安倍政権によって外国人労働者が過去最多!17年10月時点で約128万人で1年間で19万人も増加!中国人が最も多く、ベトナム、フィリピンと続く

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権が進める移民推進政策によって、過去最高の外国人労働者が国内に流入している実態が明らかになった。

・2017年10月の時点で、1年前と比べて19万人増加のおよそ128万人の外国人労働者が流入しており、主な内訳は中国人が最も多く37万2000人、ついでベトナム人24万人、フィリピン人が14万6000人となっている。

日本で働く外国人労働者127万人余 過去最多に

厚生労働省によりますと、日本の企業で働く外国人労働者は去年10月末の時点で127万8670人と、おととしの10月末と比べて19万4000人、率にして18%増加し、統計を取り始めた平成20年以降最も多くなりました。

国別では中国人が最も多く37万2000人、次いでベトナム人が24万人、フィリピン人が14万6000人などで、特にベトナム人はおととしと比べて40%近く増えました。

産業別では「製造業」が38万5000人、清掃などの「サービス業」が18万9000人、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどの「卸売業、小売業」が16万6000人などとなっています。

在留資格別では日系人や日本人の配偶者などが45万9000人、留学生が25万9000人、技能実習生が25万7000人などで、留学生はおよそ24%増加しました。

厚生労働省は「人手不足や景気の回復を背景に、留学生のアルバイトや技能実習生の活用が進んでいる」としています。

【NHK NEWS WEB 2018.1.27.】

少子高齢化対策を怠り続ける中、本格的に労働不足の穴埋めを外国人に頼り始めた安倍政権!このままでは日本は本格的な”移民国家”に…

「日本スゴイ」のコンテンツを国民にあてがい、表面的には保守的なイメージを国民に刷り込んでいる安倍政権ですが、その一方で、中国人をはじめとした外国人労働者の積極的な受け入れをどんどん進めているようです。
これこそ、安倍政権の本質である「グローバリズム」を体現しているような動きですね。

ボクは、厳格な外国人や移民の締め出しなどは行なうべきではないと考えているけど、その一方で、日本人の深刻な人口減少を放置し、少子高齢化対策をほとんどおざなりにしている状態で、その穴埋めを外国人に頼ってしまう安直な労働力確保には強い危機感を持っている。

すでに、少子高齢化は着実に進んできており、さらにこの先も真剣に対処する様子が安倍政権に全く見られない中、企業が直面している深刻な人手不足による労働力確保を外国人に頼らざるを得なくなっているのは確かだけど…今後もこの勢いで外国人労働者の受け入れをどんどん進めてしまうと、いずれは、日本の国内の人口分布において、やがては日本人の割合は5割を切ってしまうほどの事態になってしまうだろう。

確かに、これがどんどん進んでしまうと、いよいよ日本は(アメリカやオーストラリアのような)移民国家になってしまいますし、さらには、私たち日本人の影響力が国内で大きく低下してくる可能性がある上に、公用語も日本語ではなくなってしまう恐れすらあります

そういう意味でも、安倍政権が少子高齢化対策を全く行なっていないどころか、ますます貧富の格差を助長させ、若い人たちの恋愛や結婚、子育てをしやすくするための経済政策をほとんど行なっていない現状を見ると、意図的に日本人をどんどん減らし、この国を最終的に移民国家にしようとしているようにすら見えてしまいます

安倍政権は、再度本格的に浮上してきたTPPにまたも突き進む様相を見せてきているけど…水道民営化種子法廃止、そしてこれらの外国人労働者の受け入れ推進などを見ても、この政権の根底に根付いているのは、強烈なグローバリズムであり、この政権がやっていることは、日本の国境を希釈させたり、戦争や経済崩壊などを通じて、最終的に日本のあらゆる資産を欧米資本勢力に売り渡すための政策だ。

ネット上ではグローバリストの傀儡勢力である「自称愛国者」が、安倍政権を「日本を守る国士」であると偽装し、安倍政権に怒る国民を「反日左翼」などと叩いているけど、くれぐれもこうした詐欺勢力に騙されないようにしないとならないね。

安倍政権は、中国敵視や異民族に対する差別やヘイトなどを助長させている一方で、中国人の労働者を積極的に受けているのが現状ですし、欧米諸国がそうであるように、このままどんどん外国人労働者が国内で増えていけばいくほど、ますます様々な軋轢や不満が国内に渦巻き、そこから新たな火種や衝突が発生してくる危険があります。

安倍総理の↓これらの言動を見る限り、今後ますます多くの外国人労働者を国内に呼び込んでいくつもりみたいですが、ブラック労働などの問題も蔓延している中、今後様々な問題が噴出してくる可能性がありますね。

安倍総理が世界に向けて移民政策をアピール!「高齢化はボーナス!日本を世界最速級で永住権を得られる国にする、乞うご期待!」

とにかくも、安倍政権というのは、グローバリストの利益を最優先した上で、自国民にとことん冷たく、海外ばかりを優遇するマインドを持っているのは間違いのないことだ。
本来であれば、外国人労働者を受け入れる以前に、自国民に対して行なうべき保護政策がたくさんあるのが現状だし、こうした安倍政権の実態を多くの人が理解し、日本国民は、今後ますます頭をもたげてくるグローバリズムの動きに強い危機感を持つことが必要なんじゃないかな。

おススメ記事&広告

 
Pocket