【ヤバい】公的年金投資機関のGPIF、1~3月期が17.7兆円もの赤字に!19年度全体も8兆円の赤字!「誰も責任を取らない年金運用」で、国民の貴重な年金がますます”外資のエサ”に!

Pocket

どんなにゅーす?

・国民の年金を投資運用しているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の2020年1~3月期の投資実績が17.7兆円の赤字だったことが明らかに。また、2019年度全体おいては8兆円もの赤字だったことが明らかになった。

・世界的なコロナ危機により、リーマンショックの規模をはるかに超える金融危機が予測される中、国民の公的年金が大規模な運用損によって溶かされる可能性が高まっており、ネット上では、リスクの高い投資商品に莫大な年金資金を注ぎ込み続けている安倍政権に怒りの声が上がっている。

GPIF:1-3月期17.7兆円の運用損、コロナ禍で過去最悪

世界最大の年金基金、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の2020年1-3月期に18兆円近い運用損を計上した。損失の額、率とも自主運用を始めた01年度以降で四半期として過去最悪。新型コロナウイルス感染の世界的な流行を受けた株価の急落で保有資産の評価損が膨らんだ。

GPIFが3日に発表した資料によると、19年度第4四半期となる20年1-3月期の運用損失は17兆7072億円。収益率はマイナス10.71%と急激に悪化し、3月末の保有資産残高は150兆6332億円に縮小した。第3四半期末である19年12月末は170兆円近くにまで達していた。

~省略~

しんきんアセットマネジメント投信の藤原直樹運用部長は「この期間のマイナスはしょうがない。予想通りという感じ」としたうえで、「3月から株も戻っているので4-6月は国内、海外株式で取り戻せているはず」と分析した。

【Bloomberg 2020.7.3.】

GPIF、19年度8兆円赤字 リーマン危機以来の水準

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は3日、2019年度の運用実績が8兆2831億円の赤字になったと発表した。新型コロナウイルスによる株価の下落が影響し、リーマン・ショックのあった08年度(9兆3481億円)以来の損失額になった。通年で赤字となったのは15年度以来4年ぶりだ。

~省略~

【日経新聞 2020.7.3.】

GPIFの19年度の損失がリーマンショックに次ぐ大きさに!ネットでは「トータルでは50兆円以上のプラスだから何の問題もない」との声が上がっているものの…

GPIFが19年度と20年1~3月期の損益を発表しましたが、やはり、すでに相当に莫大な損失が出ていたことが判明しました。
ネット上では、「トータルでは利益を出している」ことを理由に、これらの報道に対して「悪質な切り取り」などとしては、安倍政権の責任を追及している意見を声高に叩くコメントが量産されていますが、そんなに安閑としていていいものでしょうか…?

GPIFが設立されたのは2000年代初めごろだけど、たかだか20年足らずの実績をみて、「上手くいっている」「上手に運用している」などと宣っている意見こそ、安倍政権やGPIFに対する「奇妙な賛美や印象操作」であり、いささかおかしな考え方だと思うけどね。
現時点でのトータルでの運用損益はプラス57兆円あまりとのことだけど、たったの1年間で8兆円も溶かしたのであれば、場合によっては、この先、ものの数年間でこれまでの利益がほとんど吹っ飛ぶ事態になることも大いにあり得る話だと思うけど。

そもそも、国民にしっかりと還元すべき大切な年金を、(国民がよくよく知らない中で)得体の知れない”ハゲタカ”グローバル投資家がうじゃうじゃいる市場に湯水のように注ぎ込んでいることそのものに疑問を持った方がいいし、全世界が「終わりの見えないコロナショック」に大揺れの中、世界の株式市場がさらなる大混乱に陥っては、GPIFの損失がますます拡大していく危険があるだろう。

(ちなみにGPIFは、19年秋ごろに浮上した「セクハラ騒動」をきっかけに20年3月末に3人の理事が一斉に退任するという”異常事態”が発生しており、この背景にも、様々なドロドロとした内情や陰謀があるものとみられている。)
年金運用機構の3理事全員退任の真相・深層

いずれにしても、コロナショックの「本当の影響」が様々な形で顕在化していくのはこれからですし、政府の誰もが明確な責任を取らぬままに、国民の貴重な年金が、ことごとくグローバル資本勢力のエサとなって消えてしまう危険性がますます増してきているといえそうです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事