菅長官、「アベノマスクは(品薄解消に)非常に効果があった」と自賛!→ネット「でも、そう言う本人は使わない」「なぜ記者は突っ込まないのか?」

Pocket

どんなにゅーす?

・数百億円もの血税を投じた上に、虫混入やカビ付着などの不良品が連発したことで回収が相次ぎ、いまだに一部の国民にしか届いていないアベノマスクについて、菅官房長官が「アベノマスクは(品薄解消や価格低下などに)非常に効果があった」などと自賛した。

・この菅長官のコメントに対し、ネット上では「でも、そう言う本人は使わない」「なぜ記者は突っ込まないのか」などの批判や突っ込みが殺到。安倍総理に続き、菅長官も自政権の稀代の失政を認めるどころか、ひたすら自画自賛を繰り返す事態になっている。

アベノマスクのおかげで「価格が低下」 菅氏、効果強調

マスク不足の解消も、価格の下落も「アベノマスク」のおかげ――。菅義偉官房長官が20日の記者会見で、政府が先月から配布を始めた全世帯向けの布マスクの効果をそう自賛した。

菅氏は会見で、「布マスクの配布などにより需要が抑制された結果、店頭の品薄状況が徐々に改善をされて、また上昇してきたマスク価格にも反転の兆しがみられる」と説明。一方、記者から根拠を問われると、「東京などに届き始めてから、店頭でマスクが売られはじめたんじゃないんでしょうか。非常に効果があると思う」と述べた。また、残りの配布を見直す考えがあるか問われ、「約束したことはしっかり最後までお届けさせていただきたい」と続ける意向を示した。

~省略~

【朝日新聞 2020.5.20.】

「一般のマスク業者の努力」による品薄解消を「アベノマスク効果」と偽って手柄を横取り!安倍総理以外ほとんど誰も「アベノマスク」をつけないまま、成果だけをただ自画自賛!

出典:YouTube

安倍総理だけじゃなく菅官房長官までもが、自分たちの失政を隠すための醜いウソや責任放棄の自画自賛を繰り返している状況だわっ!
虫入りやカビ付きの大量の不良品を国民に送り付けていた上に、ただでさえ小さすぎるのに、1・2回洗っただけですぐにしわくちゃになって使えなくなるアベノマスクをごく一部の国民に配っただけで、「マスク不足が解消して価格が低下する」なんて、そんなことあるはずがないでしょうが!

安倍総理も、少し前にニコ動の番組の中で「アベノマスクのお陰で市場のマスク価格が下がった」などとウソを言ってたけど、菅官房長官も同じことを言い出すとはね。
安倍政権による、末代にまで語り継がれていくような「史上最大級の税金の無駄遣い」&「世紀の大失策」の責任を認めるどころか、こんな風に大ウソを繰り返しながら「非常に効果があった」などとひたすら自画自賛を繰り返しているのだから、国民をバカにするのもいい加減にしろと言いたくなるね。

一般の店舗でマスクが多く並ぶようになってきたのも、各国においてひとまず第1波の感染ピークが過ぎ去り、各国の工場が本格的なマスクの増産を始めた影響が徐々に出てきたことが大きいものと考える。
その他にも、国内においても(中小の地元業者などを中心に)もっときちんとした布マスクを製造する流れも起きているし、つまり、一般のマスク業者の努力によるマスク不足の解消を、いかにも「自らの成果」であるかのように偽って、本来感謝されるべき人々の手柄を横取りしているというわけだ。

そもそも、ここまで「非常に大きな効果がある」と言いながらも、なぜ、安倍総理以外の大多数の閣僚も官僚も自民議員も、「アベノマスク」をつけようとしないのか?
こうした事実そのものが「壮大な矛盾」だし、安倍総理一人だけが、鼻やあごが半分はみ出ているちゃちなマスクをつけ続けていることそのものが「異常事態」といえるだろう。

とにかく、何から何まで腐っている連中だし、どうやら、「検察庁法改悪」でここまで国民から厳しい抗議の声が大量に上がっていたのに、全く、自らの行状や腐った精神性を改める気はないらしい

「黒川問題」については、新たに黒川氏本人の賭け麻雀問題も浮上して「大炎上」の様相になっているけど、この「アベノマスク問題」についても、責任逃れと真相の隠蔽を許すわけにはいかないし、この先も徹底的にこの件を追及し続ける必要があるわっ!

黒川氏の問題を追及されるほど、安倍総理だけでなく(ことさら黒川氏を寵愛していた)菅長官のダメージも計り知れないだろうし、この際、2人一緒にまとめて、二度と権力の座に就くことが出来ないように、国民みんなの力で徹底的にお灸をすえていく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事