【応援】綾瀬はるかが映画の舞台挨拶で「夢は世界平和です」とコメント!「皆さんが、いつも笑顔で健やかに過ごせる、そんな世の中がいいです」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年2月10日、映画「今夜、ロマンス劇場で」の公開初日舞台あいさつに、女優の綾瀬はるから出演陣が登場。実現させたい夢について問われた際に、綾瀬はるかが「世界平和です」とコメントし、周囲を驚かせたという。

・理由について聞かれると、「皆さんが、いつも笑顔で健やかに過ごせる、そんな世の中がいいです」と答えたことで、周りは唖然とした雰囲気に。続けてマイクを握った坂口健太郎は困った様子を見せながら「この映画の大ヒット」と定番通りのコメントに徹し、綾瀬は「ごめんなさい…」と苦笑いを浮かべたという。

スポンサーリンク

綾瀬はるか、夢は「世界平和」 壮大過ぎる願いに周囲があ然

女優の綾瀬はるかが10日、都内で行われた映画『今夜、ロマンス劇場で』の公開初日舞台あいさつに登壇。映画にかけてかなえたい夢を問われると「世界平和です」ときっぱり。突拍子もない夢に周囲はあ然としていた。

~省略~

また、映画にかけて実現させたい夢を語ることに。通常のイベントでは出演陣が無難に答えることが多いが、やはり綾瀬は綾瀬だった。「オリンピックも開催中ですし」と話し始めると「世界平和です」ときっぱり。理由については「みなさんが、いつも笑顔で健やかに過ごせる、そんな世の中がいいです」と笑顔を見せた。

あ然としたのは共演陣だ。壮大過ぎる願いの後を受けた坂口は「世界平和の後ですもんね…」と閉口。「やっぱり、この作品の大ヒット」と“お約束”で無難に回避し、綾瀬は「ごめんなさい…」と苦笑いを浮かべた。

【毎日新聞(ORICON NEWS) 2018.2.10.】

綾瀬はるか 夢は「世界平和」 賛辞の大歓声

女優の綾瀬はるか(32)が10日、都内で主演映画「今夜、ロマンス劇場で」の公開初日舞台あいさつを初共演した坂口健太郎(26)らと行った。
綾瀬は映画の内容にちなみ、司会者から「現在、実現させたい夢は?」と質問されると、ためらうことなく「(平昌)オリンピックも開催中ですし、『世界平和』ですね。みんながいつも笑顔で過ごせる世の中がいいです」と答え、客席から「オオ~!」と賛辞の大歓声が湧いた。

【デイリー 2018.2.11.】

↓話題の綾瀬はるかのコメント。(20秒くらい~)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

広島に生まれ、戦争ドキュメンタリーにも挑んできた綾瀬はるかの「切なる願い」「当たり前の夢」に対し、「唖然」「壮大すぎる」と安易に茶化す”危険な風潮”

出典:YouTube

↓TBSの戦争ドキュメンタリーにも出演し、聞き手として悲劇の戦争を考えてきた綾瀬はるか。

綾瀬はるかさんが、映画の舞台挨拶でコメントした「夢は世界平和」が色々な意味で話題になっています。
ネット上でも多くの指摘がありますが、やはり、彼女のこれらのコメントを「異端」「不思議系」などといった風合いで面白おかしく扱っている現状に強い違和感や危機感を感じている人が多いようです。

ボク自身、彼女がここまで色々なことを考え、日本や世界の現状に危機感を持っていたことが分かって本当に嬉しいし、「芸歴が長い分、私たちが頑張らないと」と孤軍奮闘している吉永小百合さんに続く、頼もしい若い存在が出てきてくれたね。

こうして、公の場で、世界の平和や世の中の人々の健やかな暮らしを願いつつ、自分自身の考えをしっかりと話すことが出来るのはとても素晴らしいし、その一方で、「ボクの夢も世界平和です!」「みんなで世界平和を願いましょう」という流れにはならず、結局はいつもの調子で制作会社や社会の空気に忖度しつつ、狭小で内輪的な世界観のコメントに終始してしまったのは残念だったね。
(そして、彼女が「ごめんなさい」と謝るような空気になってしまったのも、同調圧力のようなイヤなものを感じる。)

そして、デイリーの記事では彼女のコメントを好意的に報じていて好感が持てるものの、オリコンニュース(毎日新聞は芸能関連のニュースをオリコンから転載しているだけのようだ)の方では、「あ然」などと若干茶化すような論調になっていて、確かに、動画を観ると共演者もやや困っているような様子が見られる。

こういう危うい時勢だからこそ、「戦争はいやだ」「日本や世界を平和に」と民衆が声を上げることはとても大事だし、そもそも、庶民が戦争に反対したり平和を求めることは、戦争を引き起こすことで多大な金儲けをしている軍産資本のグローバリストにとっては、これ自体が「大きな脅威」であり、非常に都合の悪いことなんだ。

アメリカでは、あの手この手で民衆を騙しつつ、多くの戦争が繰り返されてきましたが、湾岸戦争での「偽の看護師の証言」や、イラクにおける大量破壊兵器のでっち上げなど、軍産勢力の悪質な国民騙しの手口がすっかり知れ渡ることで、一気にマスコミへの不信感や「もう戦争は懲り懲りだ」という国民の声が大きく盛り上がりました

こうした国民の”厭戦感情(えんせんかんじょう)”が大きくなったことで易々と戦争を起こすことが出来なくなり、その結果、「(ISをはじめとした)テロリストとの戦い」という新たな騙しの手口による「戦争プロパガンダ」が生み出されたと言われていますね。

つまり、それだけ国民が戦争を強く嫌い、平和を求める声が大きくなると、軍産勢力は「戦争を思い通りに引き起こすことが難しくなってしまう」ということです。

NHKも北朝鮮危機を派手に煽り、いよいよ戦争プロパガンダのような報道も始めてきている中で、こういう今こそ、国民は感性を研ぎ澄まして、彼女のように「平和」を訴えたり、「戦争は嫌だ」という世論を大きく作っていく必要があるし、どうも、最近の日本では、「平和」を願ったり「戦争はイヤだ」との声を出すことそのものが、奇異な視線を浴びたり「風変わりな人」とのイメージが作られつつあるような空気も感じる。

残念ながら、本来持っているはずの感性を日常的なメディア洗脳によってすっかり劣化させられてしまっている人々は、今の危機的な状況に全く気がついていないかもしれないけど、こういう時こそ、綾瀬クンのような「大切な声」に耳を傾け、その言葉が持つ意味をしっかりと思い返してみることが大事だね。

幸い、こうした日本のメディアの異常な現状に強い違和感や危機感を持っている人は確かにネット上に多く存在していますので、一人でも多くの人々が日本の現状の危うさに気がつき、できるだけ多くの人々が「平和」や「有事や戦争は嫌だ」との声をどんどん表に出していくことが必要なのではないでしょうか?

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket