッターに鍵がかかってしまっている状況だ。

まあ、何かと殺伐として世知辛い世の中だけど、その一方で大らかで優しい人々も今でもたくさんいるようなので、どうか今後健やかに育っていってほしいものだ。

ほんとだにゃっ!
将来は、電車の運転手しゃんか車掌しゃんのなるのかにゃ?
たくさんの人たちから祝福コメントをもらって、「災い転じてなんとか」にゃし、お母さんから愛情をたくさんもらって元気にスクスクと育って欲しいにゃ♪

おススメ記事&広告

 
Pocket