プリンター大手エプソンをフランス検察が調査!意図的に製品寿命を短くしている疑い!キヤノンやブラザーも「インク買い換え商法」が指摘される!

Pocket

どんなにゅーす?

日本のプリンターメーカー大手エプソンに対して、フランス検察当局が「意図的に製品寿命を短くしている疑い」で捜査をしていることが明らかになった。

・フランスでは消費者保護法に基づき、日本のメーカーを中心にプリンターに関する苦情が相次いでおり、消費者団体HOPは日本のキヤノンやブラザー、米HPに「インクがまだ残っているにもかかわらず、不当に買い換えを促している疑いがある」として申し立てを行なっているとのこと。

意図的に買い替えを強制か、エプソンを調査 仏検察

【AFP=時事】大手プリンターメーカーのエプソン(Epson)が製品の寿命を計画的に短くしているとして、フランスの検察当局が消費者保護法に基づき調査を進めていることが28日、明らかになった。司法筋が同日、AFPの取材に明らかにしたところによると、調査は11月に開始されたという。

これに先立ち、消費者団体HOPは9月、エプソンに加え、ブラザー(Brother)やキヤノン(Canon)、米HPが、プリンターのインクがまだ残っているにもかかわらず、消費者をだまして買い替えを促しているとして申し立てを行っていた。

【Yahoo!ニュース(AFP=時事) 2017.12.29.】

 

「フランス発」で、日本のメーカーにはびこる「タイマー商法」「インク買い換え商法」が本格的に問題視される!

ええっ!?日本の大手プリンターのエプソンさんにフランス検察が捜査に入ったのですかぁ!
なんだか、日本のメーカーの不祥事がどんどん世界で注目されつつありますですぅ!

まさに、違う意味で「日本すげえ!」っていう事態になっているね。

ボクも以前より、プリンターを仕事上コアに使ってきたユーザーの一人だけど、以前よりエプソンはもとより、キヤノンの「インク商法」には相当に腹を立ててきた一人だ。
前から日本のプリンター界では、「本体を極力安く売って、その分(継続的に購入せざるを得ない)インクを独占的に高く売りつけ、大きな利益を上げる」手口が指摘されてきたし、ボク自身もその実態に直面してきたよ。

しかもキヤノンの場合では、かつては中のインクの残量が透けて見える仕様になっていたものの、(インクの残量を隠しつつ、安価な他社の詰め替えインクを買わせたくなかったのか)途中からこれが隠されて残量が全く見えない仕様に変わってしまったし、新しい製品と合わせてインクも新しく開発し、従来のインクの互換性を意図的に失わせるというのも、なかなかあくどい手口だね。

結局、私たちにとって利便性や利益をもたらすことよりも、自分たちのお金儲けのために、新技術や創造的なアイデアに全力を傾けてしまっているのですねぇ。
これじゃ、フランスの人たちも怒り出すのも当たり前ですし、これも私たち日本人の大人しさ(従順さ)が生み出してしまったものなのかもしれませんねぇ…。

こうしたフランスでの動きを機に、日本のメーカーが少しでも消費者目線の姿勢に変わってくれればいいんだけど…まあ何とも情けない事態だ。
近年の日本ではびこり始めている「金儲けのためには手段を選ばず」「金こそ世の中の全て」「自分さえ良ければいい」などの思想が、日本の大手メーカーにもより蔓延してきていることを示すニュースだけど、ボクたちもこうしたフランスの市民を少し見習って、「ただ強いものに付き従う」のではなく、権力や巨大グローバル企業に対しておかしいと思ったことをどんどん主張して、ボクたちの暮らしを少しでも向上させていくために積極的に問題提起いくことが大事なんじゃないかな?

おススメ記事&広告

 
Pocket