【ペテン政府】辺野古の地盤、70M以深も「軟弱」か!安倍政権が試験結果を隠蔽!さらに「強度試験やってない」と国会やマスコミに虚偽説明!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権が建設を強行している米軍辺野古新基地の軟弱地盤が問題になっている中、海底下70メートル以深の地盤についても「軟弱」との試験結果が出ていたことが判明した上に、これを隠蔽してきていたことが判明した。

・防衛省はこの試験結果について「業者が独断で行なった調査で信頼性が低い」と位置づけ、このデータを排除した上に、国会やマスコミに対しても「強度試験をやってない」と虚偽の説明を繰り返してきた疑いが浮上。

・しかし、発注を受けた業者が無許可で試験を行う可能性は極めて低いと専門家が指摘しており、安倍政権が不都合なデータを一方的に隠蔽・排除した上で、ウソの説明をしてきた疑いが強まっている。

辺野古、70メートル超も「軟弱」 地盤調査、防衛省伏せる

沖縄県名護市辺野古(へのこ)の米軍新基地建設を巡り、埋め立て予定海域で防衛省の想定に反し、海面下七十メートルより深い海底の地盤が「軟弱」であることを示すデータが検出されていたことが分かった。「七十メートルまで地盤改良すれば施工可能」という同省の設計の前提は、根底から覆る可能性が出てきた。同省は「業者が独断で行った調査で信頼性が低い」としてこの実測データを採用せず、調査した事実すら伏せていた。 (中沢誠)

海底の軟弱地盤の存在は着工後に判明し、粘土層は最深部で海面から九十メートルにまで達すると指摘された。防衛省は地盤改良の必要から設計変更の準備を進めているが、工事の助言を得る有識者会議にもこのデータを示していなかった。

「軟弱」を示すデータが検出されたのは、軟弱地盤が九十メートルまで達していると指摘された「B27」地点。防衛省から委託された業者が現場で土を採取し、地盤強度を計測。その結果によると、七十メートルより深い地盤でも地盤強度の区分で六段階のうち二番目に軟らかい地盤に該当した。

データは、防衛省が二〇一九年三月に国会へ提出した一連の調査結果の巻末資料として、英文で表記されていた。防衛省はデータの存在を伏せ、これまで「B27地点では強度の試験をやっていない」と国会や本紙の取材に答えていた。

防衛省はその一方で、B27地点の地盤強度を最長七百五十メートルも離れた別地点のデータから類推し、「七十メートルより深い地盤は非常に固い」とし、七十メートルまで地盤改良すれば基地建設は可能と結論付けている。

B27地点には巨大な護岸が設置される。真下の地盤が軟弱だった場合、護岸が沈下したり傾いたりして基地として機能しない恐れがある。防衛省はB27地点の実測データは「信頼性が低い」として採用せず、設計変更の検討に当たっても考慮に入れていない。

~省略~

【東京新聞 2020.2.8.】

辺野古軟弱地盤 防衛省「強度試験やってない」 国会や取材に虚偽説明

~省略~

「最初から地盤の強度試験はやっていない。海底の地中から採取した試料は土の性状を見るためのもの」

軟弱地盤が海面から深さ九十メートルに達する埋め立て予定海域の「B27」地点。防衛省の担当者は昨年十月、本紙の取材に、海底の土の採取は認めながら、試験はしていないと断言した。

~省略~

防衛省が地盤改良の検討報告書を公表した昨年三月以降、国会では野党が「B27地点で地盤の強度試験もせずに大丈夫だと判断したのは、極めて不自然」などと追及した。

これに対し、当時の岩屋毅防衛相らは「B27地点そのものは(強度試験を)やっていない」。B27地点のデータの存在に言及したことは一度もなかった。

防衛省整備計画局は、これまでの国会答弁や取材への回答について「正確な説明ではなかったかもしれないが、うそをついたつもりはない」と抗弁する。B27地点の強度データは「業者の独断で行った使えないデータだった」と強調した。

だが、国から地質調査を請け負ったことがある建設コンサルタントは証言する。「どんな試験をするか、事前に発注者の許可を取る。指示のない試験を受注業者が勝手に行うことは、指名停止につながる恐れもあり、常識ではあり得ない」

~省略~

【東京新聞 2020.2.8.】

またまた、安倍政権の「ペテン」が明らかに!都合が悪い情報やデータはことごとく隠蔽・廃棄・改ざん・捏造!

出典:YouTube

またまた、安倍政権の悪質過ぎるペテンが明らかになったわっ!
自分たちが辺野古基地建設で美味しい金儲けをやりたいがために、都合が悪い試験結果を隠蔽・排除した上で、「該当地点の強度試験はやっていない」と国会やマスコミで嘘の説明をしていたことが発覚したのことよっ!

自衛隊日報や森友・加計、桜などと同じパターンで、自分たちに都合が悪い情報は徹底的に隠ぺい・排除・廃棄・改ざん・捏造という、「安倍政権の真骨頂」が辺野古基地問題でも炸裂だ。
政府側は「業者の独断による簡易試験で信用性が薄い」なんて主張しているみたいだけど、専門家からも「発注を受けた業者が許可なく勝手にやるはずがない」と指摘しているし、そもそも、業者による簡易試験で軟弱地盤のデータが出されたのなら、政府がより丁寧で詳細な調査を行ない、「一体どれだけの軟弱地盤なのかを確認する」というのが、まともな政府が行なう対応だ。

自分たちにとって都合が悪い結果が出たからといって、これを全て排除・廃棄した上で、「該当地点の調査はしていない」とウソをつきつつ、「地盤強度は全く問題ない」ということにして、建設強行を進めてきた時点で、これはもう犯罪的なやり口だし、国家としての体を成してない
つまり、安倍政権内では、すでに、犯罪的なやり口が完全に常態化してしまっており、自らの利権や金儲けのためならどんな手口も厭わないという、真性的な「犯罪集団」が日本を支配してしまっている状態ということだ。

ここまで腐りきった手口で、私たちの税金を余分に騙し取りまくっているっていうのに、テレビは「芸能人の不倫」やら、ほんとにくだらないことばっかりに明け暮れてる始末だし…。
一体、この国の政治とマスコミはどうなってしまっているのよっ!?

安倍政権が真性的な犯罪政権なら、マスコミも、その犯罪を全力で助ける「犯罪集団の一味」ということになってしまうね。
私利私欲のために、どんな反社会的な手口も辞さない安倍政権と、それを黙認しながら国民騙しに加担するマスコミ、そして、それを半ば黙認して”現実逃避”してしまっている日本国民により、この日本は、本格的な「崩壊フェーズ」に入ってきているようにみえる。

このままこの状況を放置している限り、東京五輪が終わった頃には、いよいよとんでもない状況になっているんじゃないかな。

Pocket

 

 関連記事