【許さん】早くも傲慢さをちらつかせる安倍政権幹部!「(森友&加計の)みそぎは済んだ」「衆院選後は臨時国会を開かないかごく短期間で終える」

Pocket

どんなにゅーす?

自民公明の衆院選での勝利を見越して、自民党内部で早くも傲慢な政治運営をちらつかせる動きが出ているという。

・ある自民幹部は「(森友&加計の)みそぎは済んだ」「衆院選後は臨時国会を開かないかごく短期間で終える」などと言っているとのことで、選挙結果を元に「国民はモリカケ問題に納得した」と強引にこじつけた上で、全ての重大疑惑を闇に葬り去る危険が生じてきている。

政権、問われる透明性 与党圧勝なら――森友・加計、幕引き懸念 衆院選

「森友・加計(かけ)」問題で、情報公開や公文書管理のあり方にスポットライトが当たる衆院選。自公圧勝なら、選挙で「みそぎ」がすんだとして一連の説明に消極的になる可能性がある。一方、野党は問題の徹底解明や公文書管理法改正などを公約に掲げる。選挙の結果は、問題の追及や行政の透明化に影響しそうだ。

【朝日新聞 2017.10.20.】

 

野党票が分断され、自動的に自公の勝利がもたらされてしまう展開の中で、強引に「みそぎが済んだ」ことにしようと企む安倍政権!

出典:Twitter(@tohohodan)

選挙が終わる前から、安倍政権は早くも余裕しゃくしゃく国民をバカにしきったメチャクチャな政治運営を再開する気満々みたいね!
安倍政権に怒っている国民の票が完全に分断されちゃうような展開になっている中で、「みそぎはすんだ」もへったくれもないじゃないのよ!!

しかも、選挙翌日の23日に、今治の加計学園獣医学部の認可が文科省から下りるとの情報も出ており、まさに準備万端で加計疑獄を徹底的に葬り去る気満々みたいだぞ。

様々な情報(また後日に紹介する予定)を見る限り、今回の野党分断の事態は、小池氏(前原氏も?)が”実行部隊”となった形のネオコン系勢力(?)による謀略だった可能性が高まってきているけど、こんな形で安倍批判票が分断させられたところで、「安倍政権が信任された」なんて胸を張られてもなんの説得力も無いだろう。

ボクたち安倍政権に怒っている国民は、今回どんな選挙結果が出たとしても決して肩を落とすことなく、今後もとことん政治の腐敗や不正を追及し続けていかなければならないし、とにかくこんな形での森友&加計の幕引きは絶対に許してはならないと思うよ。

私たち一般庶民にとっては、とっても厳しい構図の選挙になっちゃったけど、今までの反知性のメチャクチャな政治に強く対抗できる可能性を秘めた立憲民主も生まれたし、この流れを次に活かしていくことが大事よね!
いよいよ選挙戦も大詰めだけど、少しでも無党派層の人たちを動かせるように全力を尽くしていくわ!

22日の投票日当日は台風でかなり荒れた天気になるとの予報が出ているので、21日(土)の期日前投票に行った方がいいかもしれないね。
とにかく、必ず投票所に足を運び日本の未来の運命を左右する重要な1票を投じてこよう。

おススメ記事&広告

 
Pocket