■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【大納得】中国政府は「公明党は世界一の親中で、日本共産党は反中」と位置づけ!自民党も「中国脅威論」を煽りつつ、裏では中国共産党とますますズブズブに!

【大納得】中国政府は「公明党は世界一の親中で、日本共産党は反中」と位置づけ!自民党も「中国脅威論」を煽りつつ、裏では中国共産党とますますズブズブに!
Pocket

どんなにゅーす?

・中国問題に詳しい筑波大学名誉教授・遠藤誉氏が「日本を中国従属へと導く自公連立――中国は『公明党は最も親中で日本共産党は反中』と位置付け」との記事をYahoo!ニュースで配信中国政府は自公政権が今後も継続していくことを強く望んでいる上に、2012年の自民総裁選時のエピソードを回想しつつ、安倍元総理ら自民党の有力政治家も「中国共産党との関係の深化」を望んでいる内情を伝えた。

日本を中国従属へと導く自公連立――中国は「公明党は最も親中で日本共産党は反中」と位置付け

中国は日本の公明党以上に親中の政党は世界にいないとみなし、日本共産党は反中の敵対勢力と見ている。次に親中なのは自民党なので、自公連立ほど中国にとってありがたい存在はない。思うままに動かせる。

◆中国政府高官「自公は親中なので・・・」

あれは確か、2012年9月に自民党総裁選があったときのことだったと思う。

私はテレビの番組に呼ばれて、総裁選立候補者と対談をしたことがある。

そこには「安倍晋三、石破茂、林芳正、石原伸晃」の4氏が並んでいた。町村信孝氏も立候補していたのだが、途中で体調を崩して出席していなかった。

ちょうど自民党が野党に下り、民主党政権と競り合って政権交代を目指していた時期でもあったことから、私は番組で「中国では自民党じゃなくては、という意見が多いですよ」と言った。

すると安倍氏が勢いよく「ほんとですか!」と前のめりになり、4人とも「いいですねぇー!」と声を揃えた。

サービスで言ったわけではなく、尖閣諸島国有化問題により中国全土でデモが起き、中国は民主党政権を「反中」として激しく罵っていた時期でもあったからだ。

私は当時、連日のようにテレビに出ていたので、責任あるメッセージを発していかなければならないと思い、中国政府の考え方を正確に知るべく、中国政府元高官を取材したばかりだった。

元高官は「いやー、民主党はだめですよ。あれは反中だ。やっぱり自民党でなきゃね。というより、何と言っても自民党は公明党と連立を組んでるので、そりゃあ、親中に傾くに決まっている。公明党ほど親中の政党は世界でも珍しいほどですからねぇ」と回答したのだった。

~省略~

◆日本共産党は反中で、中国共産党の敵対勢力

それに比べて中国は、日本共産党を反中であるとして、敵対勢力に位置付けてきた時期さえある。

日本共産党に関しては、たとえば<中共と日共はかつて兄弟だったのに、なぜ仲たがいをしてしまったのか>などに見られるように、公明党とは正反対の位置づけなのである。

中国建国当初の中国共産党と日本共産党の仲は、まさに「義兄弟」のようで、当時、新華書店などには毛沢東やスターリン、あるいはマルクスなどと共に、日本共産党の「徳田球一」の肖像画が並べてあったものだ。

私は徳田球一の名を、「とくだ きゅういち」ではなく、中国語の発音の【de tian qiu yi】として初めて知った。

それが犬猿の仲になったのは、文化大革命が勃発した1966年からだ。

~省略~

【Yahoo!ニュース(遠藤誉) 2021.10.27.】

「世界一の親中・公明党」と一心同体の自民党も「世界トップレベルの親中政党」!安倍元総理の片腕・配川元筆頭秘書も人民日報に「日中の懸け橋」として登場!

出典:Wikipedia

↓「安倍元総理の闇を知り尽くした男」配川元筆頭秘書も、中国共産党の機関紙「人民日報」に大々的に登場。

父の志を継いで日中友好を
安倍晋三自民党総裁の故郷を訪ねて

~省略~

筆頭秘書が語る安倍晋三氏

昼食時、我々は安倍晋三下関事務所筆頭秘書の配川博之氏と山口県下関市の料亭「古串屋」で落ち合うことにした。ここは、「古串屋」としては明治4年(1871年)の創業であるが、毛利藩お抱えの料亭という歴史をもち、後に山口県出身の8人の歴代首相も、ここで政治“密談”を行ったという。

配川氏は、安倍事務所で20年以上働く、安倍氏を支えるベテランでもある。

~省略~安倍晋三父子は、中国の改革・開放を主導した鄧小平氏を高く評価している。父親の安倍晋太郎氏はかつて語った。「私も世界各国の多くの指導者と会ってきたが、鄧小平氏ほど、ありとあらゆる苦労を味わい、度重なる浮き沈みにも動じない大政治家は他にはいない」と。また、安倍晋三氏は自著『美しい国へ』の中で、「鄧小平は『南巡講話』を発し、(中国は)大きく経済発展をとげたのである」と述べている。

さらに、安倍晋三父子は日中関係の発展に大きく貢献してきた。安倍晋太郎氏は福田赳夫内閣での官房長官時代、直接「日中平和友好条約」の締結に携わった。中曽根康弘内閣での外務大臣時代には、胡耀邦総書記の訪日に尽力し、中曽根首相の訪中にも随行するなど、明確に「中国は軽視できない国であり、10億以上の人口を有する国と安定した関係を保つことは、日本のみならずアジアにとっても重要である」とのメッセージを提起した。安倍晋三氏は2006年9月に首相に就任するや、当月中国への「氷を割る旅」を実行し、小泉純一郎首相の六度にわたる靖国参拝で破壊された日中関係を、再び正常な発展への軌道に乗せた。中国側も安倍晋三氏の「日中関係は『戦略的互恵関係』であるべき」との提案を受け、日中両国関係を『戦略的互恵関係』と明確に位置づけた。

世間では「この父にしてこの子あり」という。政界では「子は父の事業を継承する」「子は父の志を継ぐ」という。我々は共に安倍晋三父子の日中関係への貢献を回想した後、配川氏が言葉を継いだ。「安倍晋三氏は戦略的観点、戦略的主張をもった政治家です。日中関係問題を解決していく上でも、感情的になることはないでしょう」。最後に氏は自信に満ちて語った。「まずは自民党が民主党から政権を奪還することです!」

~省略~

【人民日報海外版 2012.11.29.】

遠藤誉教授の上の記事、多くの不可解な点やもやもやした霧が晴れるようなとっても良い記事ね。
それにしても、2012年の自民総裁選の際、安倍元総理がここまで「中国共産党へのシンパシー」を隠そうともしていなかったということに驚きだわ。

「なぜ日本はここまで衰退してしまったのか?」という根源的な疑問についても有力な答えを暗に示しているし、「それは、ここまで自公政権が長きにわたって日本の権力を独占してきたから」ということだ。
なんせ、2012年の人民日報でも、「安倍の闇を知り尽くした男」こと配川元筆頭秘書が、「日中の懸け橋」として中国共産党の機関紙・人民日報に大々的に登場しているし、表向きには「中国脅威論」を煽りつつも、安倍氏自身が(二回目の総理を”仮病辞任”する前に)習近平氏を国賓待遇しようとしていたではないか。
(おまけに、「桜疑獄」における略式起訴で表向き辞職したはずの配川氏を安倍氏自らがまた呼び戻したらしいけど、これは一体どういうことだろうか?

簡単にいえば、「世界一の親中・公明党」と一心同体の自民党も「世界トップレベルの親中政党」であり、こんな生粋の売国集団である自民党を全力で支持している「自称愛国者」の連中も、中国共産党のスパイなのではないかといった疑いの念すら生じてくる。

簡単にいえば、自民党というのは「アメポチ&媚中」の筋金入りの売国政党であって、ここまで長期にわたって強大な権力を維持し続けてきたのも、米国や中国をコントロールしてきたグローバル資本勢力が莫大な資金を投じては、マスコミを使って国民を徹底的に洗脳してきた成果だということだね。

自民党に必ず投票してきたのは、グローバル資本主義社会において大きな権益を握ってきた、富裕層・大企業などの「社会強者」であり、これらは、米中の経済とも切っても切れないほどの密接な繋がりがある。
それと比べて、日本共産党は、近年貧困層などの社会弱者との繋がりをより強めてきており、こうなると必然的に中国共産党とも徐々に繋がりが薄れていくことになる。

今や、日本の中で民衆が革命を起こすことも全く現実的でなくなっているし、グローバル資本勢力そのものが「無血革命」や(新型コロナ危機をはじめとした)「ステルス戦争」などを主だった世界支配戦略に切り替えつつある中で、日本共産党よりも自民公明と繋がりを深めていった方が、よほど理にかなっているってわけね。

なんせ、安倍元総理のおじいさん(岸信介)は、CIAのエージェントであり、朝鮮統一教会(国際勝共連合)の設立にも尽力したという、生粋の悪徳売国政治屋だ。
(したがって、こんな”とんでもない一族”に喜んで票を投じること自体、救いようのないほどの思考停止とよほど強力な自殺願望があるという他ない。)

日本国民がこうしたカラクリや詐欺の手法に気が付かない限り、彼らを「真の国士」と思い込んでは自民党に投票し続けていくことで、最後は日本の(表向き独立している)国家政府もが完全に形骸化しては消えてなくなり、グローバル資本勢力が日本国民の生命・財産を完全に手中に収める「史上最悪のディストピア(デジタル奴隷監視社会)」がやってくるだろうし、(今でもまだ)ここまでネット上で多様な情報を手に入れることが出来るのだから、これでも自公政権が圧勝した場合、日本国民は「自己責任」で滅びるしかないのではないかな…?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事