米朝首脳会談、トランプ大統領は拉致問題に言及するも、共同声明には盛り込まれず!会見では在韓米軍撤退の可能性を示す!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年6月12日に行なわれた米朝首脳会談を終えて、トランプ大統領は記者会見を開催。トランプ氏によると、会談の中で日本の拉致問題に言及したものの、共同声明には拉致問題は盛り込まれなかった

・また、トランプ大統領は、会見の中で在韓米軍の縮小・撤退の可能性があることが再度明かし、南北の統一や戦争の終結とともに米軍産覇権の撤退の考えを持っていることが改めて明らかになった。

トランプ大統領「拉致問題について話した」

12日、米朝首脳会談を終えたアメリカ・トランプ大統領が会見を行い、北朝鮮・金正恩委員長と日本の拉致問題について話をしたことを明らかにした。

【日テレNEWS24 2018.6.12.】

米朝首脳の共同声明、人権問題に言及せず

【シンガポール共同】複数のメディアによると、米朝首脳の共同声明は、北朝鮮による日本人拉致などの人権問題に言及していない。

【共同通信 2018.6.12.】

米大統領、将来の在韓米軍の縮小に言及

【シンガポール共同】トランプ米大統領は12日、在韓米軍を将来、縮小したり撤収したりする可能性に言及した。

【佐賀新聞 2018.6.12.】

日本の拉致問題をことさら繰り返し報道する一方で、在韓米軍撤退については不自然なまでに報じようとしない日本のマスメディア

米朝首脳会談を終えたトランプ大統領が記者会見を開いたけど、会談の中で日本の拉致問題に言及したこと、そして北朝鮮の非核化や戦争の終結に伴って、在韓米軍を縮小・撤退させる可能性があることに改めて言及したわ。

トランプ本人は、拉致問題について会談の中で言及したと言っているけど、共同声明の中に盛り込まれていない時点で、米朝交渉の中の優先順位としては、大きく後ろの方にあるのは確かだろう。
そもそも、アメリカや韓国に日本の拉致問題解決をお願いすること自体が「変な話」で、自分の国の問題は「自分たち」が主体になって、他国に依存せずに直接北朝鮮に呼びかけるのが当たり前のことだろう。

今までの「最大限の圧力」一辺倒によって関係が極度に悪化してしまった以上、自分たちだけではどうにも出来ない状況なのかもしれないけど…安倍総理がやっていることは「人様を頼っている」だけで何の行動力も主体性もないし、こんなやり方では、相当な額の見返りを要求されながらも、解決に向けての確実性も圧倒的に劣るのは誰が見ても明らかだ。

そして、トランプさんが拉致に言及しただけで「安倍総理の手柄」とばかりに喜ばしく報じている日本のマスコミもほんとに滑稽だし、そもそも、日本にとっても劇的な体制転換をもたらすことに繋がる「在韓米軍の撤退」について、異様なまでにきちんと報じようとしないのがとっても気になるわ。

マスコミがこれをことさらに隠している中、当然のごとく水面下では日本国内でもせわしない動きが始まっているみたいで、このブルームバーグの記事によると、自民党の大塚拓安保調査会副会長は、在韓米軍の撤退の流れに警戒感を示した上で、在韓米軍撤退が「日本にとって大きなリスクになる」との考えを示しているとのこと。

そもそもトランプ本人がここまで本腰を入れて北朝鮮問題に取り組んでいるのも、南北朝鮮統一をきっかけにした「アジアにおける米軍覇権の撤退と経費削減」が主目的であり、本来であれば、一連の北朝鮮交渉における主眼を「ここ」に置かなければ、物事の本質を見誤ってしまう

在韓米軍の撤退も、どのくらいの時間を要し、どこまでスムーズに進んでいくのかも全く分からないけど、トランプ本人は在日米軍も撤退させる考えを持っているのは確実な以上、日本国民もこのファクターに最上級の関心と視点を持つ必要があるんだよ。

韓国以上に米軍に強く依存し、米軍に対するカルト宗教のような”信仰心”までもが強固に浸透している日本の現状だから、すでに日本の水面下では在韓米軍撤退の動きにかなり強く警戒する向きが強まっているのは想像に難くないわ。

したがって、在日米軍の”必要性”を国民に喧伝するために、南北が安定化に向かえば、今後中国の恐怖をことさらに煽る報道が復活してくる可能性がある。
現在では、安倍政権は中国との関係改善と協調路線に大きく舵を切っているけど、いわゆる日米安保マフィア(ネオコン系)の圧力によって、何かのきっかけで一気に逆に振れてくる可能性がある以上、今後も注意しておくのがいいかもしれないね。

ひとまずは無難に終了した米朝首脳会談だけど、今後どのように北朝鮮交渉が展開されていくのか、気をつけて見ていくとしよう。

おススメ記事&広告

 
Pocket