【物議】フランスの女優、カトリーヌ・ドヌーブさんら100人が「#MeToo」のセクハラ告発の動きを批判!「地下鉄車内で体を触られるのは取るに足りないこと」

Pocket

どんなにゅーす?

フランスの女優、カトリーヌ・ドヌーブさんらおよそ100人のフランス人女性が、世界中で広がりを見せる、「#MeToo」のセクハラ告発の動きを批判「性的な含みを持たせるメッセージや、男性が女性にちょっかいを出すのはセクハラには当たらない」などの書簡を発表した。

・これに対して、イタリアの女優、アーシア・アルジェントさんら多くの有名人や女性人権団体などが激しく反発。国際規模で激しい論争が起こり始めている。

カトリーヌ・ドヌーブら仏女性100人、過剰なセクハラ告発に抗議

ハーベイ・ワインスタインの過去30年以上にわたるセクハラ行為が暴露されたのをきっかけに、大勢の女優や映画関係者が相次いで性的な被害を告白。「#MeToo(私も)」のハッシュタグと共に、SNSを中心としたセクハラや性的暴行の告発、性犯罪に対する抗議運動がますますヒートアップする中、フランスを代表する大女優カトリーヌ・ドヌーブを含む同国の女性100人が、過剰な抗議運動に“逆抗議”するという大胆な行動に出た。

仏ル・モンド紙は1月9日(現地時間)、ドヌーブをはじめとする女優や作家、心理学者やジャーナリストなど、様々な分野で活躍するフランス人女性100人の連名による公開状を掲載。その中で、「女性への性的暴行・セクシャルハラスメントがあるまじき行為であるのは確かだが、告発を強制する風潮のせいで、沈黙を貫く人たちが裏切り者呼ばわりされるのはいかがなものか」と疑問を投げかけた彼女たちは、「#MeToo」キャンペーンを「行き過ぎ」と批判した。

さらに、「弁明の機会も与えられないまま一方的かつ公に糾弾された結果、失職に追い込まれた男性たちも同じく被害者。その気がない女性に対して、ビジネスディナーの場で“親密”な言葉をささやいたり、性的な含みのあるテキストメッセージを送ったり、膝に軽く触れたりしただけで、性犯罪者扱いされてしまうのだから。レイプは間違いなく犯罪だけど、女性を口説こうとちょっかいを出すのは、犯罪じゃない」と、セクハラ容疑をかけられた男性陣を擁護するかのごとき一文もある。これは、掲載と同時に大きな物議を醸している。

ワインスタインによる性的暴行を告発した1人である伊女優アーシア・アルジェントは、「ドヌーブたちは女性蔑視の文化で育ったせいで、すっかり洗脳されてしまったようね」とTwitterで早速チクリ。今後さらなる騒動へと発展していきそうな気配だ。

【映画.com 2018.1.11.】

C.ドヌーブさんらは「レイプ擁護者」 反セクハラ運動非難した書簡に批判殺到

とりわけ公開書簡で「地下鉄車内で体を触られるのは(一部の女性にとっては)取るに足りないこと」、女性を口説く男性の権利は性的自由には欠かせないと主張している内容は、激しい怒りに火を付けた。

米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)の風刺漫画家、コリーン・ドラン(Colleen Doran)氏は、「もしカトリーヌ・ドヌーブさんが、極めて美しく、とても裕福な白人女性という非常に大きな特権の恩恵を受けながら生きてこなければ、全く違う意見を持っていたかもしれない」とツイッターに投稿した。

また米小説家のライラ・ララミ(Laila Lalami)氏は、こうした考え方は、「ウディ・アレン(Woody Allen)監督やハーヴェイ・ワインスタイン氏といった男性たちがのさばり続けた理由を明白に説明している」と指摘している。

【AFP 2018.1.11.】

自らの性的魅力を武器に渡り歩く女性と、これを嫌悪する生き方をする女性とで、激しい論争が勃発か

出典:Wikipedia

世界では、「#MeToo」の世界的なセクハラ告発の動きが盛り上がっている中で、女性の立場からこれにNo!を唱える人が出てきたみたいだわ。
見た感じ、この先、世界的な有名人同士で激しい論争に発展していきそうな予感ね。

世の中には、女性ならではの立場や自らの性的魅力を利用して、したたかに世の中を渡り歩いている女性と、そうではない女性がいて、例えばドヌーブ氏のように、男性が喜ぶ性的な要求に積極的に応えてあげることで、多くのものを手に入れ、今の地位やポジションを獲得してきた女性も多くいるということだ。

彼女たちにとっては、男性がこうした運動で過度に萎縮してしまい、自ら進んで性的な要求をしないようになってしまうと、今までのやり方が通用しなくなってきてしまうし、平たく言うと、男性によるセクハラやそれに準じた要求をしてくることを上手に活かし、得をしてきた女性もいるということだね。

近年の日本を見ても、とりわけアイドル業界を見ると、こうした「手法」を使って社長やプロデューサーに気に入られることで、自らが望んでいたポジションを手に入れた女性が結構いそうな感じだし、このような女性は、自らの性的な魅力を”武器”として積極的に男性に提供してきたことに、ある種の確固たるプライドやポリシーを持っているものだ。
その国の文化や風潮によっても、こうした曖昧なものに対しては考えの違いが生じてきそうだし、そういう意味でも、こうした世界的な意見の相違や論争は当然のごとく起こってくるものだろうね。

ただ、そのドヌーブ氏も言っているように、確かにセクハラと口説きの境界線はいささ曖昧な部分はあるものの、例えば、女性に薬を飲ませ、意識を失わせた上で避妊具も付けずに一方的に性行為にふけるというのは、紛れもないレイプという凶悪犯罪だ。

今回のような論争が起こること自体は否定も肯定もしないけど、それだけに、こうしたレイプの悪質性を改めて思い返した上で、あいまいな言葉による性的発言などとは明確に線引きしていくことが必要だね。

つまり、はあちゅうさんのセクハラ告発の内容と比べても、詩織さん事件の悪質度は比べものにならないくらいに桁違いということね。
それだけに、はあちゅうさんばかりを取り上げて、安倍政権に激しく忖度することで詩織さんを徹底的にネグっている日本のマスコミは末期的だし、そうした点を改めて認識した上で、詩織さんレイプ事件の本質とその実態をしっかりと追及していく必要がありそうね。

まったくだ。
詩織さん事件とその他の「#MeToo」を比べてもその内容や深刻度の違いは一目瞭然だけど、多くの世の中に存在しているセクハラとレイプは、明確に分けて考えていくことが大切かと思うよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket