■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】あまりに不自然な点が多すぎた「安倍元総理被弾死事件」!、”安倍トモレイプ裁判”で山口敬之氏の敗訴が確定!、米・ジョージアガイドストーンが何者かによって破壊される!

【ゆるねと通信】あまりに不自然な点が多すぎた「安倍元総理被弾死事件」!、”安倍トモレイプ裁判”で山口敬之氏の敗訴が確定!、米・ジョージアガイドストーンが何者かによって破壊される!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2022年7月9日号)

あまりに不自然で作為的な点が多すぎた「安倍元総理被弾死事件」は、参院選に合わせて仕組まれた”一大パニックショー”の疑い!


出典:YouTube

日本全国を震撼させた安倍元総理被弾死事件から1日近くが経過したけど、やっぱり今回の一連の事件は、何から何までがあまりにも不自然で作為的な臭いがプンプンだわ。

本当であれば、もっと腰を据えてじっくり記事を書きたいところなんだけど、大きな木ホームクリニックさんのnoteの記事が、過不足ないほどにこの事件の奇妙さを多面的かつ的確に分析されているので、是非ともまずはこちらを読むことをおススメしたい。
とにかく、今回の事件については、おかしな点は数えきれないほどたくさんあるんだけど、要点だけを簡潔にまとめると、以下の通りだ。

●犯人の身元の特定が異様なまでに早く、事件発生から異例の速さで大々的に報じられた。(さらには、犯人に関する記事の更新日時が、グーグルにおいて「2日前」と表示されるケースが確認されている…※当サイトでも確認済み)

犯人確保から驚異的なスピードで家宅捜索が行なわれ、爆発物処理班までもが出動(なんとも怪しい”爆発物らしきもの”まで登場)…全てがまるでドラマや映画のようで、あまりにもご都合主義で手際が良すぎた。

●逆に、安倍氏を護衛していた関係者の警備があまりにずさんで、まるで山上容疑者の犯行に協力しているかのように見えた

安倍氏が被弾した瞬間の映像、被弾した後の姿、容疑者が使用した手製の銃、病院による会見内容まで、全てが一致しておらず、多くの部分で不自然さが見受けられる。(病院側の発表と、”司法解剖の結果”として報じられた状況や死因もやや異なっている)

●安倍氏が倒れている姿・救急搬送される姿が大々的に報道されており、市民の不安や動揺・パニックをより助長させようとする意図が随所に感じられる

●前日夜に急遽この場所での演説が決まったにもかかわらず、なぜ山上容疑者は周到に犯行を実行できたのか?(日時の設定からタイミングまで、あまりにも出来すぎた偶然が多すぎる

安倍さんが本当に亡くなってしまったのか今も生きているのかは分からないけど、どちらにしても、ジャパンハンドラーが参院選に合わせて(改憲推進勢力を大勝させるために)仕組んだ、大々的な”パニックショー”である疑いが大ね。

どちらにしても、今回「安倍氏が死亡した」という事実が作られたことにより、安倍氏が政界から完全に排除されては、安倍派もまた終焉を迎えたことは間違いない
しかし、(安倍派と対立してきた上に、参院選で自民に多くの同情票が集まる可能性が高い)岸田政権にとってはこの展開は非常に都合がいい上に、モリカケ桜を永遠に闇に葬りたい(どうにか体裁とメンツを保ちたい)検察自体にとっても嬉しい展開だろう。
(そして、今回のイベントが完全なるヤラセだったのであれば、安倍氏にとっても、もし政界から完全に退きどこかでひっそり生きていくことになったとしても、そこまで悪い話ではないはずだ。)

そういうわけで、多くの人々が「おかしい」と感じるのは極々当然なわけだけど、そんな中でバズフィードが「疑義言説の発信や拡散を含め、決して許されることではない。」などと非常に強権的な記事を発信しており、早速この事件(イベント)を利用して、さらなる情報統制の強化や「正しい情報や問題の本質を知りたい」ことを欲する市民を抑圧しようとする動きが起こっているのを感じる。

(「陰謀論」に続いて)「疑義言説」とはまた、何とも面白い言葉を考え出したわね。
人々が「正しい情報を知りたい」「問題の本質を知りたい」と感じるのはごくごく自然で当たり前の欲求ですし、日頃の報道や事件に対して、その真相を推測し考察することすら封じ込めることは、民主主義社会の否定であり、言論表現の自由に対する重大な挑戦だわ。

こうした動きが早速大企業メディアから出てくること自体、今回のイベントの本質を物語っているし、くれぐれも明日の参院選、これらの壮大で悪質な世論誘導工作に感化されることなく、多くの有権者が日本社会を守るための「まっとうな投票行動」を起こすことを切に願っているよ。
(今回の事件については、まだまだ書きたいことや伝えたいことがたくさんあるので、少しずつ記事化してお伝えしていこうと思っているよ)

 

”安倍トモ性暴力裁判”、最高裁が山口敬之氏の上告退け詩織さんの勝訴が確定!山口氏に330万円の損害賠償命じる!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事