■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【深刻】日テレ「スッキリ」が、アイヌ民族に対する差別表現を放送!日テレとお笑い芸人「脳みそ夫」が謝罪コメント!「今回の件で僕の勉強不足を痛感しました」

【深刻】日テレ「スッキリ」が、アイヌ民族に対する差別表現を放送!日テレとお笑い芸人「脳みそ夫」が謝罪コメント!「今回の件で僕の勉強不足を痛感しました」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年3月12日、日テレ「スッキリ」の中でアイヌ民族の女性を取り上げたドキュメンタリー作品を紹介した際、重大な差別表現が放映され、多くの批判が殺到している上にアイヌ民族の人々から怒りの声が噴出番組が謝罪した上に、差別表現を発言したお笑い芸人の「脳みそ夫」氏が謝罪する事態になっている。

・番組内では、脳みそ夫氏が「この作品とかけまして動物を見つけた時ととく。その心は、あ、犬!」などと発言し、過去にアイヌの人々が受けてきた差別表現をそのまま放送加藤官房長官も「アイヌの人々を傷つける極めて不適切なものであり、誠に遺憾だ」として、番組に抗議したことを受け、日テレは「日本テレビではアイヌの皆様、ならびに関係者の皆様に深くお詫び申し上げるとともに今後、再発防止に努めてまいります。」とコメント脳みそ夫氏も「知らなかったとはいえ、長い年月にわたりアイヌの皆さまが苦しまれてきた表現をすることになってしまいました。大変申し訳ございませんでした」とコメントを発表した。

「スッキリ」でアイヌ民族に不適切表現、日テレが謝罪。「トラウマとなった言葉が流れた」

日本テレビは12日、同局系の情報番組「スッキリ」でアイヌ民族を傷つける不適切な表現があったとして、同日のニュース番組内でおわびした。

問題の発言は、動画配信サービス「Hulu(フールー)」の番組を紹介するコーナーであった。アイヌ女性のドキュメンタリー「Future is MINE ―アイヌ、私の声―」を紹介した後、お笑い芸人の脳みそ夫さんが「この作品とかけまして動物を見つけた時ととく。その心は、あ、犬」と謎かけをした。

~省略~

北海道大学アイヌ・先住民研究センターの北原モコットゥナ●(小文字のシ)准教授によると、民族名に「犬」という言葉をかけて、侮蔑することは昔から続いてきたという。「放送を見て、集中力が下がって仕事が手につかなくなった。前後の説明を見れば、好意的に紹介しようという意図があったことは分かるが、長年多くの人々のトラウマとなってきた言葉が流れてしまったことは重大だ」と指摘。「本来は多様性の大切さを扱った映像。この件が大手メディアが国内の重要なトピックに対して大変鈍感であることの問題として取り上げられることを望む」と話した。

~省略~

【朝日新聞 2021.3.12.】

日テレは「スッキリ」でのアイヌ差別発言を検証し、説明責任を果たせ

~省略~

筆者は「近文(ちかぶみ)アイヌ」が多く住んでいる地区として知られている北海道旭川市の北門中学校出身である。かつて拙稿でも指摘したが、同校は、アイヌのみを分離し通学させる「旧土人児童教育規定」に伴い設置された小学校の跡地に建てられた。筆者は同校の生徒会長として、『アイヌ神謡集』の編訳者の知里幸恵の生誕祭に参加した経験もある。

そうした経験をもつ筆者として、マスメディアで再生産される差別発言に対して強い憤りを覚えている。

マスメディアで再生産される差別発言

たしかに、紹介されたドキュメンタリーの内容も照らし合わせると、このコーナー全体に、アイヌを差別しようとする明確な意図はなかったかもしれない。しかし、この言葉がアイヌ差別として使われてきたのは紛れもない歴史的事実である。

北海道(アイヌモシリ)を「開拓」した和人たちは、アイヌの人々を搾取してきた。さらにいえば、アーロン・スキャブランド『犬の帝国』によると、土着の北海道犬もアイヌと同時に「野蛮」とされ「排除」されており、こうした構造は19世紀アメリカにおける先住民のネイティブ・アメリカンへの抑圧と酷似しているという(注1)。植民者は先住民族を「野蛮」なものとみなすことで、差別/抑圧を正当化してきたのである。

ちなみに、こうした事実は、アニメ・漫画においても表象されている。たとえば、明治末期の北海道・樺太を舞台にした漫画『ゴールデンカムイ』第6話において、ある和人が、アイヌを別の和人の飼いイヌと見立てからかうシーンが描かれている。

また、アイヌ初の国会議員として知られる萱野茂は、著書の中で和人に「あア、犬が来た(あ、アイヌが来た)」と呼ばれ、学校に通えなくなった子供の話を紹介している(注2)。実際、筆者自身、北海道の小学校に通学していたとき、無知ゆえのそうしたからかいを目撃したことがある。だが、今回の発言は、マスメディアが、公共の電波を用いて発信したことに鑑みると、「無知ゆえ」ですまされるものではない。

~省略~

【論座 2021.3.15.】

脳みそ夫「勉強不足を痛感」アイヌ民族巡る表現謝罪

~省略~

ツイッターに、直筆の文書を掲載する形で「この度は、ドキュメンタリー作品の出演者ならびにアイヌ民族のすべての皆さまにお詫び申し上げます。今回の件で僕の勉強不足を痛感しました。知らなかったとはいえ、長い年月にわたりアイヌの皆さまが苦しまれてきた表現をすることになってしまいました。大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。

所属事務所タイタンの太田光代社長の知人の力添えで、同作品の出演者に会う機会を得たといい「誠心誠意謝罪の気持ちを伝えて参ります」と報告。さらに「許されるなら、これを機にアイヌの皆さんの歴史や伝統、文化の勉強をしていきたいです」とし、「今後は僕なりの表現で勉強したことをお伝えできるよう頑張ります」と記した。

~省略~

【日刊スポーツ 2021.3.14.】

日テレ「スッキリ」で、アイヌ民族に対する重大な差別表現がノーチェックのまま放送される!日本のテレビの深刻な”知性劣化”がまた露呈!

出典:Twitter(@NAGIgene)

またしても、日本のテレビ界における深刻な知性劣化の現状が露呈してしまいました。
当然のごとく、「スッキリ」と日テレに対しては怒りの声が殺到。
加藤官房長官も「アイヌの人々を傷つける極めて不適切なものであり、誠に遺憾だ」として日テレに厳重抗議したことで、同局と脳みそ夫氏が謝罪コメントを発表する事態になっています。

この一連の流れを確認する限り、確かに、アイヌの人々に対してこうした差別表現が昔から行なわれてきたことについて、恐らく「本当に知らなかった」ことが推測される。
でも、もし知らなかったとしても、もしアイヌの人々に対してこんなダジャレのギャグを飛ばすこと自体、「自分がもしアイヌ民族だったらどう感じるか」って考えれば、こんなギャグ出てくるはずがないと思うんだけどね。

日常生活でも、「もし自分が相手の立場だったら…」と、相手に対して思いやりを持ったり気遣いを持つことは大事だけど、ちょっとあまりにも感性・感覚が鈍感すぎると思うし、何よりも一番深刻なのは、これをノーチェックのまま放送してしまった番組側(テレビ局)だろう。
このギャグに対して「全く問題無し」としてしまった制作側は、一体どういう神経をしているのだろうと思うし、もちろん、アイヌに対して醜い差別が行なわれてきた歴史を知ることは大事だけど、それ以前に「最低限の礼儀や他者・弱者に対する思いやり」を学ばないといけないんじゃないのかな?

本当に、こんなにも日本社会全体の知性や教養が劣化・崩壊し続けている現状に、私自身も恥ずかしい思いです。
これまでも、テレビ局やお笑い芸人による「無知・無神経」による社会弱者を軽蔑したり蹂躙するシーンや発言が問題になってきましたが、こうした現状について真に反省し、改善させていかない限り、社会のモラルや秩序がますます崩壊に向かい、私たちの尊厳や人権が極限まで軽視されては、ますます徹底的に搾取・疲弊させられる社会がやってきてしまうでしょう。

多くの人が最低限の思いやりや気遣いを持てるようになれば、いずれこうした問題もなくなっていくはずだし、学力や知識云々以前に、(特に重大な社会的影響力を持つテレビ界や芸能界などにおいて)「人としての常識やモラル」をもう一度よく問い直していく必要があるのかもしれないね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事