【??】安倍総理、「自衛隊員募集のために改憲が必要」と言い出す!安倍「6割以上の都道府県が隊員募集の協力を拒否する実態がある」石破「協力しないと言ってる自治体を私は知らない」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年2月10日の自民党大会において、安倍総理が改憲を強行する理由として、「自衛隊員募集のため」などと突如言い出し、波紋が広がっている。

・安倍総理は「都道府県の6割以上が新規隊員募集への協力を拒否している悲しい実態がある。この状況を変えよう。違憲論争に終止符を打とう」などと語ったものの、石破元幹事長は「憲法違反なので協力しないと言っている自治体を私は知らない」と指摘。安倍総理の不可解な発言に疑いの声が噴出している。

首相、改憲は自衛隊員募集のため
9条明記で意義訴え

安倍晋三首相は10日の自民党大会の総裁演説で、憲法9条への自衛隊明記の意義について「都道府県の6割以上が新規隊員募集への協力を拒否している悲しい実態がある。この状況を変えよう。違憲論争に終止符を打とう」と訴えた。自衛隊が災害発生時に「自治体から要請されれば直ちに駆け付け、命を懸ける」とも強調した。

これまでの「自衛隊を明記しても任務や権限に変更は生じない」との説明に対し、変更がないなら改憲は不要だとする野党の批判を念頭に置き、新たな理由を持ち出したとみられる。

一方、石破茂元防衛相は「憲法違反なので協力しないと言っている自治体を私は知らない」と指摘した。

【共同通信 2019.2.10.】

安倍総理が今度は「自衛隊員募集のために改憲が必要」というおかしな言説を開陳!「何を言ってるのかもう分からない」との声も!

出典:情報収集中&放電中

国民の大多数が安倍政権による憲法改悪を望んでいない中、安倍総理が新たに「おかしな言説」を開陳しつつ、改憲の必要性を強調し始めています。
安倍総理は、「現状6割以上の自治体が、自衛隊員募集の協力を『憲法違反』を理由に拒否している」と言っていますが、これは果たして本当なのでしょうか?

石破氏が、この安倍総理の話について「協力しないと言っている自治体を私は知らない」と言っている状況だし、これもまた良心的なメディアによるファクトチェックを行なう必要がありそうだね。
それにしても、安倍総理の言う「改憲が必要な理由」が次から次へとコロコロと変わり続けているし、ついには、「自衛隊員募集のために改憲が必要」なんて言い出すとは…。
もう、開いた口が塞がらないとしか言いようがないね。

ただ、ここ数年で自衛隊員を希望する若い人が大きく減ってきているというのは確かみたいで、防衛省は18年10月より募集対象者の年齢上限を26歳から32歳に引き上げるという「苦肉の策」に出ている。
自衛隊側もカワイイ女の子(いわゆるサブカル・萌え系)のキャラクターのポスターを作るなどして、どうにかして若い人たちの気を引こうとしているみたいだけど…実際には、日本の若者たちも現実をよく見ているのか、安倍政権が安保法を成立させたせいで、いつ海外の激戦地に派遣させられてもおかしくないような状況になってしまったために、自衛隊を志願する人が大きく減っていることが考えられる。

これもまさに安倍政権による「負の功績」の一つですね。
しかし、深刻な少子化もある中で、この先も自衛隊の志願者が減少し続ける限り、いよいよ「徴兵制」という3文字が頭をよぎってくることになってきます。

しかも、現状の「隷米体制」が続く限り、「米国の使い捨て傭兵」としての役割を強いられる「徴兵制」だからね。
これほど最悪なことは他にないし、このままでは、いよいよ安倍総理は、アメリカ様(の中の戦争屋資本)の利益のために、日本の多くの若者たちの命を平気で差し出し始める事態になってくるんじゃないかな。

いずれにしても、今回の発言を見てもよく分かるように、すでにこの総理の脳内は「完全崩壊」しているし、これ以上この男を野放しにしていると、いよいよ取り返しのつかないような事態に発展していくのではないかな。

Pocket

 

 関連記事