■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【毎度お馴染み】橋下氏が「東大刺傷事件」で悪質発言!「人生は自己責任が原則、全部社会の責任にするのは違う」「『自分の責任じゃないよ』と呼び掛ける風潮が強まることを恐れている」

【毎度お馴染み】橋下氏が「東大刺傷事件」で悪質発言!「人生は自己責任が原則、全部社会の責任にするのは違う」「『自分の責任じゃないよ』と呼び掛ける風潮が強まることを恐れている」
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年1月17日、橋下徹元大阪府知事が「めざまし8」(フジ)にスタジオ出演、「東大刺傷事件」について発したコメントが波紋を呼んでいる。

橋下氏は「今、『自己責任』とか言うとすごく批判される風潮あるんですけども」としつつ「基本的に人生は自己責任が原則」と主張。「色んな悩みはあるかも分からないけども、全部社会の責任にするってのは違うよってことは明確に言っていかないといけない」とし、「自分の責任じゃないよ」と呼び掛けるような風潮が強まることを恐れていると強調した。

東大前刺傷事件で橋下徹さん「人生は自己責任が原則…全部社会の責任にするのは違う」

元大阪府知事で弁護士の橋下徹さん(52)が17日、フジテレビ系朝の情報番組「めざまし8」にスタジオ出演。大学入学共通テストの会場だった東京大学前で受験生らが刺傷された事件に苦言を呈した。

~省略~

人生がうまくいかない憤りの矛先を他者に向けた少年に、橋下さんは「あまりにも身勝手すぎて…」と困惑。続いて「今、『自己責任』とか言うとすごく批判される風潮あるんですけども」と前置きしつつ「基本的に人生は自己責任が原則」と、少年を諭すように持論を主張した。
家庭環境などの差で社会のサポートが必要な面はあるものの「自分の人生を歩むにおいて、いろんな悩みはあるかもわからないけども、全部社会の責任にするってのは違うよってことは明確に言っていかないといけない」と訴え、「自分の責任じゃないよ」と呼び掛けるような風潮が強まることを恐れているとした。

【中日スポーツ 2022.1.17.】

橋下氏が東大刺傷事件を利用し(お得意の)「自己責任(グローバリズム)」思想を喧伝!ネット「一番無責任な奴が自己責任言うな」

出典:Twitter(@bokuhadokoniiru)

毎度のことですが、またも橋下氏が悪質な「自己責任論」を全開にしています。
ネット上では「一番無責任な奴が『自己責任』などと言うな」との批判が噴出していますが、全くその通りと言えるでしょう。

「基本的に人生は自己責任が原則」って、こんなことを言えば、何だって「自己責任」で済ませることが出来てしまうし、(ただでさえ政治権力と一心同体の関係者だというのに)間違っても公共の電波で絶対に言ってはいけない言葉だろう。
ネットでも的確な指摘が上がっているけど、どんなことでも「つまるところはお前が全て悪い」という風潮が蔓延していけばいくほど、人生に絶望し自暴自棄になることで人を傷つけたり自ら命を絶つ事件がますます多発していくことに繋がるし、簡単に言えば、橋下氏が主張しているような思想が蔓延しつつあるからこそ、こういった、あまりに痛ましいだけでなく社会秩序の本格的な崩壊に繋がる事件が続発しているのではないのかな。

全く同感です。
先の記事で問題視した「学歴史上主義」の蔓延もそうですが、経済的に苦しんでいたり様々な悩みを抱えている親や子どもたちがいつでも安心して助けを求めることが出来るシステムが社会の中に存在していれば、自暴自棄に陥ったことによる事件を大幅に防ぐことが出来るでしょうし、学校以外で学べる施設を政治主導で多く作っていけば、画一的で排他的な教育システムが是正されていき、さらには、多様で自由・客観的な価値観が育まれていくことで、多くの国民が今よりも豊かな感性や価値観を持つことに繋がり、今回のような事件も自ずと減っていくのではないでしょうか。

そういう意味でも、橋下氏のようなグローバリストが強大な影響力を持っていることは極めて社会的に有害だし、この男をオピニオンリーダーのように連日連夜重用しているマスコミはそれ以上に悪質だろう。
簡単に言えば、これも、グローバル資本勢力による(トルーマンが言ったとされる)「愚民化奴隷洗脳政策」の一環であり、国民の力でこれらの腐った連中を完全に駆逐しない限り、日本社会はますます荒廃し、最後はほとんど全ての日本国民の精神が完全なまでに破壊され、真性的な「使い捨てロボット人間」にされてしまうだろう。

幸い、ネット上では橋下氏の悪質さに怒っている人々が多いですが、社会全体で見るとまだまだ圧倒的少数ですし、橋下氏や維新などのグローバリスト勢力が日本社会でますます影響力を強めていく恐ろしさや危険性について、一人でも多くの人々が認識する必要があるのではないでしょうか。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事