【暗号通貨】ビットコインが過去最大規模の暴落!1BTC110万円代に突入し、1ヶ月前のおよそ半分に!ネットでは阿鼻叫喚の声が多数!

Pocket

どんなにゅーす?

仮想通貨(暗号通貨)のビットコインが過去最大規模の暴落が発生。数日のうちに60万円ほど下落し、1BTCあたり110万円代に突入。1ヶ月前のおよそ半額にまで下落している。

中国や韓国での仮想通貨取引に関する規制の懸念や様々な噂が広がったことが発端になったと見られており、これを受けて、その他の仮想通貨も軒並み大きく値を下げ、市場に動揺が広がっている。

スポンサーリンク

「ビットコイン」が急落 1か月で半分に 規制強化への懸念受け

仮想通貨の大手取引所、「ビットフライヤー」によりますと、17日は、ビットコインの売り注文が膨らんで、1ビットコイン当たりの価格は午前7時半ごろ、16日の夕方時点と比べて、およそ60万円安い102万円台まで急落しました。その後は買い注文も出て、一進一退の値動きになっています。

価格が急落した背景には、韓国の政府関係者が仮想通貨の取り引きを禁止する可能性に言及するなど、今後、各国で規制が強化されることへの懸念が高まっていることがあり、ほかの仮想通貨である「イーサリアム」や「ビットコインキャッシュ」も大きく値下がりしています。

ビットコインは去年、急激に値上がりし、先月中旬には220万円を超えて最高値をつけていましたが、この1か月で、一気に半分程度にまで値下がりしたことになります。
【NHK NEWS WEB 2018.1.17.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「億り人」を夢見た人々が多数参入したさなか、ビットコインが過去最大級の規模の暴落に!

ここ最近テレビでも「億り人」が話題になったビットコインだけど、たったの数日で阿鼻叫喚の事態に発展しちゃってるわね。
見たところ、95%以上の暗号通貨が大きく値を下げているし、ネットを見ても色々な声や情報が乱れ飛んでいる状況ね。

うむ。実際にはそこまで確固たる材料があったわけではないんだけど、断片的な情報から、韓国や中国で暗号通貨に関する規制を強めてくるのではとの予測が広がり、これが結果的に投資家たちのマイナスの心理を大きく増大させ、ここまで凄まじい下落基調の大波が起こっているようだ。

ボクも暗号通貨の今後の行く先について、非常に大きな関心を持ってみているけど、実際の所、次世代の量子コンピューター対策や決済スピードの向上、セキュリティの新機軸を盛り込んだ暗号通貨が登場し始めている中、ビットコインはやや過去のものとなりつつあるような状況で、個人的に見ても、現状の価格はいささか上がりすぎているものと見ていた。
ビットコインの開発者と言われる「サトシ・ナカモト」の正体が今も世界中で度々議論となったり、米国NSAが開発に関与していたとの疑惑を指摘する声もあり、こうしたビットコインをめぐる様々な謎や不可解な点も投資家の間で疑心暗鬼を招く可能性もあり、もしかしたら、この先もう少し値を下げていくケースもあるかもしれないね。

ロシア政府もビットコインに対してとても強い警戒心を持っているみたいだし、今後、より「完成された暗号通貨」が、従来の貨幣制度に代わる、新たな国際銀行家勢力による「世界支配」の為のツールとして、徐々に私たちの生活に身近ものになっていく流れは避けられなさそうだし、暗号通貨の世界ではグローバリストと反グローバリストによる、激しい「通貨戦争」が繰り広げられていく様相になっているわ。

すでにビットコインが過去のものとなりかけている中で、今後は、より高度で頑強なセキュリティ技術を盛り込んだ「新たな暗号通貨」が徐々に存在感を表してくる可能性がありそうだ。
暗号通貨を投機や短期トレードのための道具として、世間のブームに乗っかって参入した人の中では、今回の下落で(特に信用取引を行なっていた人は)想像を絶する損失を被った人も多くいるかと思うけど…こういう時には、あくまで長期的な展望や地に足のついた未来予測を行なった上で、自分自身で丁寧に情報収集し、その上で、今も非常に安価な暗号通貨に僅かな可能性を期待して、余裕のあるお金を少し投資してみるのは悪くないのではとも思うよ。

ビットコインはどこまで下がるのかの底が見えない分、ちょっと怖いけど、元々とっても安かった数多くのアルトコイン群は底が見えている分、まだその被害やリスクはそこまで大きくなさそうね。
ネット上ではほとんど0円同然の「草コイン投資」に人気が集まっているけど、今後も暗号通貨市場が成長していく流れには大きな変わりはないんじゃないかしら?

まだまだ見えていない部分は大きいけど、ボクは中国政府も(暗号通貨市場のお陰で中国国内に大量の資金が流れ込んでいる以上)そこまで本格的な規制は行なわない可能性を見ている。
ほんの僅かなきっかけでまた激しく反発してくる可能性もあるだろうし、ここはリスク管理をしっかりとした上で、長期的な展望で余裕を持った投資を行なうのがいいんじゃないかな?

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket