【セクハラ疑惑】福田淳一財務事務次官、新潮社に対して提訴を準備!「こんなやり取りをしたことがないし、会食をした覚えもない」「本当に女性記者なのか」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年4月16日、財務省がセクハラ疑惑の福田淳一事務次官からの聴取の結果を発表福田次官は「こんなやり取りをしたことがないし、会食をした覚えもない」「本当に女性記者なのか」などと主張しており、新潮社に対して名誉毀損で訴訟することを検討していることを発表した。

財務省
福田次官、セクハラ否定「事実と相違、提訴準備」

週刊新潮で女性記者に対する財務省の福田淳一事務次官のセクハラ発言が報じられた問題で財務省は16日、次官からの聴取結果を発表した。福田次官は「週刊誌報道で記載されているようなやりとりをしたことはなく、心当たりを問われても答えようがない」と事実関係を否定。新潮社に対し、名誉毀損(きそん)で提訴を準備していることを明らかにした。

ただ、財務省は「一方の当事者だけでは事実関係の解明は困難」と説明し、報道各社でセクハラ発言を受けた女性記者がいないか調査への協力を呼び掛けた。調査には外部の弁護士で対応するとしている。

【毎日新聞 2018.4.16.】

「女性記者と会食した覚えもない」 次官のコメント全文

①週刊誌報道・音声データにある女性記者とのやりとりの真偽

週刊誌報道では、真面目に質問をする「財務省担当の女性記者」に対して私(福田事務次官、以下同じ)が悪ふざけの回答をするやりとりが詳細に記載されているが、私は女性記者との間でこのようなやりとりをしたことはない。音声データによればかなり賑(にぎ)やかな店のようであるが、そのような店で女性記者と会食をした覚えもない。音声データからは、発言の相手がどのような人であるか、本当に女性記者なのかも全く分からない。また、冒頭からの会話の流れがどうだったか、相手の反応がどうだったのかも全く分からない。

②週刊誌報道・音声データにある女性記者の心当たり

業務時間終了後、男性・女性を問わず記者と会食に行くことはあるが、そもそも私は、女性記者との間で、週刊誌報道で詳細に記載されているようなやりとり(また、音声データ及び女性記者の発言として画面に表示されたテロップで構成されるやりとり)をしたことはなく、心当たりを問われても答えようがない。

③普段から音声データのような話をしているのか

お恥ずかしい話だが、業務時間終了後、時には女性が接客しているお店に行き、お店の女性と言葉遊びを楽しむようなことはある。また、仲間内の会話で、相手から話題を振られたりすれば、そのような反応をするかもしれない。

しかしながら、女性記者に対し…

【朝日新聞 2018.4.16.】

「安倍総理が福田次官の更迭を判断」との情報も出ていた中、まさかの”真逆の動き”に!ネット上でも驚きと怒りの声

出典:TBS News

衝撃的な「セクハラ音声」がお茶の間のワイドショーでも盛んに取り上げられている福田財務事務次官ですが、なんと、新潮社に対して提訴の準備をしているとの報道が出てきました。
ネット上でも、ここまで開き直りのごとく強気の態度で出てきた財務省側に対し、驚きと怒りの声が寄せられています。

産経新聞では、「安倍総理が福田事務次官の更迭を判断した」との報道がされているけど、現時点でどこもこの報道を後追いしていないので、これは(いつものパターンで)誤報ということなのかな?

現状を見ると、新潮社に対して文字通りの「全面対決」の姿勢を見せているみたいなので、「セクハラはでっち上げ」「被害女性は名乗り出ろ」との”逆ギレ脅し路線”を突き進むことで、時間稼ぎをしつつも、週刊新潮を見せしめにする(いわゆるスラップ訴訟)ことで政権にネガティブな報道を少しでも抑圧させる狙いがあるのかもしれないね。
(ちなみに、テレビで声紋鑑定を行なっていたけど、その結果は95%以上の確率で福田次官本人とのことだった
よ。)

与党内にも「辞任は不可避」との声が出ていたようですが、蓋を開けてみれば、こうしたものとは真逆の動きに出てきましたね。
当然のごとく、週刊新潮もかなりの確度で裏を取って報道しているはずですし、この動きを受けて新潮側の対応も注目されますね。

恐らく新潮は、さらなる音声や追加情報を出してくるかと思うので、今後の展開をよく見ていくとしよう

おススメ記事&広告

 
Pocket