米軍、厚木基地と三沢基地で放射性汚染水(12万リットル超)を下水に流す!「トモダチ作戦」の除染で汚染水が発生!沖縄タイムズがスクープ!

Pocket

どんなにゅーす?

米軍が、神奈川の厚木基地と青森の三沢基地において放射性物質を含む汚染水12万リットル超を下水に流していたことが判明。沖縄タイムズが米軍の内部資料を入手しスクープした。

・汚染水は、東日本大震災に伴う福島第一原発事故の際に行なわれた「トモダチ作戦」に参加した車両や装備品の除染で発生「投棄は日本政府の基準で安全と認められていた」と説明しているものの、実際の放射性物質の濃度は明らかにされておらず、内部資料には「装備品の中に除染しきれないほど深刻に汚染された物があった」との記述もあるという。

米軍、放射性物質を下水に流す 大震災後トモダチ作戦 厚木・三沢で12万リットル超

【ジョン・ミッチェル特約通信員】在日米軍が2011年6月、厚木基地(神奈川県)と三沢基地(青森県)で放射性物質を含む汚染水12万リットル以上を下水道に流していたことが分かった。本紙が米軍の内部資料を入手した。

汚染水は東日本大震災と東京電力福島第1原発事故後の「トモダチ作戦」に参加した軍用車両や装備品の除染で発生していた。

米太平洋軍(当時)と在日米軍の内部討議資料によると、11年5月3日時点で「液体低レベル放射性廃棄物」が厚木に9万4635リットル(2万5千ガロン)、三沢に3万283リットル(8千ガロン)あった。

本紙の取材に対し、在日米軍はこの時の保管量より多い量を翌月、厚木と三沢で投棄したことを認めた。同時に「投棄は日本政府の基準で安全と認められていた」と説明した。

汚染水は「低レベル」と分類されているものの、実際の放射性物質の濃度は明らかでない。内部資料には、装備品の中に除染しきれないほど深刻に汚染された物があったと記されている。

トモダチ作戦で出た固形や液体の「低レベル放射性廃棄物」は在日米軍基地6カ所で保管されていたことが公表されている。厚木と三沢のほかは普天間飛行場、横田基地(東京都)、横須賀基地(神奈川県)、佐世保基地(長崎県)。普天間では除染に使った布などの固形物がドラム缶に詰められていた。

本紙の取材に、在日米軍は横田と横須賀では18年3月時点でも固形廃棄物の保管が続いていたことを明らかにした。横田の廃棄物は表面線量が日本政府が定める通常の被ばく限度、毎時0・23マイクロシーベルトを上回る2・1マイクロシーベルト、横須賀では下回る0・1マイクロシーベルトだった。横田にあった汚染水は東電が回収して廃棄したという。

【沖縄タイムズ 2018.7.30.】

下水に流された汚染水濃度が不明の上に、これ以外の基地でも下水に流されていた可能性も…

↓米軍厚木基地。

出典:Wikipedia

沖縄タイムスが、米軍の厚木・三沢基地において、「トモダチ作戦」の除染で発生した放射性物質を含んだ汚染水を下水に流していたことをスクープしました。
米軍側は「日本政府の基準で安全と認められていた」と説明しているものの、実際に流された汚染水の濃度は不明の上に、同紙が入手した内部資料には「装備品の中に除染しきれないほど深刻に汚染された物があった」との記述もあったとのことです。

上で紹介したように、横須賀市議の藤野英明氏が「横須賀でも下水に流されていたとのこと」との情報をツイートしているけど、これは、厚木や三沢以外でも下水に流した可能性もありそうだし、「日本政府の基準で安全と認められていた」との主張も安易に鵜呑みにしない方がいいかもしれないね。

元NSAのスノーデン氏らによって、日本の三沢基地に携帯電話やインターネットなどあらゆる通信網を監視することが可能な最先端の通信傍受システム(エシュロン)が設置されていることが明かされていることは何度か紹介してきたけど、在日米軍基地の中の施設や動向など、その実情を日本国民にほとんど知らされていないのが現状だ。

日本の安倍政権や官僚の間にも「徹底した隷米主義」が蔓延し続ける限り、この先も、在日米軍に関する重要な情報はことごとく国民に隠蔽されるだろうし、そのような意味でも今回の沖縄タイムスの報道は価値のあるものだと言えるだろう。

世界中の米軍産覇権を撤退させる政策を遂行しているトランプ政権は、南北朝鮮の統一や非核化を機に、在韓米軍に続き、在日米軍の撤退も本気で考えている可能性が大ですが、この流れに強く反対している「隷米利権勢力」が凄まじいまでに深い根を張っているのが日本の現状です。

そもそも、日本の中に「アメリカ」が存在しているという現実そのものが”妙な事態”だけど、米軍産資本による「支配(統治)システム」の中に強固に組み込まれている大手マスコミ、政治家、官僚、そして、ネオコン系(米軍礼賛)新興宗教団体が激しく活動しているインターネットなどで日々流される情報を決して鵜呑みにせず、全ての媒体に対して距離を置きながら、慎重に一つ一つの事象を自分自身の思考力で考えることが大切なんじゃないかな。

Pocket